萬勇鞄の2016年度の大幅な変更点

8月中旬に販売終了しました。2016年度の萬勇鞄は2015年度と比較して、かなり大きく変更されました。一番大きな変更は、これまでA4クリアファイル対応ランドセルのみだったところ、全面的にA4フラットファイル対応ランドセルに変更されたことです。
 
それに伴ってランドセルの重さも変わりました。素材の種類は同じですが、ランドセルによってはこれまで使わなかった素材を使うランドセルもあります。

 

>>手縫いのこだわりランドセル【萬勇鞄】

 

A4フラットファイル対応ランドセル

 

 

 

 

大マチ(メインポケット)

メインポケットはかなり大容量となりました。横幅は226oから235oへと拡がり、奥行きも110oから120oと増えています。高さは312oから320oへと少し増加しました。

 

横幅235o(キューブ型は240oになります)奥行き120o高さ320o

 
 
 
大マチの高さ320oの理由

A4フラットファイルの縦は307oです。多くのランドセルが310oの高さですが、萬勇鞄は320oもあります。これには理由があって、画像のように大マチの真ん中あたりが320oとなります。
 
ところがA4フラットファイルを入れる場所は真ん中では無くて、背中側が殆どです。すると少し低いのでA4フラットファイルの上の方にカブセが当たることがあります。これを防ぐために320oの高さとなっているわけです。

 

 

重さ

 

150g重くなった

コードバンは1,500g  牛革1,400g タフガード 1,200g(キューブ型は1,250g)
当然ながらA4フラットファイル対応となり大容量となったので、ランドセルも重くなります。
 
コードバン1,500gという重さは「重い」という印象を持つかも知れませんね。昨年度までは1,350gでしたから、150g=スマホ1つ分ほど重くなりました。
 

 

 

 

背カンと肩ベルト

 

 

牛革は1,250g⇒1,400gですからやはり150gの増加、タフガードは1,050gが1,200gですから
どのランドセルも150g重くなったわけですね。
 
この重さをどう評価するかについてですが、背負ったときの体感重量が重要だと散々伝えてきました。つまりランドセルを手に持って感じる重さではなく、背負ったときの重さやフィットの感覚が重要です。
 

 

萬勇鞄はウイング背カンで左右に肩ベルトが開き背負い安くなってます。ランドセルと背中の間にすき間が空かないので、ランドセルが後ろに引っ張られることもありません。
 
さらに肩ベルトがラウンド形状で肩からずれにくくなっているので、ランドセル全体は体に非常にフィットします。こういう工夫がされているランドセルなら150g重くなったところで大した問題はないと思います。
 
それよりも手に何も持たずにランドセルに荷物を入れることで、突発的な事故に対する予防ができそうです。

 

 

 

 

萬勇鞄の大幅な変更点2016年度関連ページ

萬勇鞄Q&A
萬勇鞄のランドセルに関する疑問や質問をまとめています。口コミの少ない萬勇鞄なので貴重な情報になるでしょう。
萬勇鞄の新作ランドセル2018年度
萬勇鞄の2018年度の新作ランドセル情報です。男女それぞれ牛革のランドセルが1作ずつが追加となりました。
萬勇鞄の特徴2018年度
2018年度の萬勇鞄,ランドセルの大きな変更点を中心にランドセル全体のの特徴まとめました。一番の特徴は見事なほどの大容量ということです。
萬勇鞄の口コミ
萬勇鞄の口コミ調査です。萬勇鞄の口コミは余りなく最近(2016年度)公式サイトにようやく掲載されるようになっています。
萬勇鞄のオーダーメイドランドセル廃止
萬勇鞄のオーダーメイドは2017年度廃止されました。にはオーダーメイドランドセルがあります。オーダーメイドは完全なオーダーではなく、選択形式で好みのパーツやデザインを選ぶセミオーダーです。萬勇鞄のオーダーメイドランドセルが気になる方必見です。
萬勇鞄ランドセルの製造工程
萬勇鞄ランドセルの製造工程の紹介です。萬勇鞄は1950年創業の老舗の工房系ランドセルメーカーです。製造工程はどのメーカーも似ていますが比較すると興味深い違いもわかってきますよ。
萬勇鞄の特徴と人気ランキング2015
萬勇鞄の特徴と2015年度の人気ランキングをまとめてみました。萬勇鞄のホームページもリニューアルされて使いやすくなりましたよ。
萬勇鞄の人気ランドセル一覧2015年度
2015 年度の萬勇鞄の人気ランドセルの全てを紹介します。毎年人気のあるランドセルのランキングはほぼ一定していますが、新しく追加されるものもあるので、楽しみです。