このエントリーをはてなブックマークに追加 

黒川鞄のスムース牛ビッグとワイドの特徴と評判の違いを徹底調査

スムース牛革ワイドとスムース牛革ビッグの違い

 

牛革には表面がスムースな手触りのスムース牛革と細かな凹凸処理で傷に強いボルサ(シボ)牛革の2種類があります。

 

発色が美しいスムース牛革は特に人気が高いので、黒川鞄のA4フラットファイル対応のスムース牛革ビッグとスムース牛革ワイドを紹介します。

 

スムース牛革のビッグとワイドの共通点

  • スムース牛革を使用
  • A4フラットファイル対応ランドセル
  • 同じ容量

スムース牛革ビッグとワイドの主な違い

  • ビッグは学習院型
  • ワイドはキューブ型

 

 

スムース牛革ビッグランドセル

スムース牛革ビッグ スムース牛革ビッグ

スムース牛革のビッグのデザイン

スムース牛革ビッグの背カン 

スムース牛革ビッグの持ち手 

スムース牛革ビッグの安全ナスカン

スムース牛革ビッグのキャメル(馬革)

価格 84,240円(税込)
A4対応
  • A4フラットファイル対応
  • 内寸:横幅235× 奥行120×高さ310mm
学習院型
素材
  • 主材:かぶせ(ふた)牛革
  • 本体:牛革
  • 背あて・肩ベルト裏:ソフト牛革
  • 内装:かぶせ(ふた)内張:表と同色(人工皮革) 本体内張:キャメル(馬革)
重さ 約1,580g 前後
カラー

 12色
黒川鞄のスムース牛革ビッグは12色 
 

 

スムース牛革ビッグランドセルの評判

 

親となった私も黒川鞄のランドセルを使っていました。型崩れせず綺麗に6年間使えたので、娘にも安心して背負わせることができます。

 

さすがに雪国で作られているランドセルだけあって、少々の雨や雪に耐えられるところも安心ポイントです。

 

スムース牛革は発色が綺麗だし手触りも良いので最初から選ぶつもりでした。ワイドはキューブ型ですが、娘は大柄な子なので学習院型で大きく見えても大丈夫だし、何より美しかったのでビッグを選びました。

 

娘に背負わせると「軽くて気持ち良い」と言ったこともあって、スムース牛革ビッグに決定。1,580gの重さは、はばたくRつばさのように背中にフィットする(立ち上がり肩ベルト)ので重くないですよとの説明もありました。


スムース牛革ワイドランドセル

スムース牛革ワイドランドセル スムース牛革ワイドランドセル茶

スムース牛革のワイドのデザイン

 

スムース牛革ワイドの肩ベルト 

スムース牛革ワイドの持ち手 

スムース牛革ワイドの安全ナスカン

スムース牛革ワイドの内装女子 ハート柄(人工皮革)

スムース牛革ワイドの背あてのハートデザイン 

スムース牛革ワイド 

価格 73,440円(税込)
A4対応
  • A4フラットファイル対応
  • 内寸:横幅235× 奥行120×高さ310mm
キューブ型(スクエア型)
素材
  • 主材:かぶせ(ふた)牛革
  • 本体:牛革
  • 背あて・肩ベルト裏:ソフト牛革
  • 内装:男子 ブラック(人工皮革)/女子 ハート柄(人工皮革)
重さ 約1,480g 前後
カラー

 14色
黒川鞄のスムース牛革ワイドは14色

 

スムース牛革ワイドランドセルの評判

 

赤い色が派手さのない落ち着きのある色だったのが気に入りました。もちろん一番大事な背負い心地はランドセルの重心のバランスがとれているせいか、娘が言うには背負って軽く感じるそうです。

 

背あてにあるハートのデザインがとてもユニークな可愛らしさが気に入ったようです。はばたくRつばさの肩ベルトって「立ち上がり肩ベルト」ってことなんでしょうね。そう理解しました。最初から立ち上がり肩ベルトから選ぶって決めてたので、工房系の中で選べて良かったです。


モギカバンのたくみ プレステージ スムースランドセルと比較

両方ともスムース牛革を使用。スムースの発色が違う印象を受ける。黒川鞄は素朴、モギカバンはオシャレな印象。

 

モギカバンの方が少し軽めで価格も安く、容量も若干大きい。伝統の革の味で高級感のある黒川鞄、お洒落な印象の現代的なモギカバンのスムース牛革にするか。

 

好みで選択が分かれるところでしょう。

価格

黒川鞄
スムース牛革ビッグ
84,240円(税込)

 

黒川鞄のスムース牛革ビッグ 

モギカバン
たくみ プレステージ スムース
78,000円(税込)
モギカバンたくみ プレステージ スムース 

A4対応

A4フラットファイル対応
内寸:横幅235×奥行120×高さ310mm

A4フラットファイル対応
内寸:横幅232×奥行125×高さ310mm

学習院型 学習院型
素材

かぶせ:スムース牛革
本体:牛革
背あて・肩ベルト裏:ソフト牛革
本体内張:キャメル(馬革)

かぶせ:スムース牛革
本体:牛革
背あて・肩ベルト:ソフト牛革)
内張り:アメ豚

重さ 約1,580g 前後 約1,480g
カラー

12色
黒川鞄のスムース牛革ビッグは12色

 

13色(縫製の糸の違いもカラー数に入っています。)

 

モギカバンたくみ プレステージ スムースは13色 

 

 

肩ベルト 立ち上がり肩ベルト 立ち上がり肩ベルト

 

黒川鞄のスムース牛革ビッグのレビュー

 

 

黒川鞄スムース牛革ビッグ

スムース牛革ビッグのデメリット(惜しい点)

  • はばたくR肩ベルトで軽く背負えるとはいえ約1,580g前は重いイメージがあるのは残念。(実際に使う子供からは背負いやすいとの評判があるのですが。)
  • 税込84,240円は他メーカーと比較して高額

スムース牛革ビッグのメリット(優れた点)

  • 熟練職人の手作り
  • はばたくR肩ベルト(立ち上がり肩ベルト)で軽く背負える
  • 熟練の職人が全行程を手作り
  • 雨や雪にも安心の雪国仕様
  • キメ細かいやわらかな光沢が特徴
  • 特殊加工が施され、キズつきにくい
  • 10色もある美しい発色のランドセル
  • 黒川鞄のスムース牛革は10色もあります
  • A4フラットファイル対応でサブポケットにも容量がある
  • 内装に天然皮革を使用
  • 肩ベルトの穴を竹串で染めるほど丁寧な製作

 

ランドセルの梱包状態

 

ランドセルは宅急便で届きました。
黒川鞄スムース牛革ビッグ

 

 

画像のように肩ベルトの表側(人工皮革)が「かぶせ(蓋)」に沿わせてあります。

 

肩ベルトをカブセの蓋に沿わせるのはどのメーカーでも同じことです。使用時とは逆の状態に肩ベルトが沿わせてるため肩ベルトの表面にシワが入ることがあります。

 

このシワを問題にして交換を望む購入者がありますが、ランドセルを背負えるように肩ベルトを設定すれば、このシワは消えるので問題になるものではありません。

 

スムース牛革ビッグは傷に強い発色の美しいランドセル

 

スムース牛革ビッグ

 

牛革の表面を滑らかに処理したスムース牛革は、発色の良い、光沢のある美しい牛革本来の銀面(表面)を使用。

 

特殊な加工がされているので傷がつきにくく雪国ならではの雨や雪に強いランドセルです。

 

スムース牛革と違って、萬勇鞄のように傷に強いように牛革の表面に小さな凹凸を付けたものを「シボ」あるいは「ボルサ」といい、スムースに比べればやや白っぽい発色になります。

 

スムース牛革ビッグ、スムース牛革ワイドとコードバンビッグの3種類が2019年度に初めて発売されたA4フラットファイル対応のランドセルです。

 

(*2020年度現在、A4フラットファイル対応は5種類に増えています。)

 

スムース牛革ビッグの素材、メインポケットの内寸(サイズ)や重量、価格を確認

 

スムース牛革ビッグの内側は傷に強い馬革

 

  • 素材:本体 牛革、背当て・肩ベルト裏 ソフト牛革、
  • 内装:かぶせの内張りは表と同色の人工皮革、本体の内張りはキャメル(馬革
  • 横幅235×奥行(大マチ幅)120×高さ310mm
  • 約1,580g 前後
  • 税込¥84,240

メインポケットのサイズはセイバンやフィットちゃんと同じで標準的な容量と言えます。本体の内張りの天然皮革の馬革の使用は他のメーカーにはありません。

 

スムース牛革の小マチ幅は広く容量が大きい

 

 

 サブポケットの小マチ幅は標準よりも広い5センチあるので、標準的な大マチ12センチでも、合計では大容量と言えます。

 

標準的な小マチ幅は3〜4センチ

 

スムース牛革の前ポケットはラウンド型

 

前ポケットはラウンド型で大きく口が開くのでとても使いやすいポケット。このタイプのラウンド型のポケットを採用しているメーカーは多い。

 

前ポケットのマチ幅は2センチほどある

 

 

前ポケットのマチ幅も2センチ程度あり口が大きく開くので、少なくない量の小物が入ります。

 

背負って軽い黒川鞄のランドセルの仕組みは背カンとはばたくR肩ベルトとソフト牛革のクッション

 

黒川鞄の立ち上がり肩ベルトは、背負って軽い「はばたくR肩ベルト」

 

 背カンは金属製で肩ベルトが付いている三角の金属は左右に動くのみで、肩ベルトは立ち上がる構造です。

 

黒川鞄スムース牛革ビッグの背カンは金属製

 

 肩ベルトが着いている背カンの三角形の金属部分は前後には動かない構造なので、立ち上がり肩ベルトとなります。

 

はばたくR肩ベルト

 

肩ベルトの穴の間隔は3センチ

 

 肩ベルトの穴は標準的な3センチ間隔で開いています。

 

黒川鞄の背当てはソフト牛革で包まれクッション性が高く通気性が良い

 

背あてのクッション性は高くソフト牛革なので通気性は良い

 

背当てのクッションは厚すぎず薄すぎず、ほど良いクッション性があります。

 

特に暑い夏など汗を通して素肌に影響する背当てや肩ベルトの裏には天然皮革のソフト牛革が使ってあります。

 

*ソフト牛革は通気性と透湿性の両方に優れる。汗で不快を感じるのは透湿性が悪いため。この透湿性に優れているのがソフト牛革の特徴です。背中が「ひんやり」として快適です。

 

スムース牛革ビッグの背当てを横から見たところ

 

 斜め横から見た黒川鞄の背当てです。

 

黒川鞄のダルマカンの幅は標準的な11センチで安定性も標準的

ダルマカンの幅を計測すると11センチと標準的

 

ダルマカンをご存知でしょうか。肩ベルトが固定される底の2箇所のパーツをダルマカンと言います。ダルマカンの間の距離が広いほうが背負ったときの安定性が良くなります。

 

 

画像のように黒川鞄は11センチの標準的な幅になっています。これよりも狭いと背負ったランドセルが不安定に揺れるなどします。

黒川鞄ランドセルスムース牛革ビッグの口コミ

スムース牛革ビッグ
 

 
ピカピカに光って無くて抑え気味の輝きが美しく色が綺麗です。
 
気品のある丈夫で子供も喜ぶ可愛らしさのあるランドセルですね。

スムース牛革 ビッグ
 

 
母親である私も黒川鞄のランドセルを使いました。6年間新品同様に使えたので娘にも黒川鞄の購入を決めました。
 
雪国仕様の雨や雪にも強い牛革なので、雨を気にせずに使えるのが良いです。
 
背負ってみた娘は「気持ちよく背負えて軽い」と喜んでいます。スムース牛革は発色が美しいランドセルですね。

 

黒川鞄の詳細は次の記事でどうぞ。
参考記事) 黒川鞄工房のランドセルの詳細と特徴| 口コミと評判

 

 

黒川鞄のスムース牛ビッグとワイドの特徴と評判の違いを徹底調査関連ページ

黒川鞄ランドセルと口コミ/人気ベスト5/おすすめはA4フラットファイル対応
黒川鞄ランドセルの口コミと人気ランドセルの特徴とランキングを紹介します。強く美しく耐久性のある天然皮革のランドセルの素材、種類、背ピ安さ、A4フラットファイル対応などの情報をまとめて紹介します。
黒川鞄のシボ牛革 ビッグ | 味わいのある特徴と評判
黒川鞄のシボ牛革 ビッグは牛革に味わい深いシボが入った本物志向のランドセルの機能と評判。A4フラットファイル対応だからたくさん入る。立ち上がり肩ベルト(体感の軽い「はばたくランドセル」)だから背負って軽いシンプルで高級なランドセルの紹介です。
黒川鞄のコードバン ビッグとワイドの特徴 | その比較と評判
コードバンは革の宝石と呼ばれる馬のお尻から2枚しかとれない貴重で高価な皮革。黒川鞄のA4フラットファイル対応のコードバンランドセルは、コードバン ビッグとコードバン ワイドの2種類があります。この2つの口コミとその違いを土屋鞄との比較を交えて伝えます。