中国から大量のランドセルの注文

 

最近、海外でランドセルの人気が非常に高くなっています。そういう話を良く聞くようになってきました。海外で放映されているドラえもんや名探偵コナンがランドセルを背負っている姿が影響を与えていると言われています。

 

日本の子供が年々人数が減る中、ランドセルの需要も減ってくるわけですが、ここにきて海外からの特に中国からの注文が増えています。セイバンにも大量の注文が入っているとのこと。知ってますか?

 

ランドセルの大部分は兵庫県南西部の播州地方で生産されているそうです。最近は老舗のランドセルメーカーだけでなくて、大手のメーカーが乗り込んできてたりするので、それぞれが凄まじい競争の中で良いランドセルを造るどりょくをしています。

 

日本の工芸とも言えるランドセルなので、一流のランドセルは日本の優れた技術が結集されていると言っても過言ではなく、物まねが得意な国が大量に購入してもおいそれと真似できるものではないんです。

 

日本のランドセルが外国人観光客の間でブームに

 

日本のアニメは質が高く外国では非常に人気があることは知っていますか。人気のあるアニメの主人公がランドセルを背負っていたら、誰しも興味を持ちますね。そしてネットで調べたり、日本に旅行に来るとランドセルに直にふれたくなるはずです。

 

そのようにして徐々に日本のランドセルが外国からの観光客の間で大人気になっています。人気のピークはまだまだ先のようで、2020年のオリンピックではもの凄い需要があるのではないでしょうか。

 

どういう観光地で需要が多いかというと、外国人観光客が多く訪れる姫路城近くにある松尾カバンには、中国の業者が観光ついでに型落ちのアウトレットランドセルを数十個買って帰ることもあるそうです。

 

セイバンは2014年5月表参道に直営店をオープン。また大丸梅田店は平成27年初売りで外国人観光客向けにランドセル福袋を売り出したそうです。売れ行きの方はどうだったんでしょうか。

 

外国人が日本のランドセルを好む理由

 

軽いのにとても丈夫にできているし、手抜きが無い。技術的にも機能的にも非常に高くとても真似できるものではない。「モノづくり大国日本」の面目躍如というところです。ランドセルのパーツは100以上あるので、作る工程は複雑です。

 

機械化は一部しかできず、手作り、手作業の部分が多い。海外での生産は人件費が安いからと言っても、作り出す技術だけでなく、特許がもの凄く多い事もその特徴で、勝手に真似はできないようになっています。

 

冷静に考えてみるとこのブームも永遠ではないので海外からの需要をあまりあてにするとがっかりする事態にならないとも限りませんね。

 

 

 

中国から大量のランドセルの注文関連ページ

ランドセル仕様の撥水デイパック
ランドセル大人仕様の撥水デイパックが今ブームです。大人のランドセルについて。ランドセルには色々な種類があって選び方に迷いますね。このサイトは大人のランドセルについて情報発信しています。
ランドセルは海外観光客に人気
現在海外でランドセルの人気が高く、海外からの旅行客のおみやげとして購入されています。国際空港にランドセルを売っているとか、東京にあるランドセルのショールームに多くの旅行者がランドセルを購入のために訪れています。時に中国から大量のランドセルの注文が入っていることもあるようです。
大人に人気のランドセル
最近は国内でも海外でもランドセルが大人の間で人気になっています。これまでランドセルは小学生の使うものという固定観念を離れましょう。そうすると、ランドセルの機能性や機能美と丈夫さが見えてきます。今後日本でもランドセルが新しい大人のアイテムとして海外から逆輸入されそうです。
海外で人気のランドセル
ランドセルは海外でも人気があります。子供ではなく多くの場合大人にお洒落で丈夫なバッグとしてファションのアイテムになっています。海外ではランドセルは小学生だけのものではなく日本の大人も見直したほうがいいよと言っています。
廃棄されるランドセルの行方
ランドセルは6年間使ったあとは廃棄されることが多いですね。廃棄される運命のランドセルの一部は海外で子供たちに有益に使われているので紹介します。
高校生がアフガニスタンにランドセルを贈る
高校生がアフガニスタンにランドセルを贈るという運度があります。高校生が主体的にランドセルの活用方法を考えて活動をしています。大人主導ではなく、高校生主体に考えたのなら頼もしいかもしれないね。
セブ島の孤児達にランドセルを贈る活動をしている主婦
2013年にセブ島で地震の後に大きな津波が起こりたくさんの方が亡くなりました。残された孤児達に日本からランドセルを送るという運動を紹介します。