愛着のあるランドセルをリメイクしたい

6年間喜びも悲しみもともに背負ったランドセル。中学生になったからと言って簡単には捨てられないものです。ランドセルは、色々な傷や落書きがあるとはいえ、耐久性に優れているので、素材自体はまだまだ使えます。
6年間一緒に過ごしたランドセル。使い終わった後の活用法ってあるのでしょうか。ランドセルを海外の子供たちへ送ったり、身近な子供に上げたりと幾つかの処分方法があります。

 

ゴミとして捨ててしまうのはもったいないと思いませんか。ここではサイズを小さくリメイクして手元に保存しておきたい人への情報をお伝えします。

 

リメイクしてくれるところ

 

モギカバンのランドセル時計

 

ランドセルのカブセ

 

すごく素敵な壁時計に作り変えてもらえます。

モギカバンの壁時計

6年間の思い出のランドセルを、世界でひとつの時計にリメイク!

 

モギカバンは群馬県のランドセルメーカーです。

 

あの大峽製鞄とのコラボランドセルを製作する技術の高いランドセル工房です。

 

 

 

そのモギカバンは6年間の役目を終えたランドセルで「ランドセル時計」を製作してくれます。

 

ご覧になればわかりますが、カブセを利用した実に素敵な壁掛け時計です。

 

中学生になっても、壁から子供たちを見守ってくれてるなんて素敵ですね

 

モギカバンのランドセルでなくても製作してくれます。

 

部屋の壁時計として、ランドセルの新しい命を吹き込んでくれます。

 

 

筆記体のイニシャルってカッコ良いですね。イニシャル入れは無料です。

 

価格は9,300円+送料(持ち込みだと8,800円です)。

 

 

 

詳細はこちらから。⇒ モギカバンのランドセル時計

 

 

 

 

カナーズ・ジャパン

 

 

ランドセル全体

 

・とてもお洒落でアイデアに満ちた製品が沢山あって、見るだけでも楽しくなります。

*2年待ちという混み具合です。

 

ショルダーバッグ:18,000円(税込19,440円)

 

アルバム:16,000円(税込17,280円)

 

ミニランドセルキーホルダー:3,800円(税込4,104円)

 

 

 

 
 

ランドセルリメイク工房

カブセを使う

 

人工皮革でも自然皮革でもリメイクできる。
カブセにひび割れがあるとできない。酷く汚れていたり、シール・落書きなどが多いとできない。
 

20,000円(送料無料)
・革小物(長財布、ハーフウォレット、スマホケース、名刺入れ、ペンケースなど)
画像左リメイク前のランドセルで、右は1つのカブセからリメイクした作品(これ全てで20,000円)
 
  

 

長谷川皮革工房

 

2016年11月12日をもってランドセルリメイクの予約受付は一時中止。
予約受付再開の見込みは未定です

Zavata Lab.

ランドセルの傷の少ない部分を使ってリメイクする。

 

人工皮革でも自然皮革でもリメイクできる。
3つの選択ができます。
1.ステッチカラーを選ぶ
2.金具の色や形を選ぶ
3.箔押しによる名前入れ

・料金は見積もりによる
 
・キーケース、キーホルダー、パスケースにリメイクする
 
1つのランドセルからキーホルダーなら10個、キーケースなら2個、パスケースなら2個できます。
 

 

ランドセルの活用法

 

ランドセルには、色々と活用法があります。

 

オークションで販売
ランドセルのリメイク
発展途上国へ寄付

 

オークションの販売相場としては、¥3,000〜¥4,000円程度。ブランド品などは数万円で落札されることもあるそうですが、現在は普通のネット通販のように、お店が出品している商品が多く、個人の出品は少ないようです。

 

出品するには、商品説明、写真、発送等の手間もかかります。そこで人気になっているのが、ランドセルのリメイクなんです。

 

 

ランドセルのリメイクについて

 

ランドセルのリメイクとは、使い終わったランドセルを、財布、キーケース等の革小物に作り変える事です。使い終わったあとも形を変え、中、高、大学生、社会人になっても使い続ける事が出来ます。

 

主にフタの部分をリメイクすると、次のようなものに変身します。

 

長財布 ・小銭入れ ・ハーフウォレット ・ショートウォレット
通帳ケース
スマートフォンケース
小物トレイ
ブックカバー
キーホルダー
パスケース
名刺入れ
キーケース
ペンケース
手帳 ・手帳フォルダ
写真たて
シザーケース
ベルトループ

 

使用する革の面積に応じ、複数のアイテムにリメイクできます。また、フタ以外のパーツを使用したり、革素材を加えると、また違った物に生まれ変わります。

 

ミニランドセル型キーホルダー ・イニシャルキーホルダー
ランドセル型アルバム、
トートバッグ ・ショルダーバッグ

 

価格設定

 

@ランドセル1つにつき20,000円などの価格を決め、そこから作れるだけのものを作る
Aアイテムにより1,000円〜20,000円程度の価格が決められている
Bデザインや加工方法よって価格に違いがある
C革素材を加えてバッグなどを作る場合は、加えた革素材の費用が別途かかる

 

リメイク時の注意点

 

以下の状態の時にはランドセルをリメイクできない場合があるので、革の状態を確認しオーダーしましょう。フタ部分のキズや汚れがない部分を折り曲げ、1分間ほどそのままにし状態を見ます。

 

リメイク出来ない、リメイク出来る製品があるそうなので、一度相談して下さい。

 

裂けるようにヒビが入る
奥まで裂けてしまう
徐々にヒビが広がる
汚れが酷い
シールが沢山貼ってある
落書きがひどい

 

 

 

 

 

愛着のあるランドセルをリメイクしたい関連ページ

ミニランドセルを製作してくれるショップ
ミニランドセルを製作してくれるショップ。ランドセルの故障と手入れとリメイクについての基調情報です