ランドセル背負うわが子の安全と防犯対策記事一覧

子供が犯罪に合わないための5つの約束

小さな子供が犯罪に合わないためには、具体的な方法を子供に教える必要があります。小学校に入学すると学校で指導がありますが、親御さんも知っておくべきことです。ひらがなが読めれば入学前の子供でも読むことができます。「いかのおすし」ちょっと妙な発音かもしれませんが、子供が覚えられるように考えてあります。「い...

» 続きを読む

子供の身に起こる性犯罪をどう注意させるか

小学校では新入学への準備が始まっています。既に就学前検診で小学校に行かれた方もいるかと思います。最近の子供の連れ去り事件など見ていますと「性犯罪」の犠牲にならないように、親としてどのように子供に注意を与えれば良いのかなかなか難しい課題に頭を悩ませます。実際の子供が強制わいせつの被害者になる性犯罪の例...

» 続きを読む

わが子の安全を守るために入学する小学校で確認すること

巧妙な手口や思いもよらない場所や時間に小学生が連れ去られたりということが起きます。それが愛しいわが子に起きないように、小学校に入学する前から準備が必要です。その一つが入学する小学校がどれぐらい子供の安全を守る意識があるかどうかということです。小学校に確認しておきたい事小学校の敷地への入り口(校門)の...

» 続きを読む

通学は一人にならないように注意する

特に日照時間が短くなってくると通学や通塾時に連れ去られるという事件が起きやすくなります。子供はもっと遊びたいと思って、暗くなってもなかなか家に帰りたがらないので特に要注意です。下校時が危ない子供に声をかける危険性が高い時間帯があります。警察の調査によると「午後2時〜6時半」の間、つまり下校途中が狙わ...

» 続きを読む

子供の連れ回しや監禁の発端は「声掛け」

子供への声掛けが発端子供の連れ回しや監禁など、嫌な事件が良く起こっています。後を絶たないと言ってよいほど多い現実をしりましょう。ここでは、全てに共通する発端である「声掛け」についての情報です。卑劣な犯人がどのように子供に迫るかのか、その実態をまず知ることが大事です。子供への声かけの幾つかのパターン(...

» 続きを読む

不審者扱いされるのを危惧して女児を交番に届けなかった人

夜道で一人泣いていた女児に声をかける事ができず警察への連絡にとどめた理由現代の複雑な事情を反映している例です。夜道で泣いている女児がいたので、声を掛けようと思いました。しかし、ウッカリ声をかけると子供が騒ぎ始めて助けようとした自分自身が不審者扱いされるかも知れないと懸念。そのため警察に連絡したところ...

» 続きを読む

ランドセルを背負って学校に行く子供たちを救うには

神戸で起きた小学校1年生の女の子が体をバラバラに刻まれて廃棄された。残酷で奇異な事件だからマスコミがこぞって放送している。この女の子はもうランドセルを背負って学校に通う事も、ランドセルを背負って下校することもできない。犯人は47歳の男だとみられている。こういう人物から子供を守るにはどうしたらいいのだ...

» 続きを読む

複数の親と子供20人の海水浴で子供死亡2014年8月15日

8月15日の和歌山県の海水浴場での事故です。大阪市から同僚の親とその子供たち20人以上で、海水浴に来ていて、ゴムボートに子供を乗せて遊んでいたところ、3歳男児がボートから落ちたことに気づかず、男児が溺死したという事件です。小さな子供たちだから泳げないのは当然ですが、ゴムボートに載せておけば安心だと思...

» 続きを読む

ランドセルを背負って小学校に通う前に水難事故で死んでしまうのは親の責任です

暑い夏になると毎日のように海や川での子供の死亡のニュースが流れますね。昨日は子供を助けようとして両親がおぼれ死んで子供だけ助かったという悲惨な事故がおきてしまいました。海や川で水に入って遊ぶという経験は小学校入学前では殆どありませんし、あったとしても水のトラブルに対処する能力もありません。そのため大...

» 続きを読む

7歳児の交通事故が飛びぬけて多いので要注意です

「交通事故総合分析センター」の情報によると、歩行中の交通事故で死亡したり怪我をした全ての年齢のうち7歳が飛びぬけて多いことがわかりました。7歳はに大人の2.5倍、老人の2倍も歩行中の交通事故巻き込まれやすいだそうです。それはどうしてでしょうか。平成27年には歩行中の事故で死傷した人は5万6.982名...

» 続きを読む