7歳児の交通事故が飛びぬけて多いので要注意です

7歳児の交通事故は多い

 

「交通事故総合分析センター」の情報によると、歩行中の交通事故で死亡したり怪我をした全ての年齢のうち7歳が飛びぬけて多いことがわかりました。

 

7歳はに大人の2.5倍、老人の2倍も歩行中の交通事故巻き込まれやすいだそうです。

 

それはどうしてでしょうか。

 

平成27年には歩行中の事故で死傷した人は5万6.982名でした。死傷者全てから見ると、19歳以下の子供が18%であるのに対して65歳以上の高齢者は32%もいるそうです。

 

これから見ると子供達よりもやはり高齢者が事故に遭いやすいよねと思うでしょう。
しかしこれが年齢別に見るとガラッと変わってきます。

 

歩行中の死傷者を5歳単位で分けてみると、70〜74歳が4,149名。75〜79歳が4,290名。それに比べて「5〜9歳は4,583名と一番多い年代となっています。歩行中の交通事故による死傷者は高齢者も多いんですが、それよりも「5〜9歳」の子供達が最も多いんです。

 

次に各年齢別にみると、4,290名の内7歳の子供は,1462名と最も多いことがはっきりしました。20歳から60歳までは各年齢でそれぞれ600名ぐらいですから突出していることがわかります。

 

7歳児の子供は日中に交通事故に遭う子が73%

 

歩行中の交通事故は普通夜間と昼間それぞれ半数なんですが、7歳児は圧倒的に明るいうちの事故が多いのです。これに日没前後の薄暗い時を入れると93%にも上ります。

 

土日よりも平日の事故が2~2,5倍も多いのです。

 

7歳の子の交通事故が平日の明るい時に多い理由

 

8歳以降から交通事故は減っていくことを考えると、小学生になって一人で行動する機会が多くなったけどまだ危険回避の術を身に着けていない時に事故に遭っているのでしょう。登下校時や友達の家に遊びに行くとき、帰る時などが交通事故に遭いやすいのです。

 

一人で急激に行動範囲が増え、交通事情も危険であることを考えると、自分を守れなかったときにはその代償は余りに大きいものがあります。

 

7歳児の交通事故は多いので大人はしっかり指導する必要があります

 

大人は小学校に通うようになった7歳児に対して1年間は交通事故に遭わないように、色々と指導する必要があるのです。

 

歩行中に限らず全ての場面での交通事故については子供の交通事故で一番多いのは4輪自動車乗車時が最も死傷者が多くて54.1%を占めています。

 

 

就園児の交通事故死傷者数は平成27年中で68名。そのうち48名が4輪自動車乗車中でした。7歳児(小学校1年生)では69名でやはり最も多いのです。

 

4輪自動車乗車中が25名と減っているのに比べて歩行中が36名と突出して多くなっており、「飛び出し」で事故にあっているこが45%もいます。

 

これからも「魔の7歳」ということが良くわかります。死亡事故は平成27年で1名でした。また自転車乗車中の事故は小学校2,3年生が多く、ヘルメットを着用せず頭部に損傷を負っているのが目立ちます。

 

 

参考)※交通事故総合分析センター「交通事故分析レポート」
http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info116.pdf

7歳児の交通事故が飛びぬけて多いので要注意です関連ページ

子供が犯罪に合わないための5つの約束
大事なわが子が犯罪に合わないための5つの約束を紹介します。何となくの知識では無くて、実際に声に出して復唱したり、実演で練習すると効果的です。
子供の身に起こる性犯罪をどう注意させるか
子供の身に起こる性犯罪をどう注意させるかということは需要なことです。
わが子の安全を守るために入学する小学校で確認すること
わが子の安全を守るために入学する小学校で確認することについて
通学は一人にならないように注意する
通学や通塾時は狙われやすいので一人にならないように注意する
子供の連れ回しや監禁の発端は「声掛け」
子供の連れ回しや監禁の発端は「声掛け」です。どのような声掛けをして大事な子供たちに近づくか、そしてその対策をまとめてみました。
不審者扱いされるのを危惧して女児を交番に届けなかった人
不審者情報配信サービスの存在が夜道で泣いていた女児を交番まで届けずに通報だけしたという男性に対して賛否両論がある
ランドセルを背負って学校に行く子供たちを救うには
ランドセルには色々な種類があって選び方に迷いますね。このサイトは人気のあるランドセルから選び方のポイントについて情報発信しています。比較や口コミを参考に男の子、女の子に人気のある色や素材、それに重さも調べています。
複数の親と子供20人の海水浴で子供死亡2014年8月15日
海で3歳児死亡。複数の親と子供20人の海水浴で子供死亡2014年8月15日。大人数での海水浴が危険である事例です。
ランドセルを背負って小学校に通う前に水難事故で死んでしまうのは親の責任です
ランドセルを背負って小学校に通う前に水難事故で死んでしまうのは親の責任が大きいです。幼い子供は親の言うことよりも自分の興味に従って動くので、目を離さない対策が必要です。