ハネッセルランドセル 2015年

20153dパッドと背長
1,350gの重さが問題にならないハネッセルランドセル!ハネッセルランドセルは、体にフィットするランドセルを長い間研究した結果、開発された優れたランドセルです。
ハネッセル以外のランドセルも背中にある程度フィットするランドセルが多くなっています。

 

 

しかし、ハネッセルはフィット感が抜群に良く、他のランドセルとは全く違います。他のどんなランドセルと比較しても、体にピタッとしいる上に、素材はクラリーノと比べてワンランク上のエアヌールです。

 

 

 

通学に時間のかかる男の子にはおすすめです

 

ハネッセルほど体にフィットするランドセルはありません。登山用のリュックを作ってきた会社ならではの負荷分散システムを採用しているからです。特に。他のランドセルよりも文庫本1冊分重いことはハネッセルを選ばない理由にはなりません

 

ハネッセルの特徴

 

脱ゆとり教育で、教科書の総ベージ数は、1,000ページ以上増えていると言われます。
このような教科書のページ数に合わせてランドセルも大型化していますが、30年前と比べて子供の身長はわずか0.2センチの伸びしかありません
 
ランドセルばかりが大型化して子供の負担は増々大きくなっています。
そのためハネッセルの荷重分散できるランドセルその機能を特に発揮できる時代に入っています。
 
他のランドセルと比較するとハネッセルの優れた点が良くわかります。下にまとめていますのでご覧になってください。他のランドセルと比較して優れている点が多いことがわかります。

 

 

 

ハセッセルランドセル 2015年の機能まとめ

 

  1. 背負ったままでワンタッチでベルトの長さ調節ができる
  2. 888ショルダー
  3. A4フラットファイル対応にふさわしい28センチの背面長です。
  4. 背面3D PADを採用
  5. 通気性の確保と人間工学に基づいて、体全体にランドセルの重さを分散させる機能はランドセルの中でも一番と言えます。
  6. 肩ベルトの付け根が2重構造になることで、肩ベルトは自然に立ち上がり体に密着するので、体が後ろに引っ張られないから軽い。
肩ベルトの長さは、背負ったままで調節できるので、体にピッタリとフィットさえやすいし体格の大きな子の着脱、降ろして調節が困難な場合も便利です。この機能はハネッセル独自のもので
  〇肩ベルトの付け根は写真のように湾曲しているので、肩から背中にフィットして後ろに引っ張られない。
  〇A4フラットファイル対応で大型化しているので背中を少し長くしてフィット感を高めています。他のランドセルを探してみても、ランドセルに登山のリュックの考え方を取り入れたものは他にはありません。
  〇3D構造は背中から腰にかけてぴったり。また背中も蒸れにくいし衝撃も吸収します。
 

〇A4フラットファイル対応でも大きさを感じさせないデザイン。
 
〇その他夜間の反射プリント。
 
〇エアヌールの素材はクラリーノよりもクラスがワンランク上の素材で、傷に非常に強い。

ハネッセルの特徴一覧2015年度関連ページ

ハネッセルランドセルのアウトレット
ハネッセルランドセルの2013年度のアウトレットランドセル情報です。2013年度時点ですでにA4フラットファイル対応です。1,290gの重さは比較的軽いともいえます。