ランドセルを背負って学校に行く子供たちを救うには

神戸で起きた小学校1年生の女の子が体をバラバラに刻まれて廃棄された。残酷で奇異な事件だからマスコミがこぞって放送している。この女の子はもうランドセルを背負って学校に通う事も、ランドセルを背負って下校することもできない。犯人は47歳の男だとみられている。こういう人物から子供を守るにはどうしたらいいのだろう。

 

児童を犯罪被害から守る有効な手段はあるのか

こういう時に全国の学校で流行るのが「知らない人(男)に話しかけられたら、みんなどうするの?」と先生が聞くと、子供たちは一斉に「助けて〜」と叫ぶというような授業。一見すると正しいように見えるが、こんな教育で良いのだろうかと暗い気持ちになってしまった。それに先生と呼ばれる人の単純さに「大丈夫か?」と突っ込みを入れてしまった。

 

男性は心配はしても具体的に行動しなくなる

なぜ気持ちが落ち込んだのか。それには幾つか理由がある。一番大きな理由は「知らない人に話しかけられたら助けてと叫ぶ」という単純な反応を子供たちがするとしたら、男性は誰も子供たちに声を掛けなくなってしまうのではないだろうか。どうしたのか心配に思って声を掛けたら不審がられて大声を出されてしまう事は十分あること。すると子供の大声を聞きつけた人がやってきて、取り押さえられ警察に突き出される事が想像できないだろうか。

 

折角の善意が警察に連れて行かれるという最悪の事態になった時、仕事を失うかもしれないし、家族がかなり辛い思いをする事が起こるだろう。警察に行ってそんなつもりは無かったと言っても、子供が泣いていれば信じてもらえるとも思えない。

 

顔見知りでも危ない時もある

顔見知りだから安全かというと、そうは言えない。顔見知りが犯人だったという例は少なくない。だから結局、叫ぶ練習をしても殆ど無意味ということにならないか。無意味どころか本来は助けてくれるはずの大人が見て見ぬふりをしてしまう。

 

それに児童や幼児を巡る凶悪な事件が増えているような報道ぶりだが、決してそんなことはない。現在はむしろ戦後から昭和にかけての犯罪率よりも減っている。少年による凶悪事件もかなり減っている。昔よりはかなり事態は良くなっている。でも今回のような事件は起こる。盲点を突かれているわけだ。子供が叫ぶというような単純な行動が役立つような事件では無いと思える。本当の凶悪事件はもっと次元が違うのだと思う。

 

このあたりの事をもっと研究して、ステレオタイプな「助けてと叫ぶ」なんて陳腐な方法ではなく、しっかりと効果のある方法を訓練することが必要だ。我が子が6年間はランドセルを背負って無事に卒業してほしいとどの親も願っている。

 

 

 

ランドセルを背負って学校に行く子供たちを救うには関連ページ

子供が犯罪に合わないための5つの約束
大事なわが子が犯罪に合わないための5つの約束を紹介します。何となくの知識では無くて、実際に声に出して復唱したり、実演で練習すると効果的です。
子供の身に起こる性犯罪をどう注意させるか
子供の身に起こる性犯罪をどう注意させるかということは需要なことです。
わが子の安全を守るために入学する小学校で確認すること
わが子の安全を守るために入学する小学校で確認することについて
通学は一人にならないように注意する
通学や通塾時は狙われやすいので一人にならないように注意する
子供の連れ回しや監禁の発端は「声掛け」
子供の連れ回しや監禁の発端は「声掛け」です。どのような声掛けをして大事な子供たちに近づくか、そしてその対策をまとめてみました。
不審者扱いされるのを危惧して女児を交番に届けなかった人
不審者情報配信サービスの存在が夜道で泣いていた女児を交番まで届けずに通報だけしたという男性に対して賛否両論がある
複数の親と子供20人の海水浴で子供死亡2014年8月15日
海で3歳児死亡。複数の親と子供20人の海水浴で子供死亡2014年8月15日。大人数での海水浴が危険である事例です。
ランドセルを背負って小学校に通う前に水難事故で死んでしまうのは親の責任です
ランドセルを背負って小学校に通う前に水難事故で死んでしまうのは親の責任が大きいです。幼い子供は親の言うことよりも自分の興味に従って動くので、目を離さない対策が必要です。
7歳児の交通事故が飛びぬけて多いので要注意です
7歳児の交通事故が飛びぬけて多いことが調査からはっきりしています。それも殆どが昼間の明るい時で、平日です。親は要注意です。ランドセルを背負って通う小学校の間は7歳の子が交通事故があう可能性がとても高いのです。