女の子に人気のランドセル、フィットちゃんあい・愛ティアラ買いました

ランドセルを購入する時には、人気だけでなく6年間保つしっかりしたランドセルメーカーすること、これは娘に譲れない点でした。

 

娘の希望は何だろう? 「ランドセル何が良い?」と聞くと、「フィットちゃんのランドセル!」と即答。

 

従妹が昨年フィットちゃんの可愛らしいランドセルを購入した時、背負わせてもらったんです。

 

ィットちゃんの中でも人気抜群のランドセルである、あい・愛ティアラでした。それからすっかりあい・愛ティアラが気に入ったようです。

ランドセルを比較してみました

 

でも折角ランドセルを購入するなら他のランドセルも比較してからにしようとと考えました。催事場やスーパーやホームセンターなどで調査をつづけたんです。

 

でも、一緒に出掛けた娘はどのランドセルも気に入らず、お目当てのフィットちゃんのランドセルはどこにもありませんでした。

 

それなら娘の希望をかなえてあげようと考えたんです。しかし、フィットちゃんのランドセルはとても人気があるから、売り切れてないのかな、失敗したかなと少し不安でした。

 

出かけたのがフィットちゃんのショールームです

 

少し遠くなるのですが、ショールームに行くことにしました。あの人気のフィットちゃんのショールームに着くと娘のテンションがみるみる上がり、「可愛い〜可愛い!!」の連発でした。(笑)

 

お目当てだったあい・愛ティアラのランドセルはやはり人気だったようで、カラーにより売り切れた物もあったものの、娘が欲しかったカラーは少し残っていたのでホッと一安心でした。

 

>さて大事なお金の出所は私の父なんです。父が購入してくれると言うありがたい申し出に乗らせてもらいました。実は注文はショールームでは無かったんです。

 

父と娘と共にインターネットで注文しました。ネット購入はお店で買うより1万円以上安いのでとってもお得なんですよ!

 

届いたあい・愛ティアラのランドセルを背負ってみました

 

あい・愛ティアラ

 

そして念願のランドセルが届くと早速箱から出して背負う娘。
肩ベルトの所に穴がたくさん空いているので成長してもここで調節できるんだしコレなら6年間大丈夫そう!と一安心。

 

 

娘がランドセルを背負った感想は「軽ーい!」とぴょんぴょんジャンプしていました。娘にとってそのランドセルに人気があるかどうかは関心が無いようで、ただ自分が気に入った可愛らしいランドセルだったようです。

 

ランドセルと一緒に入っていた書類の中で私が感動したのはなんと「6年保証」があるという所!!これって今は普通らしいですね。私の頃には無かったんじゃないかしら。

 

6年保証の内容

 

たとえ引っ越ししたとしてもランドセルを着払いで送れば修理してくれるんです。

 

しかも修理中は代わりのランドセルを無料で貸し出してくれるので万が一何かあっても安心です。

 

>実はA4ポケットファイルも入るんです

 

 

あと1年生になり毎日使用していく中で私が感動したのはA4クリアファイルがすっぽり入るという所。

 

宿題を持っていくファイルやテストを綴っているA4ポケットファイルも入るんです。私の昔の記憶だとA4クリアファイルさえ入らない小さなものだったんです。

 

図書室でかりてきた少し大きめの本だって余裕で入ります。コレだと余計な手持ち荷物が増えなくて本当にいいです。

 

本当に軽い

 

あともう1点すごい所は、本当に軽い所。娘の学校は1日だけ全教科の教科書プラス図書室から貸りた本を持っていかないといけない日があり、ランドセルはパンパン。私が手で持つと重っ!!と感じるのに背負った娘は全然平気と言います。

 

背中にぴったりしているからが重さの感じが軽減されるように作られているんですね。人気のランドセルには人気のある理由がちゃんとあるんだと感心しました。

 

可愛くって保証もバッチリでその上性能も抜群。ただデザインを優先でしたので安全面(暗い所で車のライトに光る反射板が付いているなど)をもう少し重視しても良かったかな。

 

ですが娘もお気に入りで親の私からしても95点!マイナス5点は結構実物を探すのに苦労したところかな。それを差し引いてもフィットちゃんにしてよかったですね。

 

フィットちゃんの背カンは動くんですね

それと驚いたのは背カンという部分が左右に開いて動くんです。今では普通のことらしいですが、背カンが動くと肩ベルトが開くので、背負いやすいし、ランドセルを下ろしやすいようになっているんですね。

 

それも左右は別々に動くので高学年になって体が大きくなっても、背負ったり降ろしたりしやすいと効きました。

 

背カンが開くと写真のように、ランドセルラックでなくても、壁に張った網にぶら下げることも簡単です。