このエントリーをはてなブックマークに追加 

海外のセブ島の孤児達にランドセルを贈る活動をしている主婦

海外の中でも比較的近いアジアのフィリピン・セブ島は2013年11月の台風で甚大な被害を受けて、いまだ校舎が壊れていて復旧がすすまない地域もあるそうです。そんなセブ島で孤児になった子供たちを対象に、使わなくなったランドセルを贈る活動をしている主婦がいます。

 

なぜセブ島かというと、茨木市の主婦が2011年春子供をつれてリゾート地であるセブ島を訪れました。

 

セブ島の大きな台風被害を聞いた時、思い出のセブ島に子供たちが卒業して使わなくなったランドセルを80個集めて贈る計画を立てたそうです。

 

セブ島台風

現地の子供たちはいまだに教科書を入れる鞄を持たない子供たちもいるそうで、日本との差を感じさせます。セブ島の自然のすばらしさを体験した主婦が中心になって自分の子供が通う小学校に協力を依頼しています。

 

府内の高校や中学校からは協力の申し出があったそうで、鍵盤ハーモニカや通学帽の寄付も呼びかけているそうです。ゴミとして捨てるよりもはるかに意義のあるランドセルの処分の仕方ですね。

 

失礼に当たらないように、傷や痛みの少ないものに限定されています。いくら不必要になったものとはいえ、日本人らしい礼儀をわきまえたやりかたです。

 

80個募集のうちすでに45個が集まっているそうです。

海外のセブ島の孤児達にランドセルを贈る活動をしている主婦関連ページ

ランドセル仕様の撥水デイパック
ランドセル大人仕様の撥水デイパックが今ブームです。大人のランドセルについて。ランドセルには色々な種類があって選び方に迷いますね。このサイトは大人のランドセルについて情報発信しています。
ランドセルは海外観光客に人気
現在海外でランドセルの人気が高く、海外からの旅行客のおみやげとして購入されています。国際空港にランドセルを売っているとか、東京にあるランドセルのショールームに多くの旅行者がランドセルを購入のために訪れています。時に中国から大量のランドセルの注文が入っていることもあるようです。
大人が使うランドセル | 海外でもランドセルのデザインと機能性が大人に人気
最近は国内でも海外でも大人が背負うランドセルが人気です。ランドセルは小学生が背負うものという固定観念がありましたが、大人もランドセルのデザインと機能の高さが気に入っている人が増えています。特に海外では小学生が背負うものという概念が無いため、純粋にデザイン性と機能性を評価できているようです。今後日本でもランドセルが新しい大人のアイテムとして海外から逆輸入されるかもしれません。日本で手に入る大人が背負うランドセルを紹介します
海外で人気のランドセル
ランドセルは海外でも人気があります。子供ではなく多くの場合大人にお洒落で丈夫なバッグとしてファションのアイテムになっています。海外ではランドセルは小学生だけのものではなく日本の大人も見直したほうがいいよと言っています。
中国から大量のランドセルの注文 | 海外で人気の日本のランドセルの理由とは?
中国から大量のランドセルの注文が入っています。中国だけでなく海外で人気の高いランドセルは今後需要が伸びていくと思われます。なぜ日本のランドセルはそんなに海外で人気があるのか、などにほんのランドセルの海外人気について紹介します。
廃棄されるランドセルの行方
ランドセルは6年間使ったあとは廃棄されることが多いですね。廃棄される運命のランドセルの一部は海外で子供たちに有益に使われているので紹介します。
高校生がアフガニスタンにランドセルを贈る
高校生がアフガニスタンにランドセルを贈るという運度があります。高校生が主体的にランドセルの活用方法を考えて活動をしています。大人主導ではなく、高校生主体に考えたのなら頼もしいかもしれないね。