人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得でしょうか

どちらが得なのか一概には言えませんが、注意点を含めてまとめを書いてみます。是非参考にしてください。

ネット購入と店舗購入のメリット

 

 

メリット

具体例

ネット(WEB)購入

   

☆ランドセルの種類が非常に豊富

 
@ネットでは数多くのメーカーのサイトを簡単に閲覧でき、それぞれの沢山の種類のランドセルを短時間に調べる事ができます。絶対数のに多いランドセルの中から選べるので圧倒的に有利です。
 

 

 
A比較サイトやランキングサイトを見ると人気のあるランドセルの詳細な情報が載っているので調べやすい。
 

 
☆メーカーに直接何度でも質問ができる
 

〇店舗と違って、直接メーカーに電話やメールで問い合わせる事ができ、納得のいくまで質問をしてから購入できる。
☆ネット購入は割安

 
☆ネット購入は人件費がかからないため安くしているブランドがあります。
例えばフィットちゃん(laponteのフィットちゃんです)は、ネットで購入すると店舗購入よりも5,000円〜1万円前後安くなります。
 

店舗購入のメリット

☆実際に触れて背負える

 
@実際の背負い心地を確認でき、色合いの微妙なところ、縫製の状態も確認できるのは大きなメリットです。
 

 

 

ネット購入と店舗購入のデメリット

 

デメリット

具体例

ネット(WEB)購入

☆実際に触れたり背負えない

 
〇実際に背負えないし、見る・触れる事ができない事が唯一のデメリット。このデメリットをカバーする方法を工夫しましょう。
 

店舗購入

   

☆商品の種類・数が少ない

 
〇店舗に行く場合は、全ての店舗を見て歩くわけにはいかないので、結局限られたランドセルしかチェックできません。少数の中から選ぶという結果になりがちです。
 

☆時間が有効に使えない

 
〇1件の店舗に行くだけで1日仕事ですから、休みのたびに何度か店舗周りをしたとしても、限られた商品の中から妥協してランドセルを選ぶことになるかも知れません。
 

☆店舗では最初に6年保証の有無とその内容を確認をする

 
〇店舗に訪れたときには、最初に6年保証があるか、その保証内容はどうなっているか、修理中は無料で代替ランドセルを貸してくれるのか、あるいは有料なのか、保証を調べます。
 
決して最後に6年保証があるかないかチェックしてはいけません。6年保証が無いものは最初から購入対象から除します。
 
実際の店舗では売り子がついていて、売ろう売ろうとするのでじっくりと確認するのが難しいかもしれません。
 

☆店舗で質問しても明確な回答が無い可能性がある。

 
〇ネットでは、何度でもメーカーに直接尋ねて納得のいく回答をもらってから購入を決定できますが、店舗の売り子さんは販売員なので回答できない事も少なくありません。
 
結局曖昧な答えになってしまい本当かどうかチェックできません。曖昧なままで購入したあと問題が生じても自己責任になるため、不明点がはっきりとわかるまで購入は控えた方が良いのです。
 

 

ランドセルを購入するベストの方法

 

ネット購入と店舗購入とのメリットの両方を活かします。ネットで色々と調査して目的のランドセルを決める。事前に色々と質問もしておきます。その上で子供と一緒に店舗に出かけて、購入候補のランドセルを実際に触れたり背負ったりしてみます。
 
実店舗に出かける場合には、往復の交通時間も入れるとかなり時間がかかるため、あらかじめネットで調査しておくと効率的にランドセルに触れて調べる事ができます。
 
そしてネット購入の方が安ければ家に帰ってネット(WEB)注文をするという流れです。欲しいランドセルの販売店が近くにない場合には、口コミやランドセルサイトを参考に決めてもよいでしょう。人気のあるランドセルは、特にこれといった問題がないから人気になっていると考えられます。

 

 

 

 

 

人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの関連ページ

人気のブランドランドセルを比較2018
人気のあるブランドランドセルから選ぼうと思っても、さて何が違うのか良くわからないものです。他のブランドとの比較のポイントが分からなければ比較しよいうがありませんね。そこについて分かりやすくまとめてあります。
ランドセルの重さと価格の関係を比較しました
ランドセルは他のランドセルと比較して選ぶのって当たり前の事ですね。色を比較したり、重さを比較したり色々ありますが、価格と重さの関係をブランド間で比較したので、そのブランドの傾向がわかります。
ランドセルの容量を比較
人気ランドセルの容量を比較。ランドセルの容量次第では子供たちは手提げ袋を持つ必要がありません。安全な通学のためにも容量の大きなランドセルから選ぶ事をおすすめします。
肩ベルト比較〜案外後悔しがちな盲点ですよ
肩ベルト比較。肩ベルトには余り意識されない重要なポイントがあります。肩ベルトの比較からランドセル選びのヒントを得て下さい。
肩ベルトでチェックしたい忘れがちな事
ランドセルは肩ベルトも比較して選ぶ事が必要です。肩ベルトの何処をチェックしたら良いのか、案外忘れてしまう肩ベルトの長さについて説明しています。
公式サイトのコンテンツを比較する
ランドセルメーカーの公式サイトのホームページを比較してどこが使いやすいかどうかを分析しました。訪問者が利用しやすいコンテンツになっているのかどうかはメーカーの姿勢を表していると考えています。
ランドセルの重さを比較するコツ
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安さを全体のバランスで比較する
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
背カンには3つのタイプがある
背カンの3つのタイプを説明しています。背カンはランドセルの背負い心地を左右するものです。理解してランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きを動画で比較
背カン~連動型と非連動型の動きを動画で比較しました。連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを理解し背カンのタイプと背負い安さを理解しましょう。
背カンのランドセルメーカー比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料
ランドセルの背カンのトップメーカーはモミジヤ鞄材料です。モミジヤは萬勇鞄やララちゃんランドセルの背カンなど多くのランドセルメーカーの背カンを作っています。
粗悪な背カンの持つ壊れやすい、髪を挟むという2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
フィットちゃんと天使のはねランドセル比較
フィットちゃんと天使のはねはライバルメーカーです。2つのランドセルの背負いやすさを比較。背負いやすいランドセルは軽く感る特徴があります。フィットちゃんと天使のはね、どちらに軍配が上がったでしょう。
カブセの鋲を比較
ランドセルのカブセの鋲の比較です。カブセの鋲はアクセントだけでなく、デザインとしても重要です。車のライトを反射する機能も持っており、色々と工夫された特長のある鋲を比較しています。
ランドセルの素材を比較しました
ランドセルの素材には幾つかの種類があります。素材の種類と特徴を比較しました。してください。
合成皮革と人工皮革クラリーノの種類と特徴を比較する
合成皮革と人工皮革の代表のクラリーノの違いを比較します。クラリーノの種類は多くそれぞれに特徴があります。特に6種類のクラリーノを使っているにフィットちゃんでその特徴を理解しましょう。
牛革とクラリーノを比較して選ぶ
自然皮革である牛革と人工皮革のクラリーノ。それぞれの特徴を比較してみました。ランドセルの素材選びに役立てて下さい。
天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見
天然皮革とクラリーノに関するママ達の意見です。専門家の意見も貴重ですが、ランドセルを購入する側のママ達が天然皮革とクラリーノをどう評価しているのか気になりませんか。。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の比較が重要です。
ランドセルの選び方・ポイントのまとめと比較
ランドセルの選び方・ポイントをまとめて比較しました。ランドセルを選ぶ時の条件にはいくつかのポイントがあることをを理解してくださいね。
ランドセルの修理の6年保証を比較しました
ランドセル修理の6年保証の内容についてメーカーの違いと特徴を比較しています。万が一ランドセルが故障した時にどのような流れで修理依頼するのか、保証内容がメーカーによってどう違うのか知っておきましょう。