このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィットちゃんと天使のはねでランドセルの背負いやすさを比較しました。

フィットちゃん 天使のはね

フィットちゃんと天使のはねのセイバンは専門系(量産系)の2大ランドセルメーカー。どちらも、企画、製造、販売の3つを手がけています。

 

工房系は革製品の一つの商品としてのランドルですが、フィットちゃんと天使のはねのセイバンは、実験を数多く繰り返し「子供目線のランドセル」を製造。いずれも背負やすさだけでなく全ての面で高く評価されてます。

 

そのフィットちゃんと天使のはねのセイバンを比較してみます。どちらが我が子に向いているか、フィットしそうか参考になるかと思います。

 

フィットちゃんと天使のはねのセイバンの比較ポイント

フィットちゃんは子供標準、天使のはねのセイバンは「子供思い品質」で実験を繰り返して背負いやすいランドセルを開発しつづけている。

 

 

背負いやすさの比較

背負やすさは次の3つで決まります。

背負やすさを決める3点

  1. 背カン
  2. 肩ベルト
  3. 背当て

 

フィットちゃんとセイバンの背カンを比較

 

  • フィットちゃんとは「フィットちゃん背カン」のこと。
  • 天使のはねとは、肩ベルトに内蔵された「肩ベルトの立ち上がり」を形作る「樹脂」のこと。

 

背カンの比較まとめ

  • フィットちゃん背カンは左右別々に開く。
  • 天使のはねの背カンは両方が同時に開く。片側だけを開くことはできない。
  • 背カンが開くことで、フィットちゃんも天使のはねセイバンも背当ての上部が背中に近づきフィットする。
  • 両方の背カンはともに立ち上がり肩ベルトを形作ります。
  • 背負いやすさに大きな違いは無い。体格が大きければフィットちゃんやや有利かも。

 

フィットちゃん

天使のはね

フィットちゃんとは
⇒ 左右別々に動くフィットちゃん背カンのこと

 


強度のあるナイロン樹脂をを使用。金属の背カンよりも柔軟性があり強度があるとも言えるでしょう。

 

動画のフィットちゃんと同じ左右が別々に動く(左右非連動型)の背カンの動きがわかると思います。(音に注意

 

 

背カンが肩ベルトの立ち上がり角度25度を作ります。左右に開くことで、ランドセルを背中に密着させます。

 

 

 

フィットちゃんが背負いやすい理由をなるほど納得。

 

ランドセルを背負う時は、普通は肩ベルトに片腕ずつ通します。肩ベルト(背カン)が左右別々に開くと背負いやすい。ランドセルを降ろす時も同じように楽。
 

天使のはねのセイバンの背カン
⇒左右が同時に開く背カンです。

 

 

天使のはねのセイバンの背カンは左右同時に開く 

 

フィットちゃんと同様、強度のあるナイロン樹脂を使用。

 

左右同時に開く背カンとなって動く背カンのため、片側だけを開くことはできません。

 

 

 

 

体格が大きな子が背負う時に若干窮屈な感じがする場合もあります。

 

 

肩ベルトに片腕から背負う時には、片側だけには大きく開かず、両方同時に開くので、体格が大きな子は若干背負にくさを感じるかもしれません。

 

 

背負ってしまえば、フィットちゃんと比べてはっきりと違うと体感するほどではないでしょう。

体格の大きな子の場合肩ベルトに腕を入れてから背負うまでは、フィットちゃんがやや上。背負ってからはどちらも背負い心地が良い。が、セイバンのセミネの膨らみが窮屈と感じる子もたまにいるとか。

 

 


表の一番上に可愛いロゴがあります。このロゴの付いているランドセルは「フィットちゃん背カン」を使っているランドセルです。フィットちゃんのハシモトはOEM製造も多くしているので、自社ブランド以外にもたくさんのフィットちゃんがあります。

 

 

 

●背カンは左右が別々に開くので、成長して背が伸びたり横幅が広くなっても、ずっと背負いやすく脱ぎやすいランドセルです。背負っているときも肩や背中にフィットします。

セイバンも背カンの可動部はエンジニアリングプラスティック(ナイロン樹脂)です。一見弱そうですが全く違います。金属よりも強度と柔軟性があるので壊れにくい。
 

 


天使のはねのロゴはセイバンの商標。このロゴのあるランドセルは、天使のはねのセイバンが製作したランドセルです。OEM製作(委託製造)もしているので、百貨店モデルや量販店モデルなどたくさんあります。

 

 

 

 

背カンが左右に開くことで、ランドセルの背当てが背中に近づきフィットします。

 

フィットちゃんと天使のはねのセイバンの肩ベルトの比較

肩ベルトの比較まとめ

  • 両方とも立ち上がり肩ベルト
  • 立ち上がらせることで肩への負担が減り、後ろに引っ張られない。
  • 肩の負担軽減は数字の上ではフィットちゃんが上。
  • フィットちゃんは背カンのみで肩ベルトを立ち上がらせる。
  • 天使のはねは背カンと天使のはねで肩ベルトの立ち上がりと弯曲を形作る。
  • 天使のはねのセイバンは肩ベルトに多くの工夫がある。

 

フィットちゃん

天使のはね

立ち上がり肩ベルトを形造るのは背カン

 

  • 「フィットちゃん背カン」で立ち上がり肩ベルトを作る

 

 

天使のはねと比較すると、肩ベルトは初めは背カンで立ち上がっているが、すぐに下にたれているという感じです。

 

だから肩にフィットしないというのでなく、むしろ肩の自然のラインに沿いやすいかも知れません。それぞれの子供の体格や年齢によってかなり違ってきます。

 


1.背カンの構造で肩ベルトが25度の角度で立ち上がる

 

カーブした肩ベルトなので、ランドセルが後ろにずれて引っ張られません。

 

背カンが25度の角度で立ち上がるので、肩ベルトも自然に25度の角度で立ち上がる。背カンを無理やり手前に倒すことはできない。

 

フィットちゃん背カンが立ち上がり肩ベルトを形作る

 

 

 

 

 

 

 

 

立ち上がり肩ベルトを形造るのは次の2つ

 

  • 天使のはねの背カン
  • 天使のはねの「樹脂」

 

フィットちゃんと比べるとわかりますが、まず背カンで肩ベルトが立ち上がり、「天使のはね」という樹脂で肩ベルトは綺麗な弯曲を描きます。

 

どちらの肩ベルトが肩にフィットして体感重量が軽いかかどうかは、これだけでは判断はできないのですが2000年から3年間かけて考えだしたメカニズムです。

 


1.天使のはねのセイバン背カン
セイバンの左右連動型背カン
赤い樹脂部分が立ち上がり角度で、肩ベルトは自然に立ち上がる。

 

2.天使のはね=柔かな樹脂
 

肩ベルトの自然な弯曲で肩への圧力が50%軽減します。

 

 

肩ベルトが25度の角度で立ち上がってることで肩への負担が50%軽減する 

 

2.Wクッション

 

肩ベルト裏には衝撃を吸収するWクッション。

 

フィットちゃんの肩ベルトの裏側はWクッションで衝撃を吸収する 

 

 

3.体に線に沿って上半身を包み込む

 

肩ベルトは体のラインに沿って包み込む

 

肩ベルトが一定の角度で立ちあがってリフトアップされるので局所の重さが分散されるので軽く感じます。

 

柔かな樹脂で形作るカーブは肩に馴染みやすい。
 
肩への負担が20%軽減

 

 

 

3.3D肩ベルト

 

 

形が弯曲して肩への接触面積が広くなり、肩への負担が少ない

 

 

 

4.ひねピタやピタッコ
金具が体に当たらないように「ひねピタ」で肩ベルトがひねってあるピタッコで金具が脇腹に当たらない
 
肩ベルトを通している金具をひねってあったり(ひねピタ)、肩ベルトをひねる「ピタッコ」も肩ベルトを肩にフィットさせる。
5.ラクパッド
ラテックスパットを内蔵してるため肩ベルトがずれにくい。

 

肩ベルトがずれにくいラクパッド

 

 

背当てを比較する

 

背当ての比較まとめ

  • セイバンの背当ては厚みがありクッション性が高い。
  • フィットちゃんは厚くはないが、ちょうどよいクッション性。
  • 背中のムレ対策はどちらの背当ても素材jと通気性の良い構造。

 

フィットちゃん 天使のはねのセイバン

背当て

1.形

 

 

セイバンに比べるとクッションは薄いが、子どもたちが快適に背負えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.背当ての汗ムレ対策

 

ウェビータッチで汗ムレ対策。空気の流れがある形状なので、蒸れない、汗をかきにくい。
フィットちゃんの背当てはウェビータッチで汗ムレ対策

 

 

3.背当ての素材

 

エアーフレッシュ素材は、撥水性や油をはじく機能にすぐれ背中が蒸れにくい。

 

 

背当て

1.形

 

天使のはねセイバンの背あてのせみね

 

 

画像のセミネがセイバンの背あて。厚みがあり、柔らかです。腰のあたりに腰をホールドするWクッション構造になっているランドセルもあります。

 

背みねのないランドセルにも厚めクッションが背当てに使われてます。

 

セイバンのWクッションの背当て 

 

 

 

セミネは体にかなりフィットしますが、敏感なお子さんでは窮屈と感じることもあるようです。

 

セミネではなく、標準の背あてはフィットちゃん程度の厚みなので、体格の良い子供には標準の背あてが良いかと思います。

 

 

2.背当ての汗ムレ対策

 

背当ては通気の良い立体的な構造になっているので快適。
 

 

セイバンのランドセルは通気性の良い背当て構造
 

 

 

3.背あての表素材

 

背あてと肩ベルト裏、下ベルト裏には、「ブレスレザー」使用。吸湿と放湿を繰り返す素材だから、背中のムレが大幅に改善。

 

>>ブレスレザーのムレ解消実験動画

 

 

 

 

>>フィットちゃんランドセルをチェック

 

>>天使のはねセイバンをチェック

 

フィットちゃん背カンと天使のはねセイバンの背カンを使っているランドセル

 

フィットちゃん

天使のはね

 

1.フィトちゃん背カンを使っているランドセル

 

イオン
ミキハウス
村瀬鞄行
榮伸
三越伊勢丹
高島屋
イトーヨーカドー
サンリオ
その他多数

 

2.天使のはねの背カンも多くのランドセルで使われています。

 

セイバンのランドセル以外にセイバンがOEMとして製作しているランドセルには以下のものがあります。、

 

リビンズ、大丸、高島屋、松阪屋、小田急、伊勢丹、岩田屋、ミキハウス、イズミ、ナフコ、プーマジャパン、阪急、イズミヤ、ユニー、平和堂、丸井、大隈カバン、松尾かばんなど。

 

 

 

 

参考記事)
肩ベルト比較〜案外知らない重要な事
連動型と非連動型の背かんの動きを動画で比較

フィットちゃん 天使のはね

ランドセル単体の重さが良く話題になりますが、通学時にランドセルに何も入れずに背負う事はありません。ランドセルには小学校1年生でも2~3kgの教科書、ノート、副教材その他を入れて背負います。
結論から言うと、「教科書入れて背負ってみて軽く感じるランドセルを選ぼう」です。背負って軽く感じるランドセルですね。

 

もう少し説明すると、ランドセルそのものの重さが同じものが2つあるとします。背中にぴったりフィットして、肩ベルトが体を包み込むランドセルの方が軽く感じる事は想像できるでしょう。

 

この背負って感じる重さを「体感重量」といいます。

 

くどいようですがもう少し説明しますね。教科書を入れて全体で3kgの重さのランドセルが2つあったとします。

 

カラで背負った時は違いを感じなかった体感重量も、教科書を入れると2つのランドセルの体感重量は大きく違うことがあります。
体感重量の軽いランドセルを選ぶべきですよね。背負って軽く感じる機能が充実しているランドセルです。

 

ランドセルの重さが200gぐらい重くても、背中にピッタリとしていれば、むしろ軽く感じるので気にする必要はない。

 

重要なのは空のランドセルの重さじゃないということです。

 

ランドセルメーカーはそれぞれ背負って軽く感じる機能に工夫をしています。

 

ランドセルの背負いやすさを決める最も重要なパーツは「背カン、肩ベルト、背当て」、です。
代表的なランドセルで比較してみます。

フィットちゃんと天使のはね比較のまとめ

肩ベルトはどちらも立ち上がっていますが、。天使のはねとフィットちゃんの違いは背カンが左右別々に動くフィットちゃんと左右が同時に動く天使のはねとの違い。

 

実際に使う場面では、左右が同時に開く開かないことで、実感できるほどの違いは無いと考えて差し支えありません。

 

肩ベルトを比較すると、フィットちゃんの肩ベルトには芯材が入っていないが、天使のはねにはプラスティック芯材が入っており、子供によっては違和感があります。

 

ランドセルの種類の豊富さには圧倒的な違いがあります。だからといって天使のはねが劣っているわけではなく、気に入ったランドセルがあれば種類の豊富さは関係ありません。

 

天使のはね

  1. モデルロイヤル
  2. モデルロイヤル・レシオ
  3. 天使のはね クラシック
  4. ラブピ
  5. ワンパ
  6. コンバース
  7. プーマ
  8. ホマレ

フィットちゃん

  1. パステルガール
  2. べっぴんさん
  3. あい・愛ティアラ
  4. ロイヤルローズ
  5. ロイヤルローズプルミエール
  6. プレミアムゴールド
  7. プティガール
  8. キュートガール
  9. 高島屋×フィットちゃんランドセル
  10. ロマンティックガール
  11. ロイヤルロータス
  12. イートンクラブ
  13. ポップガール
  14. グッドボーイ
  15. タフボーイ
  16. タフボーイDX
  17. アスリートボーイ
  18. ハンサムボーイ
  19. ハンサムボーイDX
  20. グランナイト
  21. グランナイト ブラック
  22. イートンクラブ
  23. フィットちゃん201A
  24. フットボーイ
  25. ナイト騎士
  26. フィットちゃん201
  27. 牛革ランドセル
  28. コードバンランドセル
  29. オーダーメイド

 

比較するとフィットちゃんの圧倒的な種類の多さが分かると思います。更にそれぞれカラーが豊富で、A4フラットファイル対応ランドセルで137種類のランドセルがあります。2019年度現在、A4クリアファイル対応は男女それぞれ3種類ずつ残されています。

 

天使のはねはA4フラットファイル対応のみ、フィットちゃんには少しA4クリアファイル対応が残っています。

 

 

フィットちゃんと天使のはねのランドセルを比較関連ページ

人気のランドセルを丈夫さ,軽さ,容量で徹底比較2020
人気のあるランドセルから選ぼうと思っても、さて何が違うのか良くわからないものです。他のブランドとの比較のポイントが分からなければ比較しよいうがありませんね。そこについて分かりやすくまとめてあります。
ランドセルの修理の6年保証を比較 | メーカーで違いがあるんです
ランドセル修理の6年保証の内容についてメーカーの違いと特徴を比較しています。万が一ランドセルが故障した時にどのような流れで修理依頼するのか、保証内容がメーカーによってどう違うのか知っておきましょう。
ランドセルの肩ベルトの長さと痛み〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルトの長さが短くないでしょうか?痛みはないでしょうか?購入前に確認が必要です。各メーカーの人気ランドセルの肩ベルトの長さを比較してみました。肩ベルトの痛みは何が原因なのか、その対策はどうすれば良いのか。この記事をチェックして後悔しないランドセル選びをしましょう。
背カンの3つのタイプと背負う機能の違い | 固定型,左右連動型,非連動型の比較
背カンの3つのタイプ固定型,左右連動型,非連動型は背負う機能に違いがあります。背カンの違いでランドセルを背負いやすくしたり、体感重量を軽くしたり、背負い心地ものにだけ左右する重要なものなので、ランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いを動画で比較しました
背カン~連動型と非連動型の動きを動画で比較しました。連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを理解し背カンのタイプと背負い安さを理解しましょう。
背カンのランドセルメーカー比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)を比較ランキング
ランドセルの容量はメインやサブのポケットの横幅ではなくマチ幅が決定することを説明しています。それに基づいて人気ランドセルの容量比較ランキングを紹介。今後学習指導要領の改訂で更にランドセルの容量が必要になります。手提げ袋にたくさんの荷物を入れて辛い登校をしなくてすむには大容量のランドセルを上手に利用しましょう。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安いランドセル比較 | ランドセルの背負う機能のポイント
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
カブセの鋲を比較 | ランドセルメーカーによる鋲の違いを比較
ランドセルのカブセの鋲の比較です。カブセの鋲はアクセントだけでなく、デザインとしても重要です。車のライトを反射する機能も持っており、色々と工夫された特長のある鋲を比較しています。
天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見 | それぞれの賛成反対意見
天然皮革とクラリーノに関するママ達の意見です。専門家の意見も貴重ですが、ランドセルを購入する側のママ達が天然皮革とクラリーノをどう評価しているのか気になりませんか。。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズ比較
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の比較が重要です。
ランドセルの選び方・ポイントのまとめと比較
ランドセルの選び方・ポイントをまとめて比較しました。ランドセルを選ぶ時の条件にはいくつかのポイントがあることをを理解してくださいね。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。