このエントリーをはてなブックマークに追加 

人気のランドセルを丈夫さ,軽さ,収納力で徹底比較2019

ランドセルの比較

ランドセルを比較してみると、人気ブランドランドセルの間には、少しずつ特徴に違いがあります。

 

人気のランドセルはどれも基本性能は優れているので、購入する時には色彩やデザインや素材などの好みで選ばれています

 

親がランドセルブランド(メーカー)を決め、子供に好きな色やデザインを選ばせるといった流れになっています。

 

お母さんが選んだメーカーのランドセルが子供に合っているかどうかが重要になります。

 

良く問題にされる重さについては、余程の事情が無い限り身体にフィットしていればそれほど気にする必要はありません。

 

購入後に気づいたランドセル選びのポイント

 

多くのお母さんが、

  1. 丈夫さ
  2. 軽さ
  3. 収納力(容量)

を重要視すべきだったと後悔しています。
参考)後悔!母と子がランドセル選びで重視したポイント | 色、デザイン重視を反省

 

この3つのポイントは、他のランドセルとの比較で違いがはっきりします。個人的な意見ですが、工房系ではモギカバンやカバンのフジタは丈夫な造りとデザイン、豊富な色が揃っていて割安です。

 

優れた機能のセイバンが今年初めて11月5日まで10%オフで販売していますん。

 

ランドセルを比較する上で、重要な部位です。ランドセルを比較するときにイメージしてみて下さい。

a4フラットファイル対応 ランドセルの背カンの動きランドセルの肩ベルトの状態

 

  • 素材の強度
  • メインポケット、サブポケット、前ポケットの容量の合計が収納力
  • 背カンが左右に開くことで背中に密着する。
  • 肩ベルトの内側と背あての通気性とクッション性が重要

 

ランドセルのメインポケットの内寸が重要。横幅が230oより広ければ、A4フラットファイルが入ります。A4フラットファイルが入るには、最低でもランドセル内寸の横幅は230mm必要です。

 

背カンだけでなく、肩ベルトと背あても「背負って軽く感じる機能」に関係が深いパーツです。

 

 

ママ達が気づいた【丈夫さ/軽さ/容量(収納力)徹底比較】総合ランキング

お母さん達がランドセル購入後に重要視すべきだったと後悔したポイント43。

  1. 丈夫なランドセル
  2. 軽さ
  3. 背負って軽い機能
  4. 容量(収納力)

初めからこのポイントで選べば後悔しない。

 

 

10点満点でブランドランドセルの徹底比較しました。参考にしてください。

〜 10段階評価     
  最高評価

 

*いくつか同じ順位があるのは、甲乙つけがたく好みで決める要素が強いためです。

 

モギカバンが丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量比較でトップを表したレーダーチャート

モギカバンインペリアルスムース 

【種類】

17モデル

104種類 

 

【値段】

56,000円〜98,000円

 

モギカバン

 

【丈夫さ】

牛革・コードバンを手縫いで丁寧に仕上げ、型崩れ対策も十分

 

【軽さ】

ランドセルの軽さ

 

 

 

背負って軽い機能

 

天然皮革も人工皮革の重さは普通だが、背負って軽い機能に優れている

 

【容量(収納力)】

大マチが広いので収納力に優れ、前ポケットも非常に使いやすい。

 

セイバンのランドセルの丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量は優れている

 

 

 

 

 

セイバンのモデルロイヤル クリスタル

 

【種類】

31モデル

115種類

 

【値段】

51,561円〜82,620円

 

セイバン

 

【丈夫さ】

クラリーノの強度は天然素材には劣るが、型崩れ対策はメーカーの中でトップ

 

【軽さ】

ランドセルの軽さ

 

 

背負って軽い機能

 

ランドセルそのものも軽く、背負う機能に優れているので「軽さ」ではトップ

 

【収納力】

収納力は大マチが115〜120MMと普通の幅。

フィットちゃんの丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量と丈夫さ値段はとても優秀

 

 

 

 

べっぴんさん 

 

【種類】

43モデル

137種類

 

【値段】

39,900円〜97,200円

 

フィットちゃん

 

【丈夫さ】

クラリーノは天然皮革に劣るが、型崩れ対策は優れてる/b>。
【軽さ】

ランドセルの軽さ

 


背負って軽い機能

 

クラリーノでランドセルは軽い。背負って軽い機能もトップクラス

 

【収納力】

収納力は大マチ幅120MMと平均的。

カバンのフジタの丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀で2位のポジションにある

カバンのフジタのアップリカ

 

【種類】

17モデル 

59種類

 

【値段】

49,000円〜98,000円

 

カバンのフジタ

 

【丈夫さ】

クラリーノは天然皮革に劣るが、型崩れ対策は優れている
【軽さ】
クラリーノでランドセルそのものは軽い。

 


背負って軽い機能もトップクラス

 

【収納力】

収納力は大マチ幅120MMと平均的。

キッズアミの丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀で2位のポジションにある

キッズアミのスタイリッシュ クラリーノ フレックスランドセル

 

【種類】

22モデル 

132種類

 

【値段】

57,240円〜98,280円

 

キッズアミ

 

【丈夫さ】

キューブ型の型崩れ対策により、丈夫なランドセルになっている。
【軽さ】

クラリーノは軽く、天然皮革は重い。

 

背負って軽い機能はとても優れている。

 

【収納力】

 

 

大マチ幅は130MMあり、前ポケットも使いやすく容量がある。かなりの収納力。

イオンの丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀で3位のポジションにある

みらいポケット エレガントFLATCUBE 

【種類】

20モデル 

89種類以上

 

【値段】

32,400円〜151,200円

 

イオン

 

【丈夫さ】

自社生産はなし。クラリーノが多いが型くずれ対策はしっかりしている。

 

【軽さ】
かなり軽いランドセルから平均的な重さまで多様。

 

背負って軽い機能にも優れている。

 

【収納力】

 

 

 

みらいポケットなど大容量のランドセルはトップクラスの収納力。

ふわりぃの丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀で4位のポジションにある

 

fuwarhi-ネット限定 オリジナルランドセル 

【種類】

28モデル 

97種類

 

【値段】

37,908円〜62,640円

 

 

ふわりぃ

 

【丈夫さ】

クラリーノ素材のとても軽いランドセル。ただ丈夫さには不安がある。

 

【軽さ】
最も軽いランドセルがある。

 

背負って軽い機能もある。

 

【収納力】

 
大マチ幅は110MM。平均よりも収納力は少ない。

萬勇鞄の丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀で4位のポジションにある

 

ファラーシャ(牛革)

 

【種類】

16モデル

118種類

 

【値段】

58,320円〜88,560円

 

萬勇鞄

 

【丈夫さ】

素材の丈夫さ。手縫いの丈夫さ。型崩れ対策もされている。

 

【軽さ】

ランドセルはやや重い。

 

背負って軽い機能が充実。

 

【収納力】

大マチ幅は120MMなので平均的な収納力。

羽倉ランドセルの丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀で4位のポジションにある

耐性牛革ウイングチップフリルランドセル 

【種類】

5モデル  

32種類

 

【値段】

54,000円〜73,440円

 

羽倉の手づくりランドセル

 

【丈夫さ】

素材の表面にフィルムを貼ったり強度は抜群。型崩れ対策もなされている。

 

【軽さ】
ランドセルそのものは重い方。

 

背負って軽い機能は充実している。

 

【収納力】

大マチ幅は110MMなのでやや収納力は少ない。

 

 

その他の人気ランドセルの総合評価

 

鞄工房山本の丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀です

 

鞄工房山本

 

【種類】

22モデル

94種類

 

【値段】

59,000円〜179,000円

【丈夫さ】

【軽さ】

ランドセルの軽さ

 

背負って軽い機能

 

【収納力】

土屋鞄の丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀

 

土屋鞄

 

【種類】

 

11モデル

57種類

 

【値段】

 

59,000円〜120,000円

【丈夫さ】

【軽さ】

ランドセルの軽さ

 

 

背負って軽い機能

 

【収納力】

中村鞄の丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀

 

中村鞄

 

【種類】

7モデル

48種類

 

【値段】

48,000円〜88,000円

【丈夫さ】

【軽さ】

ランドセルの軽さ

 

背負って軽い機能

【収納力】

池田屋ランドセルの丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は色々な工夫があり優秀

 

池田屋

 

【種類】

11モデル

88種類

 

【値段】

42,120円〜91,800円

【丈夫さ】

【軽さ】

 

ランドセルの軽さ

 

背負って軽い機能

 

【収納力】

村瀬鞄行の特に丈夫さは素材の厚みこだわり・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀

 

村瀬鞄行

 

【種類】

34モデル

111種類

 

【値段】

38,000円〜118,800円

【丈夫さ】

【軽さ】

 

ランドセルの軽さ

 

背負って軽い機能

 

【収納力】

黒川鞄工房の丈夫さ・軽さ・背負って軽い機能・容量・値段は優秀。特に職人の秀逸な技術から生まれる工芸品のような趣がある

 

黒川鞄

 

【種類】

13モデル

76種類

【値段】

68,000円〜198,000円

【丈夫さ】

【軽さ】

 

ランドセルの軽さ

 

背負って軽い機能

 

【収納力】

 

では次からそれぞれのポイントを一つ一つ比較していきます。

 

【素材の「丈夫さ」参考】

 

ランドセルの素材と重さ〜耐久性

 

 

1.「丈夫さ」徹底比較

 

 

評価ポイント

  • 素材の丈夫さコードバン>牛革>人工皮革
  • 大マチ・底板:固定板・3方向ガードの有無
  • インポケットの入り口強化の有無
  • 縫製手縫い>ミシン
  • 背カンエンジニアリングプラスチック(ナイロン樹脂)>金属

セイバンをはじめ背カンのナイロン樹脂(エンジニアリングプラスチック)は金属よりも強度があります。

 

 

結果

 

1.丈夫さ 工房系>人工皮革: 1位:羽倉 2位:モギカバン 3位:村瀬鞄行  特に羽倉ランドセルは素材、構造ともに非常に強度があります。素材や縫製についてはコードバン、牛革に軍配があがります。
2.大マチ・底板に型崩れ防止で丈夫な構造にしているセイバンフィットちゃんは、構造上6年間使える十分な強度にしているので、全く問題ありません。

 

結果をグラフ化し更に評価表でその詳細を説明しています。

 

ランドセルの丈夫さを比較しました。

 

専門系ランドセルの「丈夫さ」比較

 

 

セイバンなど多くのブランドで使われている背カンのナイロン樹脂エンジニアリングプラスチック)は金属よりも強度があるんです。金属の方が丈夫そうに思えますが、実際は金属疲労で壊れる可能性があります。

 

 

 

素材の丈夫さ/型崩れ対策/背カンの素材 比較

 

 

セイバン

 

【素材の丈夫さ】

 

クラリーノ(99%)
牛革(1種のみ)
コードバン(1種のみ)

 

【型崩れ対策】

 

*50kgの圧力でも潰れない
タフカルプレート
2重巻き構造
スタイルキーパー

 

【背カンの素材】

 

ナイロン樹脂(エンジニアリングプラスチック)
左右連動型背カン

 

フィットちゃん

 

【素材の丈夫さ】

 

クラリーノ(99%)
牛革(1種のみ)
コードバン(1種のみ)

 

【型崩れ対策】

 

トリプルガード
 
【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
フィットちゃん背カン

イオン

 

lst_r05_50_50_08.png

【素材の丈夫さ】

 

クラリーノ(99%)
牛革
コードバン

 

【型崩れ対策】

 

メインポケットの入り口強化

 

【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
ウイング背カン+形状安定樹脂

 

キッズアミ

 

lst_r05_50_50_08.png

【素材の丈夫さ】

 

クラリーノ(90%)
牛革
コードバン

 

【型崩れ対策】

 

メインポケットの入り口強化

 

【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
ウイング背カン+形状安定樹脂

 

ふわりぃ

 

lst_r05_50_50_08.png

【素材の丈夫さ】

 

クラリーノ

 

【型崩れ対策】

 

3方向一体型の補強プレート

 

【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
ふわりぃ背カン

 

 

 

【工房系ランドセルの「丈夫さ」比較】

 

 

 

 

素材の丈夫さ/型崩れ対策/背カンの素材 比較

 

羽倉

 

lst_r04_50_50_10.png

 

【素材の丈夫さ】

 

牛革
コードバン
*表面の強度を強化
 
【型崩れ対策】

 

 

大マチ上部にT字型の固定板

 

【背カンの素材】

 

 

エンジニアリングプラスチック

 

ウイング背カン

ランドセルロゴ010-2.jpg

 

萬勇鞄

 

【素材の丈夫さ】

 

牛革
タフガード
コードバン

 

【型崩れ対策】

 

大マチ上部に四角い固定板

 

【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
ウイング背カン

 

 

カバンのフジタ

 

【素材の丈夫さ】

 

牛革
クラリーノ
コードバン

 

【型崩れ対策】

 

開口部にはピアノ線*キューブ型を補強
大マチ上部に四角い固定板

 

【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
フリフリ背カン(左右非連動)

 

モギカバン

 

【素材の丈夫さ】

 

牛革
コードバン
クラリーノタフロック
エアロタフガード
内装は一部アメ豚

 

【型崩れ対策】

 

大マチ上部に四角い固定板

 

【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
ウイング背カン

 

 

鞄工房山本

 

【素材の丈夫さ】

 

牛革
コードバン
アンジェール

 

【型崩れ対策】

 

大マチ上部に四角い固定板

 

【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
左右非連動型背カン

 

土屋鞄

 

【素材の丈夫さ】

 

牛革
コードバン
クラリーノ

 

【型崩れ対策】

 

大マチ上部にT字の軽い樹脂+スポンジ

 

【背カンの素材】

 

エンジニアリングプラスチック
左右非連動型背カン

 

中村鞄

 

【素材の丈夫さ】

 

牛革(軽い=薄い?)
ベルエース
コードバン(軽い=薄い?)

 

【型崩れ対策】

 

大マチ上部にT字型の固定板

 

【背カンの素材】

 

ステンレス
左右非連動型背カン
 

 

池田屋

 

素材の丈夫さ】

 

クラリーノ
ベルバイオ
防水牛革
防水コードバン

 

【型崩れ対策】

 

一体型のフレーム構造

 

【背カンの素材】

 

強度のあるナイロン樹脂
ぴかいち背カンするぴた

 

 

村瀬鞄行

 

【素材の丈夫さ】

 

牛革ストロング
コードバン
クラリーノ

 

【型崩れ対策】

 

大マチの固定板

 

【背カンの素材】

 

立ち上がり背カン

 

 

黒川鞄

 

【素材の丈夫さ】

 

コードバン
牛革
内装はアメ豚

 

【型崩れ対策】

 

大マチのT字型の固定板

 

【背カンの素材】

 

金属製背カン
左右非連動型背カン

 

 

素材では「コードバン」の丈夫さは群を抜いています。カブセ(フタ)を指で押すと、牛革との違いが良くわかります。

 

素材の強度について表にまとめているので参考にして下さい。

 

 

 

 

2.「軽さ」徹底比較

 

軽さは

  • ランドセルの重さ
  • 背負うと軽い機能

の2つで決まります。その2つをグラフ化しました。青色のグラフが総合的評価です。

 

軽さの総合評価はランドセルの軽さと背負って軽い機能との足し算です。 

 

 

専門系ランドセルの「軽さ」比較

 

 

 

「軽さ」の要因

 

 

セイバン

 

lst_r04_50_50_10.png

【ランドセルの重さ】

 

クラリーノ:1150g~1300g
牛革::1490g
コードバン:1520g

 

【背負って軽い機能】

 

list_m02_org18x18.png天使のはね
list_m02_org18x18.png左右同時に動く背カン
list_m02_org18x18.png3D肩ベルト
list_m02_org18x18.pngラクパッド
list_m02_org18x18.pngピタッコ
list_m02_org18x18.pngせみね

 

フィットちゃん

 

【ランドセルの重さ】

 

クラリーノ:1150g~1280g
牛革::1450g
コードバン:1500g

 

【背負って軽い機能】

 

list_m02_org18x18.png左右別々に動くフィットちゃん背カン
list_m02_org18x18.pngWクッション肩ベルト
list_m02_org18x18.png背あて

イオン

 

lst_r05_50_50_09.png

【ランドセルの重さ】

 

クラリーノ:1000g~1230g
牛革:1390g
コードバン:1480g

 

【背負って軽い機能】

 

list_m02_org18x18.png左右別々に動くウィング背カン エコボーン付き
list_m02_org18x18.png立体裁断肩ベルト
list_m02_org18x18.png背あて:3点パッド

 


 
 
 
キッズアミ

 

lst_r05_50_50_09.png

【ランドセルの重さ】

 

クラリーノ:1000g~1200g)
牛革:1310g~1370g
コードバン:1350(A4クリア)

 

【背負って軽い機能】

 

list_m02_org18x18.png左右別々に動くウィング背カン エコボーン付き
list_m02_org18x18.png背あて:柔軟性に優れたクッション材
list_m02_org18x18.png肩ベルト:柔軟性に優れたクッション材

 

 

ふわりぃ

 

【ランドセルの重さ】

 

クラリーノ:890g~1080g

 

【背負って軽い機能】

 

list_m02_org18x18.png左右別々に動くふわりぃ背カン
list_m02_org18x18.pngふわりんこショルダー
list_m02_org18x18.pngふわりぃクッション

 

【工房系ランドセルの「軽さ」比較】

 

 

ランドセルロゴ010-2.jpg

 

萬勇鞄

 

lst_r05_50_50_07.png

【ランドセルの重さ】

 

牛革:1400g
タフガード:1200g~1250g
コードバン:1500g

 

【背負って軽い機能】
 

list_m02_org18x18.png左右別々に動くウイング背カン
list_m02_org18x18.png肩ベルト:形態安定加工
list_m02_org18x18.png背あて:ソフト牛革(エアリー)背中をふんわり包むウレタン。
 

 

カバンのフジタ

 

lst_r05_50_50_08.png

【ランドセルの重さ】

 

牛革:1350g
クラリーノ:1150g
コードバン:1450g

 

【背負って軽い機能】
 

list_m02_org18x18.png左右別々に動くフリフリ背カン

list_m02_org18x18.pngスーパーX肩ベルト(裏は全てソフト牛革)

list_m02_org18x18.png背あて:(全てがソフト牛革)背中との隙間が無いフィットカット。

 

モギカバン

 

lst_r05_50_50_08.png

【ランドセルの重さ】

 

牛革:1330g~1400g
コードバン:1400g
クラリーノタフロック:1200g
エアロタフガード:1100g
内装は一部アメ豚

 

【背負って軽い機能】
 

list_m02_org18x18.png左右別々に動くウイング背カン

list_m02_org18x18.png肩ベルト(体を包み込むX字状)で一部を除いて裏がソフト牛革。

list_m02_org18x18.png背あて(クッション性が高くソフト牛革を使用)

 

 

羽倉

 

lst_r05_50_50_07.png

【ランドセルの重さ】

 

牛革:1420g~1490g
コードバン:1450g

 

【背負って軽い機能】
 
list_m02_org18x18.png左右別々に動くウイング背カン
list_m02_org18x18.pngS字形状の肩ベルトが体を包み込む。

list_m02_org18x18.png背あてと背中の隙間が無くフィット。
 

 

鞄工房山本

 

lst_r05_50_50_07.png

【ランドセルの重さ】

 

牛革:1400g
コードバン:1450g
アンジェール:1300g

 

【背負って軽い機能】
 

list_m02_org18x18.png左右別々に動くラクラク背カン(モミジヤ鞄材料)

list_m02_org18x18.pngつなぎ合わせのない牛革の肩ベルト(肩ベルト裏はソフト牛革から人工皮革へ以降中)

 

土屋鞄

 

lst_r05_50_50_07.png

【ランドセルの重さ】

 

牛革:1320g~1400g
コードバン:1370g
クラリーノ:1150g

 

【背負って軽い機能】
 

list_m02_org18x18.png左右別々に動く背カン

list_m02_org18x18.pngクッション性のある肩ベルト

list_m02_org18x18.png背あて(通気性の良いU字型。2種のウレタン。ふっくら背あて)

 

中村鞄

 

lst_r05_50_50_08.png

【ランドセルの重さ】
 
牛革:1250g
ベルエース:1100g
コードバン:1350g

 

【背負って軽い機能】
 

list_m02_org18x18.png左右別々に動く金属背カン

list_m02_org18x18.png肩ベルトの内部はシャトルクッションで肩に優しい。

list_m02_org18x18.png肩ベルトが体を包み込む形状

list_m02_org18x18.png背あて:U字型のシャトルクッション

 

 

池田屋

 

lst_r05_50_50_07.png

【ランドセルの重さ】

 

クラリーノ:1100g
ベルバイオ:1100g
防水牛革:1300g
防水コードバン:1400g

 

【背負って軽い機能】

 

list_m02_org18x18.pngぴかいち背カンするぴた

list_m02_org18x18.pngやわらかストロング肩ベルトの表側は牛革、裏側は汗に強い人工皮革

list_m02_org18x18.png背あては背中の丸みに合わせたやさしいカーブ設計と通気性。

 

村瀬鞄行

 

lst_r05_50_50_06.png

【ランドセルの重さ】

 

牛革ストロング:1580g
コードバン:1620g
クラリーノ:1230g

 

【背負って軽い機能】
 

list_m02_org18x18.png左右別々に動く立ち上がり背カン

list_m02_org18x18.png体を包み込む形の肩ベルト

list_m02_org18x18.png背あては低反発の衝撃吸収素材でとてもくっしょせいに富む

 

黒川鞄

 

lst_r05_50_50_06.png

【ランドセルの重さ】

 

コードバン:1480g~1680g
牛革:1380g~1480g
内装はアメ豚

 

【背負って軽い機能】
 

list_m02_org18x18.png左右別々に動く金属背カン

list_m02_org18x18.png肩ベルトは体を包む形状

list_m02_org18x18.png肩ベルトはクッション性があり裏はソフト牛革

list_m02_org18x18.png背あてはクッション性に富みソフト牛革

 

  • 背カンはナイロン樹脂やエンジニアリングプラスチックの方が金属よりも強度もクッション性も高い

 

  • 肩ベルトはX字形状で体を包み込むと肩からずれず体にフィットするので軽く感じます

肩ベルトの裏はクッション性があり、あたりの良い素材が良い。

 

3.容量(収納力)徹底比較

 

ランドセルの収納部はメインポケット、サブポケット、前ポケットの3つで構成されます。メインポケットの収納力は大マチの幅で決まり、サブポケットは小マチの幅、前ポケットもマチ幅とポケットの形で決まります。前ポケットは写真にあるラウンド型(逆U字型)が最も使いやすく、口が大きく開いて使いやすくて収納力があります。
ランドセルの収納力サイズは大マチ幅・小マチ幅と前ポケットのマチ幅で決まる  羽倉ランドセルの前ポケット

 

収納力とは容量のこと。

 

メインポケットの容量(大マチの幅と横幅と高さが作る空間)が最も重要。+サブポケット(小マチ幅が作る空間)+前ポケットの容量。これらの全てを総合したものがランドセルの容量です。

 

評価ポイントはメインポケット、サブポケット、前ポケットの3つ。

 

  • 大事な順に大マチ幅小マチ幅前ポケットのマチ
  • ただし、マチ幅が広すぎて奥行のありすぎるランドセルは重く感じます。
  • メインポケット(最も大きな収納部):大マチ幅で決まる。
  • サブポケット:小マチ幅で決まる
  • 前(段)ポケット:上部のファスナーの形は逆U字型(ラウンド型)が使いやすい。口が大きく開くかどうかも重要。マチの幅

 

容量比較調査結果(メインポケット+サブポケット+前ポケット。)

  • 1位 イオンのみらいポケット 
  • 2位 キッズアミのフレックスランドセル 
  • 3位モギカバンカバンのフジタ

容量(収納力)をランドセル比較してグラフ化しました。 

 

 

専門系ランドセルの「容量(収納力)」比較

 

 

メーカー別 「収納力」 比較

 

 

セイバン

 

lst_r04_50_50_10.png

 

セイバンの収納力 
list_m02_org18x18.pngメインポケット:横幅235×大マチ115(120)×高さ310mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ
list_m02_org18x18.png前ポケットはラウンド型で使いやすいがマチ幅はそれほどはない。

 

 

 

フィットちゃん

 

lst_r04_50_50_10.png

フィットちゃんの収納力0 
list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ120mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ
list_m02_org18x18.pngラウンド型で使いやすい。マチ幅はそれほどない。
list_m02_org18x18.png背あて:通気性が良い。クッションは厚くはないが当たりは良い。

 

イオン

 

lst_r05_50_50_09.png

 

イオンランドセルの収納力 

list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ125mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ幅80mm(かなりの大容量)
list_m02_org18x18.png前ポケット::ラウンド型ではなく直線型なので使い辛さがある。

 

イオンのみらいポケットは小マチが80MMまで拡がる
list_m02_org18x18.pngみらいポケットのみ、サブポケット:小マチが30mm → 80mmまで拡がります。

 


 
 
キッズアミ

 

lst_r05_50_50_09.png

 

キッズアミの収納力
list_m02_org18x18.pngトレンドクラリーノランドセルのメインポケット:大マチ135mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチの幅は狭い
list_m02_org18x18.png前ポケット:ラウンド型、マチ幅もあり使いやすい。

 

スタイリッシュクラリーノランドセルは大マチが120mmから150mmまで拡がる
list_m02_org18x18.pngスタイリッシュクラリーノフレックスランドセルは大マチが120→150mmまで拡がる大容量

 

 

ふわりぃ

 

ふわりぃの収納力 
list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ110mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチは狭い
list_m02_org18x18.png前ポケット:ラウンド型で使いやすいが、マチはそれほどない。

 

 

【工房系ランドセルの「容量(収納力)」比較】

 

 

メーカー別 「容量(収納力)」 比較

ランドセルロゴ010-2.jpg

 

萬勇鞄

 

lst_r04_50_50_10.png

萬勇鞄の収納力 
list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ120mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ35mm
list_m02_org18x18.png前ポケット:開口部の開き幅80mm

 

 

カバンのフジタ

 

lst_r05_50_50_09.png

カバンのフジタのの収納力
list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ130mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチはそれほど無い。
list_m02_org18x18.png前ポケット:ラウンド型は使いやすいがマチはそれほど無い。

 

 

モギカバン

 

lst_r05_50_50_09.png

モギカバンの収納力 

 

list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ130mm

list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチはそれほど無い。

list_m02_org18x18.png前ポケット:マチ幅のあるラウンド型は使いやすく収納力がある。

 

 

羽倉

 

lst_r05_50_50_07.png

 

羽倉ランドセルの収納力

 

list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ110mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ20mm
list_m02_org18x18.png前ポケット:マチ28mmラウンド型なので使いやすい。

 

 

鞄工房山本

 

lst_r04_50_50_10.png

鞄工房山本の収納力 

list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ115mm

list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチはそれほど広くない

list_m02_org18x18.png前ポケット:80mm開くラウンド型は非常に収納力がある。

 

 

土屋鞄

 

lst_r05_50_50_07.png

土屋鞄の収納力 
list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ115mm
list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチは狭い
list_m02_org18x18.png前ポケット:直線ファスナーで使いづらい面のあるポケット。

 

 

中村鞄

 

lst_r05_50_50_07.png

中村鞄の収納力 

 

list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ113mm

list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ30mm

list_m02_org18x18.png前ポケット:直線ファスナーでマチが狭いので使いづらい面もある。

 

 

池田屋

 

lst_r04_50_50_10.png

池田屋ランドセルの収納力 

 

list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ120mm

list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ45mm

list_m02_org18x18.png前ポケット:直線ファスナーでマチが狭いので使いづらいっ面もある。

 

 

村瀬鞄行

 

lst_r04_50_50_10.png

村瀬鞄行の収納力 

 

list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ125mm

list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ30mm

list_m02_org18x18.png前ポケット:ラウンド型なので使いやすいがマチは広くはない。

 

 

黒川鞄

 

lst_r04_50_50_10.png

黒川鞄の収納力 

 

list_m02_org18x18.pngメインポケット:大マチ120mm

list_m02_org18x18.pngサブポケット:小マチ不明

list_m02_org18x18.png前ポケット:ラウンド型は使いやすい。

 

参考記事)人気ランドセル容量比較
ランドセルを軽く感じるように調整する

 

ランドセルメーカー別に色数を比較

 

ここに表示するのは、各メーカーのモデル数(あい・愛ティアラなど)×色数=ランドセルの種類数になります。

 

当然ですが、同じ色が別のモデルに使われていたりしますが、メーカーや他のサイトも重複している色も重複してカウントしています。

 

他のサイトとの整合性をとるために、このサイトでもカラー数=ランドセルの種類数としています。

 

そのため、色の種類が少なくてもモデル数が多ければランドセルのカラー数が多いことになる前提で参考にして下さい。

 

ランドセルメーカー別のカラー数を比較してみた

 

総カラー数が多いのは、人工皮革中心のランドセルメーカーです。フィットちゃん、キッズアミ、セイバンなどです。萬勇鞄も人工皮革のタフガードのカラー数が多いために総カラー数が多くなっています。

 

逆に羽倉ランどセルの総カラー数(モデル数×色の数)が最も少ないんですが、それだからといって選ぶ対象から外す必要は全く無いと思います。

 

総カラー数が少ないのは、自然皮革だけで製作していることとモデル数が5種類という少なさが原因。自然皮革は人工皮革に比べて染めにくいのでカラー数が少ないのも当然といえます。

 

総カラー数が少なくてもその中に十分に気に入るランドセルもあるでしょう。

 

ランドセルの総カラー数や種類数の多さから選べば、気にいったランドセルが見つかるというわけでもない、ということですネ。

 

 

ランドセルの値段(価格帯)を比較

 

 

ランドセル購入は小学校入学のための大事なイベント。そのため、高額だから購入しないということは少ない。それにランドセルの購入資金は70%程が祖父母だそうですから、尚更です。

 

ランドセルの値段はメーカーによって違います。人工皮革は比較的安価で牛革などの自然皮革はそれよりも高額というふうに素材によっても違いがあります。

 

そして牛革で製作してもメーカーによって価格に違いがあります。

 

ランドセルメーカー別に最低の値段(価格)の安い順に並べ最高の値段(価格)もわかるようにしました。確認して下さい。

 

ランドセルメーカー別に最低価格と最高価格を比較してみた

 

工房系の自然皮革のランドセルは比較的高額ですし、専門系の人工皮革は比較的安価です。

 

丈夫なランドセルは厚い素材や高級素材を使うため、高額になり重くもなるという点もあります。

 

 

各メーカーの最安値と最高値でグラフを作ったので参考にしてください。メーカー名が読みづらいですが、表の順番で並んでいます。

 

ランドセルメーカー別に価格帯を比較してみた

 

 

後悔!母と子がランドセル選びで重視したポイント | 色、デザイン重視を反省

 

最近のランドセル選びの傾向はどうでしょうか。

 

少し前のことですが、子供を持つお母さん200人に聞きました。

お母さんと子供とランドセルを選ぶ状況

2015年の春に小学校に入学する子供を持つ母親100人
過去にランドセルを購入した経験のある母親100人

 

お母さんが子供の頃のランドセルと比べてランドセルの色は圧倒的に増え、A4フラットファイル対応ランドセルの大きさに驚くお母さんが多かったのは過去の事で、今では当たり前です。お母さんと子供のランドセル選びはその状況が大きく変わっています。

 

まず母親と子供がランドセル選びで重視した点はなんだったか調査結果を参考に見てみましょう。

 

ランドセル購入で重視した点(母親と子供のそれぞれ)

 

ランドセル購入で重視した点

 

 

 

母親

1位:丈夫さ(59%)

2位:>色(56%)

3位:価格(54%)

4位:6年間使える事(38%)

5位:軽さ(38%)

6位:収納力(27%)

 

子供

1位:色(88.2%)、

2位:飾り(37.2%)

 

上の表は2015年の母と子供の重視した点で、2016年でも子供のパーセンテージは殆ど変わっていないでしょう。

 

しかし母親の方は変化しています。母親の7割程度が、子供の色を重視する考えを尊重して、ランドセルを選んでいます。

 

ランドセル選びの主導権は親から子供へ移行しています。ただ、どこのメーカーのランドセルを購入するか、クラリーノか牛革かなどは親が決めています。

 

母親が答えた。もう一度ランドセルを購入するとしたら重視したいポイント

 

  1. 「丈夫さ」56%
  2. 「軽さ」48%
  3. 「価格」40%
  4. 「収納力」40%

 
の順番

 

一度ランドセルを購入したお母さんが、子供が使ってみて色々と考える事があったんでしょう。購入前に2位だった色は6位(36%)にランクダウンしました。

 

子供の色重視を後悔しているという結果はこれから購入するお母さんに参考になるでしょう。これは色を最重視する前に、もっと重視した方が良いポイントに気づいたということだろうと思います。

 

丈夫さと価格は購入前と変わらず重視しています。

 

特筆すべきポイントの一つは「軽さ」重視のお母さんが増え、もう一度ランドセルを購入するとしたら「軽さ」をより重視すると考えています。
学習指導要領の改訂で教科書が全体で1,000ページ増え重くなっているからかもしれません。更に2020年には改訂を控えています。

 

何年生のお母さんたちにアンケートをとったのかが不明なのですが、体格の大きな高学年の子供を持つお母さんならそれほど「軽さ」を重視しないのではと考えられます。

 

「軽さ」を重視した情報がもう少し欲しいところです。

 

このサイトでは一貫して「軽さ重視」に走って600g〜800gなどの軽いランドセルを選ぶと、耐久性や必要なパーツの省略などがあるのでやめましょうと伝えています。

 

最低でも1,000gは必要だと主張しています。背中や肩にぴったりしたランドセルは多少重くても、「体感重量が軽い」とも伝えています。

 

私の身近なママ達に聞くと2〜3年生になれば、重い軽いなんて関係ないといいますから、そのうち大した問題ではなくなるだろうなとは予測がつきます。

 

ランドセル選びで重視すると答えたポイントについて

 

丈夫さ(56%)

 

丈夫さは、素材、縫製、固定板を大マチ上部に入れるなどして強化対策をしているか、等によって決まります。

 

素材は主には皮革の質縫製は一目一目綺麗に揃っているか、直線が美しく縫ってあるかなどをチェックします。

 

めったにありませんが、時として糸がほつれていることもあります。また、金属にするところを似せたブラスティックにしてあったり、素人では見分けがつきにくいのです。

 

ランドセルを横から見える大マチ。その大マチの最上部*(参考ランドセルの3種類のA4サイズ)を押したり、握ったりしてみて下さい。

 

丈夫なランドセルは変形しませんが、この部分にしっかりとした芯材が入っているかどうかで、型崩れを起こすかどうかが決まります。

 

鞄工房山本では、ランドセル本体を傷つきにくくするために敢えて箱型(キューブ型)でなく学習院型にして大マチの上部にしっかりとした芯材が入っています。

 

参考)キューブ型と学習院型の内容量
   鞄工房山本ランドセルの特徴2017年度

 

次に背カンのプラスティック部分の薄いところが問題となりやすいです。

 

良くこの部分が折れてしまっているのでプラスティックは良くないなどと言う方がいます。

 

プラスティックといってもエンジニアリングプラスティックであって殆どのメーカーがプラスティックを使っています。

 

耐性は金属と変わりありません。

 

金属だと背負心地に問題があるので強度のあるプラスティックにしてあります。

 

 

このプラスティックが粗悪かどうかが問題です。

 

フィットちゃんのように何万回も耐用試験をして使っているプラスティックは金属と同じレベルにあります。

 

だから信頼のおけるメーカーから購入する事のが重要なんですね。

 

安いランドセルには理由があるというのは、こういった普通の人が気づかないような所に違いがあるからです。

 

 

動く背カンも壊れやすいということはありません。

 

むしろ動かない背カンは、成長して窮屈に背負ったりすると背カンと肩ベルトに無理な力が加わるので問題が生じやすいのです。

 

三角カンがあるから背カンへの負担を吸収

できれば、肩ベルトと背カンの間に三角の形をした「金属カン=三角カン」があれば、負担を吸収してくれるので壊れにくくなります。

 

 

 

背カンの三角カン

三角カンは前後に動くことで負荷を吸収するようになっています。

 

ただ安いランドセルはこの三角カンもプラスティックの事があるので注意してください。

 

 

軽さ

 

何度も書いているように、単に軽い事が重要なわけではなく、背負ったときに軽く感じる「体感重量」が重要です。

 

肩に重さの殆どががかかると「体感重量は重い」。

 

肩、腰、背中などに分散されると「体感重量は軽く」感じます。

 

⇒参考)鞄工房山本ランドセルの特徴2017年度

 

また中に入れる物を工夫して軽量化することで、通学時のランドセルの総重量を軽減できます。

 

 

購入するランドセルを選ぶのは誰?

 

子供と回答した人が48%、両親が41%。ランドセルは子供と両親双方を満足させることが求められています。

 

実際にランドセルを購入するのは祖父母が多い事が分かりました。

 

ある調査では祖父母が51%。父親・母親が41%です。

 

ランドセルを購入する時期はいつ

 

ランドセルはお盆の帰省時に購入する事が多いようです

 

人気の色やランドセルが売り切れないうちに注文する傾向が段々強くなり、現在では夏休み以降、お盆あたりが販売のピークになっています。
(*2017年度にはゴールデンウィークをランドセル商戦を始めるために、メーカーでは早期販売開始の傾向が強くなっています。)

 

おじいちゃん、おばあちゃんに買ってもらう事が多いので、クリスマス前に買うとしたら、お盆の帰省時に予約・購入となるようです。

 

ランドセルが一番売れる時期

 

 

近年では8月から10月が一番売れています。

 

昔はお正月前後、その後8月から10月、2017年度ではお盆が販売のピークです。(*2015年度、2016年度では7〜8月の頃がピークだったようで、少しずつ前に移行しているようです。)

 

流石に5月のゴールデンウィークでたくさん売れる事は無いようですが、販売側の前倒し傾向はどんどん強くなり、それに消費者が乗せられています。

 

しかしこれ以上早く買いたくない意識が購入側にあるので、これ以上は早期化しないように見ています。

 

ただ日本人は雰囲気に流されやすいので、本当の所は分かりません。

 

 

 

ランドセルを分類して比較する

 

ランドセルを大きく分類して比較するには、メーカーの特徴で分類するのが適当でしょう。

 

気に入ったランドセルを直接選ぶのでなくメーカーを選んでからランドセルを選ぶ方がが多いのではないでしょうか。

 

販売している業者はかなり多く全てを把握することは難しいのですが、話題に良くあがるランドセルメーカーを分類してみました。

 

人工皮革ランドセル大手専門ブランド

人工皮革を中心に大量(数万〜数十万個規模)に生産する大手専門ブランド(自社生産)代表的なブランドがフィットちゃん、天使のはね、ララちゃん等です。

 

特にフィットちゃんと天使のはねは、OEMで百貨店オリジナルモデルなども生産しているトップメーカーです。ランドセル専門メーカーとしての販売量は圧倒的です。

 

フィットちゃん

 

フィットちゃん公式サイト

 

2017年度は38種のカラーで137種類のランドセルと選択肢が非常に広い。A4フラットファイルを中心にA4クリアファイル対応ランドセルも存続させて選択範囲の幅を広げています。

 

フィットして軽い、可愛い女の子のキャラクターで有名になったランドセル専門メーカーで30万もの生産量があります。

 

子供の事を中心にランドセルを開発。子供標準で常に子供の体にフィットするランドセルを追及しています。

 

現在力を入れているのは、安ピカッタイプ。車から子供たちを守るというコンセプトがあります。

 

天使のはね

 

天使のはね公式サイト

 

モデルロイヤルを中心してランドセルを展開。フィットちゃんと同等の販売量を誇るトップメーカーです。

 

天使のはねというネーミングのように背負って軽い肩ベルトの独特な構造があり、体にフィットするランドセルを展開しています。

 

色使いやデザインは可愛らしいティアラやハートマークでも落ち着いた雰囲気をもっています。

ララちゃん

 

ララちゃん公式サイト

 

>ララちゃんランドセル

 

ララちゃんのランドセルは、それぞれに個性があり色使いとデザインが秀逸です。子供らしいけど幼すぎない可愛らしさは小学校を卒業するまで喜んで背負っていくランドセルです。

 

ランドセルの種類こそ少ないのですが、個性がはっきりとしているのでランドセルの決定までにあれこれ迷うことも少ないと考えられます。

 

また価格帯も4万円だから5万円少しの幅で、6万円もするランドセルが無い割安なランドセルです。

 

色とデザインさえ好きになれれば機能的には十分合格しているレベルですし、素材のベルバイオ5は本革のような光沢があります。。

工房系ランドセルメーカー

 

自然皮革を中心に数千〜2万単位で生産する工房系ブランド(自社生産)で根強い人気があります。

 

人工皮革(合成皮革)にはない洗練された職人の技術が生きているので、工芸品としての品質も高いものが多いです。

 

鞄工房山本

自然皮革でランドセルを作っている工房系メーカーの中でも特に人気が高いメーカーです。

 

毎年販売開始後2〜3か月後で販売終了するほどです。

萬勇鞄

1950年創業の老舗の工房系ランドセルメーカーです。2017年度はオーダーメイドを廃止した代わりに、ランドセルの種類を男女各2種類ずつ増やしました。

 

萬勇鞄2017年度の全ランドセルと変更点を参照してください。

 

土屋鞄

工芸品としても美しいランドセルで、見る人を魅了します。子供子供していない洗練された美しさがあります。

 

工房系ランドセル土屋鞄と口コを参照してください。

 

土屋鞄公式サイト http://www.tsuchiya-randoseru.jp/

 

池田屋のぴかちゃんランドセル

デザイン、耐久性、収納力、重さ、使いやすさ、安全性を追及して使う量産品では決してできない、子供の立場で製作しているランドセルです。

工房系ランドセル溏田屋と口コミを参考にしてください。

 

池田屋の公式サイト https://www.pikachan.com/

 

中村鞄

牛革、コードバンに加えてベルエースという人工皮革でも生産しています。サイズはA4フラットファイル対応。横幅232×奥行113×高さ310oです。

 

早期割引があります。例えばベルエース パステルクラシック 51,000円 ⇒ 46,000円 のように全てのランドセルに早期割引が対応します。

中村鞄の公式サイト https://www.nakamura-kaban.net/

 

流通大手のランドセル

流通大手が委託生産させたランドセルを自社ブランドで流通させているブランド(委託生産)見た目はともかく、品質的には大手専門ブランドを超えている所までは行っていません。

 

イオンのカルスポランドセル

 

イオンのカルスポランドセル公式サイト

 

例えばイオンやイトーヨーカドーなど流通大手がランドセル業界に進出してきてからそれほど時間経過していません。

 

新規参入組ですが、流通大手として流通販売網を生かして、TVCMなどで人気を獲得してあっという間に市場シェアのかなりを獲得したのです。

 

現在のランドセルの流行を作り出した面もあります。イオンが数年前に24色ランドセルを販売したのが、現在の豊富なランドセルカラーのバリエーションを流行らせるきっかけになりました。

 

さらにA4フラットファイル対応で990gの超軽量のランドセルも作らせているのも、軽いランドセルを欲しがるお母さん方には好評でしょう。またA4フラットファイル対応だけに限定したのも、イオンのカルスポランドセルでした。

 

新規参入組にもかかわらず、気づいてみればランドセル業界の牽引役となっている面もあるので、今後の動向に各ランドセルメーカーはアンテナを張っていることでしょう。

 

価格は4万円台から14万円台と幅が広いです。

 

 

イトーヨーカドー

 

イトーヨーカドー公式サイト http://www.itoyokado.co.jp/special/fashion/schoolbag/index.html

 

早期割引き10%などがあります。価格的には5万円未満から7万円台まであるので、天使のはねと同等の価格設定です。フィットちゃんランドセルも扱っていますが、ハシモトのフィットちゃんは「あい・愛ティアラ安ピカッタイプ」だけで他のフィットちゃんは違います。

 

それにハシモト(ラポンテ)のフィットちゃんで購入した方が6千円安いです。他のフィットちゃんは「フィットちゃん背カン」を使っていることだけがフィットちゃんという名称の理由なので、谷花音ちゃんのフィットちゃんだと誤解しないように、注意してください(品質が劣っているという意味ではありません)

ニトリ

 

ニトリランドセル公式サイト http://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%AB

 

ニトリは東南アジアで生産委託をして安い品物を販売している流通大手ですが、ランドセル業界にも進出しています。有名なのはわんぱく組という2万〜3万のランドセルです。

 

一万円代からあるのは驚きですが、ランドセル専門店レベルとは全く違うので、安さと性能の両方を求める事はできません。

2016年度ランドセル比較表〜まとめ〜

  1. 2016年度は全てがA4フラットファイル対応ランドセルになりました。
  2. A4フラットファイル対応のみのメーカーとA4クリアファイル対応も残しているメーカーとがあります。
  3. A4フラットファイル対応のみは鞄工房山本と萬勇鞄
  4. A4クリアファイル対応も残しているのはフィットちゃんとララちゃん
  5. ランドセルの種類が最も多いのはフィットちゃんの171種類
  6. A4フラットファイル対応で最も容量の大きいのは萬勇鞄

人気のランドセルを丈夫さ,軽さ,収納力で徹底比較2019関連ページ

ランドセルの肩ベルト比較〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルト比較。肩ベルトには余り意識されない重要なポイントがあります。肩ベルトの比較からランドセル選びのヒントを得て下さい。
背カンには3つのタイプがある | 固定型,左右連動型,非連動型の比較
背カンの3つのタイプを説明しています。背カンはランドセルの背負い心地を左右するものです。理解してランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いをを動画で比較しました
背カン~連動型と非連動型の動きを動画で比較しました。連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを理解し背カンのタイプと背負い安さを理解しましょう。
背カンのランドセルメーカー比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)を比較 | メイン・サブ・前段・ポケット
人気ランドセルの容量を比較。ランドセルの容量次第では子供たちは手提げ袋を持つ必要がありません。安全な通学のためにも容量の大きなランドセルから選ぶ事をおすすめします。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安いランドセル比較 | ランドセルの背負う機能のポイント
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
フィットちゃんと天使のはねのランドセルを比較
フィットちゃんと天使のはねはライバルメーカーです。2つのランドセルの背負いやすさを比較。背負いやすいランドセルは軽く感る特徴があります。フィットちゃんと天使のはね、どちらに軍配が上がったでしょう。
カブセの鋲を比較 | ランドセルメーカーによる鋲の違いを比較
ランドセルのカブセの鋲の比較です。カブセの鋲はアクセントだけでなく、デザインとしても重要です。車のライトを反射する機能も持っており、色々と工夫された特長のある鋲を比較しています。
天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見 | それぞれの賛成反対意見
天然皮革とクラリーノに関するママ達の意見です。専門家の意見も貴重ですが、ランドセルを購入する側のママ達が天然皮革とクラリーノをどう評価しているのか気になりませんか。。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズ比較
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の比較が重要です。
ランドセルの選び方・ポイントのまとめと比較
ランドセルの選び方・ポイントをまとめて比較しました。ランドセルを選ぶ時の条件にはいくつかのポイントがあることをを理解してくださいね。
ランドセルの修理の6年保証を比較 | メーカーで違いがあるんです
ランドセル修理の6年保証の内容についてメーカーの違いと特徴を比較しています。万が一ランドセルが故障した時にどのような流れで修理依頼するのか、保証内容がメーカーによってどう違うのか知っておきましょう。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。