このエントリーをはてなブックマークに追加 

夜道で一人泣いていた女児に声をかける事ができず警察への連絡にとどめた理由

現代の複雑な事情を反映している例です。夜道で泣いている女児がいたので、声を掛けようと思いました。しかし、ウッカリ声をかけると子供が騒ぎ始めて助けようとした自分自身が不審者扱いされるかも知れないと懸念。そのため警察に連絡したところ、交番に連れてくるように警察官に言われたのを断り通報に留めたという例。

 

知らない人について行ってはいけないという教育

この男性が女児に声をかけるのをためらった理由は、自治体や警察が提供する不審者情報配信サービスがあるからです。女児に声をかけてもし騒がれたら、助けようとした自分が不審者扱いされる事を怖れたのです。

 

毎日携帯電話に不審者の情報メールが届きますが、子供に声をかけただけで不審者扱いされるケースもあるので笑っては済まされません。電車内で痴漢扱いされないように両手を上に上げて立っていますが、それと同じような事ですね。人間同士が信頼できない世の中ではなかなか子供を助けるシステムもできにくいと言えます。

 

このままでは、助けてあげられた筈の子供が不審者の犠牲になってしまう場合も少なからずあるでしょう。

 

不審者扱いされるのを危惧して女児を交番に届けなかった人関連ページ

子供が犯罪に合わないための5つの約束
大事なわが子が犯罪に合わないための5つの約束を紹介します。何となくの知識では無くて、実際に声に出して復唱したり、実演で練習すると効果的です。
子供の身に起こる性犯罪をどう注意させるか
子供の身に起こる性犯罪をどう注意させるかということは需要なことです。
わが子の安全を守るために入学する小学校で確認すること
わが子の安全を守るために入学する小学校で確認することについて
通学は一人にならないように注意する
通学や通塾時は狙われやすいので一人にならないように注意する
子供の連れ回しや監禁の発端は「声掛け」
子供の連れ回しや監禁の発端は「声掛け」です。どのような声掛けをして大事な子供たちに近づくか、そしてその対策をまとめてみました。
ランドセルを背負って学校に行く子供たちを救うには
ランドセルには色々な種類があって選び方に迷いますね。このサイトは人気のあるランドセルから選び方のポイントについて情報発信しています。比較や口コミを参考に男の子、女の子に人気のある色や素材、それに重さも調べています。
複数の親と子供20人の海水浴で子供死亡2014年8月15日
海で3歳児死亡。複数の親と子供20人の海水浴で子供死亡2014年8月15日。大人数での海水浴が危険である事例です。
ランドセルを背負って小学校に通う前に水難事故で死んでしまうのは親の責任です
ランドセルを背負って小学校に通う前に水難事故で死んでしまうのは親の責任が大きいです。幼い子供は親の言うことよりも自分の興味に従って動くので、目を離さない対策が必要です。
7歳児の交通事故が飛びぬけて多いので要注意です
7歳児の交通事故が飛びぬけて多いことが調査からはっきりしています。それも殆どが昼間の明るい時で、平日です。親は要注意です。ランドセルを背負って通う小学校の間は7歳の子が交通事故があう可能性がとても高いのです。