ランドセルのメーカー別に安全機能を比較しました

ランドセルを背負っての登下校途中での事故は是非とも避けなければなりません。各ランドセルメーカーはその点をどう対応しているのか調査してみたので、それぞれのランドセルの機能を比較してみてください。安全機能の新規追加が紹介され次第充実させていきます。

 

ララちゃんランドセル

 

ララちゃんランドセル

 

安全性 

 
安全フッカー安全フッカーと名付けているナスカンは30〜50sの力が加われば壊れて外れるようになっています。ランドセルのフッカーにかけた荷物が、何かに巻き込まれてしまった時やエレベーターの扉に挟まれたような時に壊れて外れ、大きなトラブルになるのを未然に防ぐ仕組みになっています。
 
ただ、他のメーカーが外れたらその場で取り付けられる仕組みになっているところ、壊れるようになっている理由は不明です。
 
フッカーが外れてしまったら、保証期間であればフリーダイヤルで連絡をすれば、無料で送ってくれるので簡単に取り付けができます。
 
また、肩ベルトにはダブルマルチフッカーというものがあり、防犯ブザーなどが下げられるフックが装備されて安全が配慮されています。

 

安全フッカーは外力で外れる    ララちゃんのダブルマルチフッカー

 

   安全フッカー              ダブルマルチフッカー

 

フィットちゃん

 

フィットちゃんの安全装置 

 

安ピカッタイプはランドセルの輪郭が自動車のライトに反射するので、遠くからドライバーが子供を視認できる他のメーカーにはない大きな特徴です。
参考記事)フィットちゃんの安ピカッランドセル

 

 

フッカー(安全フック)に荷物をかけるとバランスを崩しやすいので、重いものはかけないとう前提があります。 
それでも掛けることがあることを想定して、ランドセルの両側にフックがとりつけてあります。左右均等にひっかけて使うことでバランスを崩さない配慮です。 
万が一安全フックに20s以上の負荷がかかると外れるようになっています。

 

安全ナスカンに20sの外力がかかると外れます

 

360全方向から視認できる反射材を使用しています360度どこからでも確認できる反射材が使われています。

 

  カブセの鋲も反射材となっています 

 

防犯ブザーはとっさの時に使うので、すぐに手が届く位置に取り付けることと、左右の肩ベルトの両方にフックがあるので、左右の肩ベルトのフックのどちらが、利き手を使いやすうかを考えて取り付けます。

 

肩ベルトの手が届くところに安全ブザーが取り付けられます 防犯ブザーは手の届く位置につける

 

 

 

セイバン天使のはね

天使のはねは引きずられ事故や店頭を予防するために、ナスカンを斜め45度方向に12kgの荷重で安全ナスカンが外れます。セイバンの天使のはねはドライバーにランドセルを背負っている事を知らせる反射材でドライバーに知らせるようにしています。詳細はこちらで確認できます。

 

天使のはねのカブセの鋲はスワロフスキーでキラキラする  天使のはねのカブセの安全ナスカンは12sの外力で外れる

 

⇒ 話は変わりますが、金属アレルギーのある子供にも問題の無いようにしています。 
安全ナスカン外れ強力試験

 

鞄工房山本

 

 

フッカーは接合部にシリコンを使用したオリジナル・ナスカン。
2015年度から約15〜18kg程度の負荷がかかると外れる安全設計に切り替えています。
 
荷物は安全ナスカンにかけるのでなく、幅広の11.5センチのメインポケットに入るように考えてあります。2016年度からはA4フラットファイル対応となったので、更に容量が大きくなりました。

参考)ランドセル選びと防犯について

 

 

ランドセルメーカー別に安全機能を比較しました関連ページ

フィットちゃんの安ピカッランドセル
フィットちゃんの安ピカッランドセルは優れた安全性のあるランドセルです。塾や児童館帰りの暗い道で車から子供たちを守るフィットちゃんの安ピカッランドセルについてまとめました。