A4フラットファイルとA4クリアファイルのサイズを比較する

A4フラットファイルの入るランドセルが必要かどうかは、入学する小学校にまずは問い合わせてみませんか。学校によって必要性や必要の度合いが違ってきます。日本ランドセル協会はA4クリアファイル対応を標準と考えています

 

こちらの記事も参考にしてください。⇒ >>A4フラットファイルランドセルが本当に必要ですか?<<

 

A4用紙とA4クリアファイルとA4フラットファイルのサイズの違い

A4クリアファイルとA4フラットファイルの比較

 

少し見づらくて申し訳ありません。紫色のファイルがA4クリアファイル。その右端の下に見えているピンク色のファイルがA4フラットファイルです。

 

2つを比べてみるとA4クリアファイルの横幅は220mm、A4フラットファイルは230oと少し違います。しかし縦は同じ310oです。
ランドセルの大マチ(メインポケット)のサイズの高さが310oであるのは、このクリアファイル、ブックファイルが入る高さに合わせてあるということですね。

 

2016年度からA4フラットファイル対応への移行が始まりました

 

2016年度からA4フラットファイル対応が主流となってきましたが、この(紫色の)A4クリアファイルが入るランドセルを日本ランドセル協会は標準としています。一方、A4フラットファイルは画像のように230oの幅があるので、A4クリアファイルに比べて10o大マチの幅が広いA4フラットファイルが入ります。

 

どちらを選ぶかは少し迷うところです。A4クリアファイルが入れば十分と判断していたのは2015年度当時ですが、2016年度から殆どのランドセルがA4フラットファイル対応に移行してきました。

 

全くA4クリアファイル対応ランドセルを製造しないメーカーも出てきたので、今後はA4フラットファイルを使うという前提でランドセルを選ぶことになります。

 

A4用紙のサイズを押さえておきましょう

 

参考までにA4用紙のサイズは画像のようです。A4クリアファイルはA4用紙と比べて、縫い代(貼り合わせてある部分)の幅だけ寸法が大きくなるわけです。

 

昔はB5版用紙が主流でしたから、ランドセルはもっと小型でした。今のA4クリアファイル対応のランドセルは、B5版の時とと比べても随分大型化しているわけですね。
因みにB5用紙のサイズは182×257oです。

 

それにゆとり教育と比べてA4版の教科書で1,000頁も増えるわけですから、子供たちは大変です。

 

萬勇鞄は2016年ランドセルから全てA4フラットファイル対応ランドセルに変わりました。

 

 

 

A4フラットファイルとA4クリアファイル比較関連ページ

A4フラットファイル対応ランドセル2017年度
A4フラットファイル対応ランドセルがかなり増えた2017年度です。ランドセルのサイズの主流が大きく変化しています。A4フラットファイルランドセルはどういうものかなど当サイトの考え方をお伝えします。
A4フラットファイルランドセルの容量を比較
A4フラットファイルランドセルの容量を比較しました。A4フラットファイル対応ランドセルはメーカーによって容量が違いますし、サブポケットや前ポケットも収納には重要な部位なので是非チェックをしましょう。メーカー別に容量の比較してみました。
A4クリアファイルランドセルにA4フラットファイルは入る?
A4クリアファイル対応ランドセルの中にA4フラットファイルが収納できる事を知ってますか?スッキリ収納はできませんが、A4クリアファイル対応を購入して後悔している人に読んで欲しいと思います。
A4フラットファイルにはSサイズがあります。
A4フラットファイルランドセルが主流になっています。A4クリアファイル対応を購入し後悔してる方へお伝えしたい情報です。A4フラットファイルにはSサイズがあります。A4クリアファイル対応ランドセルにスッキリ入ります。
A4フラットファイルのランドセルは本当に必要ですか
A4フラットファイル対応のランドセルが増えていますが、2015年度の時点での必要性を考察しました。時と共に事情は変わるものですから、A4フラットファイルのランドセルが必要かどうかも変化するでしょう。
A4フラットファイルとA4クリアファイルの対応は大きな問題ですか?
A4フラットファイル対応のランドセルととA4クリアファイル対応のランドセルどちらを選ぶかは大きな問題なのかについての考察です。