このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィットちゃん 天使のはね

フィットちゃんのハシモトと天使のはねのセイバンは量産系の2大ランドセルメーカー。どちらも、企画、製造、販売の3つを手がけています。

 

工房系は革製品の一つの商品としてのランドルですが、フィットちゃんと天使のはねのセイバンは、実験を数多く繰り返し「子供目線のランドセル」を製造。いずれも背負やすさだけでなく全ての面で高く評価されてます。

 

そのフィットちゃんと天使のはねのセイバンを比較してみます。どちらが我が子に向いているか、フィットしそうか参考になるかと思います。

フィットちゃんは子供標準、天使のはねのセイバンは「子供思い品質」で実験を繰り返して背負いやすいランドセルを開発しつづけている。

 

 

背負いやすさの違い

背負やすさは次の3つで決まります。

背負やすさを決める3点

  1. 背カン
  2. 肩ベルト
  3. 背当て

 

フィットちゃんとセイバンの背カンの違い

 

  • フィットちゃんとは「フィットちゃん背カン」のこと。
  • 天使のはねとは、肩ベルトに内蔵された「肩ベルトの立ち上がり」を形作る「樹脂」のこと。

 

背カンの違いまとめ

  • フィットちゃん背カンは左右別々に開く。
  • 天使のはねの背カンは両方が同時に開く。片側だけを開くことはできない。
  • 背カンが開くことで、フィットちゃんも天使のはねセイバンも背当ての上部が背中に近づきフィットする。
  • 両方の背カンはともに立ち上がり肩ベルトを形作ります。
  • 背負いやすさに大きな違いは無い。体格が大きければフィットちゃんやや有利かも。

 

フィットちゃん

天使のはね

フィットちゃんとは
⇒ 左右別々に動くフィットちゃん背カンのこと

 


強度のあるナイロン樹脂をを使用。金属の背カンよりも柔軟性があり強度があるとも言えるでしょう。

 

動画のフィットちゃんと同じ左右が別々に動く(左右非連動型)の背カンの動きがわかると思います。(音に注意

 

 

背カンが肩ベルトの立ち上がり角度25度を作ります。左右に開くことで、ランドセルを背中に密着させます。

 

 

 

フィットちゃんが背負いやすい理由をなるほど納得。

 

ランドセルを背負う時は、普通は肩ベルトに片腕ずつ通します。肩ベルト(背カン)が左右別々に開くと背負いやすい。ランドセルを降ろす時も同じように楽。
 

天使のはねのセイバンの背カン
⇒左右が同時に開く背カンです。

 

 

天使のはねのセイバンの背カンは左右同時に開く 

 

フィットちゃんと同様、強度のあるナイロン樹脂を使用。

 

左右同時に開く背カンとなって動く背カンのため、片側だけを開くことはできません。

 

 

 

 

体格が大きな子が背負う時に若干窮屈な感じがする場合もあります。

 

 

肩ベルトに片腕から背負う時には、片側だけには大きく開かず、両方同時に開くので、体格が大きな子は若干背負にくさを感じるかもしれません。

 

 

背負ってしまえば、フィットちゃんと比べてはっきりと違うと体感するほどではないでしょう。

体格の大きな子の場合肩ベルトに腕を入れてから背負うまでは、フィットちゃんがやや上。背負ってからはどちらも背負い心地が良い。が、セイバンのセミネの膨らみが窮屈と感じる子もたまにいるとか。

 

 


表の一番上に可愛いロゴがあります。このロゴの付いているランドセルは「フィットちゃん背カン」を使っているランドセルです。フィットちゃんのハシモトはOEM製造も多くしているので、自社ブランド以外にもたくさんのフィットちゃんがあります。

 

 

 

●背カンは左右が別々に開くので、成長して背が伸びたり横幅が広くなっても、ずっと背負いやすく脱ぎやすいランドセルです。背負っているときも肩や背中にフィットします。

セイバンも背カンの可動部はエンジニアリングプラスティック(ナイロン樹脂)です。一見弱そうですが全く違います。金属よりも強度と柔軟性があるので壊れにくい。
 

 


天使のはねのロゴはセイバンの商標。このロゴのあるランドセルは、天使のはねのセイバンが製作したランドセルです。OEM製作(委託製造)もしているので、百貨店モデルや量販店モデルなどたくさんあります。

 

 

 

 

背カンが左右に開くことで、ランドセルの背当てが背中に近づきフィットします。

 

フィットちゃんと天使のはねのセイバンの肩ベルトの違い

肩ベルトの違いまとめ

  • 両方とも立ち上がり肩ベルト
  • 立ち上がらせることで肩への負担が減り、後ろに引っ張られない。
  • 肩の負担軽減は数字の上ではフィットちゃんが上。
  • フィットちゃんは背カンのみで肩ベルトを立ち上がらせる。
  • 天使のはねは背カンと天使のはねで肩ベルトの立ち上がりと弯曲を形作る。
  • 天使のはねのセイバンは肩ベルトに多くの工夫がある。

 

フィットちゃん

天使のはね

立ち上がり肩ベルトを形造るのは背カン

 

  • 「フィットちゃん背カン」で立ち上がり肩ベルトを作る

 

 

天使のはねとの違い、肩ベルトは初めは背カンで立ち上がっているが、すぐに下にたれているという感じです。

 

だから肩にフィットしないというのでなく、むしろ肩の自然のラインに沿いやすいかも知れません。それぞれの子供の体格や年齢によってかなり違ってきます。

 


1.背カンの構造で肩ベルトが25度の角度で立ち上がる

 

カーブした肩ベルトなので、ランドセルが後ろにずれて引っ張られません。

 

背カンが25度の角度で立ち上がるので、肩ベルトも自然に25度の角度で立ち上がる。背カンを無理やり手前に倒すことはできない。

 

フィットちゃん背カンが立ち上がり肩ベルトを形作る

 

 

 

 

 

 

 

 

立ち上がり肩ベルトを形造るのは次の2つ

 

  • 天使のはねの背カン
  • 天使のはねの「樹脂」

 

フィットちゃんと比べるとわかりますが、まず背カンで肩ベルトが立ち上がり、「天使のはね」という樹脂で肩ベルトは綺麗な弯曲を描きます。

 

どちらの肩ベルトが肩にフィットして体感重量が軽いかかどうかは、これだけでは判断はできないのですが2000年から3年間かけて考えだしたメカニズムです。

 


1.天使のはねのセイバン背カン
セイバンの左右連動型背カン
赤い樹脂部分が立ち上がり角度で、肩ベルトは自然に立ち上がる。

 

2.天使のはね=柔かな樹脂
 

肩ベルトの自然な弯曲で肩への圧力が50%軽減します。

 

 

肩ベルトが25度の角度で立ち上がってることで肩への負担が50%軽減する 

 

2.Wクッション

 

肩ベルト裏には衝撃を吸収するWクッション。

 

フィットちゃんの肩ベルトの裏側はWクッションで衝撃を吸収する 

 

 

3.体に線に沿って上半身を包み込む

 

肩ベルトは体のラインに沿って包み込む

 

肩ベルトが一定の角度で立ちあがってリフトアップされるので局所の重さが分散されるので軽く感じます。

 

柔かな樹脂で形作るカーブは肩に馴染みやすい。
 
肩への負担が20%軽減

 

 

 

3.3D肩ベルト

 

 

形が弯曲して肩への接触面積が広くなり、肩への負担が少ない

 

 

 

4.ひねピタやピタッコ
金具が体に当たらないように「ひねピタ」で肩ベルトがひねってあるピタッコで金具が脇腹に当たらない
 
肩ベルトを通している金具をひねってあったり(ひねピタ)、肩ベルトをひねる「ピタッコ」も肩ベルトを肩にフィットさせる。
5.ラクパッド
ラテックスパットを内蔵してるため肩ベルトがずれにくい。

 

肩ベルトがずれにくいラクパッド

 

 

背当ての違い

 

背当ての違いまとめ

  • セイバンの背当ては厚みがありクッション性が高い。
  • フィットちゃんは厚くはないが、ちょうどよいクッション性。
  • 背中のムレ対策はどちらの背当ても素材jと通気性の良い構造。

 

フィットちゃん 天使のはねのセイバン

背当て

1.形

 

 

セイバンに比べるとクッションは薄いが、子どもたちが快適に背負えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.背当ての汗ムレ対策

 

ウェビータッチで汗ムレ対策。空気の流れがある形状なので、蒸れない、汗をかきにくい。
フィットちゃんの背当てはウェビータッチで汗ムレ対策

 

 

3.背当ての素材

 

エアーフレッシュ素材は、撥水性や油をはじく機能にすぐれ背中が蒸れにくい。

 

 

背当て

1.形

 

天使のはねセイバンの背あてのせみね

 

 

画像のセミネがセイバンの背あて。厚みがあり、柔らかです。腰のあたりに腰をホールドするWクッション構造になっているランドセルもあります。

 

背みねのないランドセルにも厚めクッションが背当てに使われてます。

 

セイバンのWクッションの背当て 

 

 

 

セミネは体にかなりフィットしますが、敏感なお子さんでは窮屈と感じることもあるようです。

 

セミネではなく、標準の背あてはフィットちゃん程度の厚みなので、体格の良い子供には標準の背あてが良いかと思います。

 

 

2.背当ての汗ムレ対策

 

背当ては通気の良い立体的な構造になっているので快適。
 

 

セイバンのランドセルは通気性の良い背当て構造
 

 

 

3.背あての表素材

 

背あてと肩ベルト裏、下ベルト裏には、「ブレスレザー」使用。吸湿と放湿を繰り返す素材だから、背中のムレが大幅に改善。

 

>>ブレスレザーのムレ解消実験動画

 

 

 

 

>>フィットちゃんランドセルをチェック

 

>>天使のはねセイバンをチェック

 

フィットちゃん背カンと天使のはねセイバンの背カンを使っているランドセル

 

フィットちゃん

天使のはね

 

1.フィトちゃん背カンを使っているランドセル

 

イオン
ミキハウス
村瀬鞄行
榮伸
三越伊勢丹
高島屋
イトーヨーカドー
サンリオ
その他多数

 

2.天使のはねの背カンも多くのランドセルで使われています。

 

セイバンのランドセル以外にセイバンがOEMとして製作しているランドセルには以下のものがあります。、

 

リビンズ、大丸、高島屋、松阪屋、小田急、伊勢丹、岩田屋、ミキハウス、イズミ、ナフコ、プーマジャパン、阪急、イズミヤ、ユニー、平和堂、丸井、大隈カバン、松尾かばんなど。

 

 

 

 

フィットちゃんと天使のはね比較まとめ

肩ベルトはどちらも立ち上がっていますが、。天使のはねとフィットちゃんの違いは背カンが左右別々に動くフィットちゃんと左右が同時に動く天使のはねとの違い。

 

実際に使う場面では、左右が同時に開く開かないことで、実感できるほどの違いは無いと考えて差し支えありません。

 

肩ベルトを比較すると、フィットちゃんの肩ベルトには芯材が入っていないが、天使のはねにはプラスティック芯材が入っており、子供によっては違和感があります。

 

ランドセルの種類の豊富さには圧倒的な違いがあります。だからといって天使のはねが劣っているわけではなく、気に入ったランドセルがあれば種類の豊富さは関係ありません。

 

天使のはね

  1. モデルロイヤル
  2. モデルロイヤル・レシオ
  3. 天使のはね クラシック
  4. ラブピ
  5. ワンパ
  6. コンバース
  7. プーマ
  8. ホマレ

フィットちゃん

  1. パステルガール
  2. べっぴんさん
  3. あい・愛ティアラ
  4. ロイヤルローズ
  5. ロイヤルローズプルミエール
  6. プレミアムゴールド
  7. プティガール
  8. キュートガール
  9. 高島屋×フィットちゃんランドセル
  10. ロマンティックガール
  11. ロイヤルロータス
  12. イートンクラブ
  13. ポップガール
  14. グッドボーイ
  15. タフボーイ
  16. タフボーイDX
  17. アスリートボーイ
  18. ハンサムボーイ
  19. ハンサムボーイDX
  20. グランナイト
  21. グランナイト ブラック
  22. イートンクラブ
  23. フィットちゃん201A
  24. フットボーイ
  25. ナイト騎士
  26. フィットちゃん201
  27. 牛革ランドセル
  28. コードバンランドセル
  29. オーダーメイド

 

比較するとフィットちゃんの圧倒的な種類の多さが分かると思います。更にそれぞれカラーが豊富で、A4フラットファイル対応ランドセルで137種類のランドセルがあります。2019年度現在、A4クリアファイル対応は男女それぞれ3種類ずつ残されています。

 

天使のはねはA4フラットファイル対応のみ、フィットちゃんには少しA4クリアファイル対応が残っています。

 

フィットちゃんとセイバンのランドセルの違いを徹底調査関連ページ

【セイバン ランドセル/口コミ】人気の天使のはねの評判
セイバンランドセルの口コミ紹介。人気の天使のはねの評判や口コミをチェックすると、軽くて背負いやすくて丈夫なこと、デザインもカラーも豊富でおすすめできるランドセルです。早期割引は10%オフ価格なのでお得です。セイバンランドセルは失敗の無いランドセル。その中から特に人気のランドセルを紹介。
プーマのランドセル | スポーツブランドが大好きな男の子のランドセル
スポーツ系のランドセルが人気です。その代表がプーマブランドのランドセル。 天使のはねのセイバンには2種類のプーマランドセルがあるので紹介します。
【モデルロイヤル/口コミ】ベーシックランドセルの評判と特徴
天使のはねのモデルロイヤルの口コミと評判。モデルロイヤル・レジオとの違いも理解することで良い選択ができます。
ワンパは活発な男の子のかっこ良い丈夫なランドセル
ワンパは素材や作りにこだわりのあるクラリーノR タフロックR ペレアスR素材の丈夫なランドセルです。ヒーローのイメージのワンパイーグルとわんぱくな男の子が手荒に扱っても平気なワンパレーサーの2種類があります。それぞれ3色。活発な男の子に人気のセイバンのワンパ ランドセルを紹介します。
HOMARE(ホマレ)はワンランク上の高級天然皮革のランドセル
HOMAREは天然皮革の素材で製作されたセイバンのランドセルです。牛革素材の「HOMARE プレミアムレザー」とコードバン素材のHOMARE アンティークコードバンの2種類のHOMAREがあります。飽きの来ない色と本革の持つ風合いが美しいランドセルです。
天使のはねクラシックはシンプルで機能充実したランドセル
天使のはねクラシックは、シンプルなデザインと充実した機能が特徴のセイバンのランドセルです。そのため刺繍などは入っていない代わりに、背中のWクッション、ラクパッドフレックスといった快適に背負う機能は充実しています。女の子も男の子も6年間安心して使えるランドセルです。
コンバースはアメリカンなおしゃれキッズのランドセル
コンバースは、コンバースのスニーカーをイメージしたランドセルです。星型の盛り加工などのロゴを取り入れたかっこ良いランドセルを紹介します。
ラブピはラブリーでコロンと丸い可愛らしさいっぱいのランドセル
ラブピは女の子のとにかく可愛らしさ一杯のランドセルです。ラブピ ミルキー、ラブピ ガーリー、ラブピ マジョリカの3種類があります。ラブピ特有の丸くてころんとしたフォルムのランドセルは、ひねピタやラクパッドフレックスなど背負いやすい安心の機能を備えています。ラブピについての紹介です。
セイバンオンライン・直営店限定モデルでしか購入できないランドセル
セイバンは人工皮革ランドセルのトップメーカー。セイバンの天使のはねのオンライン・直営店で購入できる6種類のランドセルを紹介します。