このエントリーをはてなブックマークに追加 

ランドセルのOEMを理解するとランドセル選びに役立つ

OEMは良く聞く言葉ですが、「他社ブランドの製品を製造する」という意味です。別の表現をすると「相手ブランド名製造」「納品先商標による受託製造」といえます。

 

Fショッピングセンターが「フィットちゃん」と「天使のはね」と「ふわりぃ」ランドセルのOEM製品を販売していました。

 

「フィットちゃん」 「天使のはね」「ふわりぃ」となっていればOEM製造メーカーは明らかですが、OEM製造をするメーカー名は明らかにされていない場合が多いです 。

 

Fオリジナルフィットちゃんランドセルなどと書かれています。

 

天使のはねやフィットちゃんという名前を使える場合

天使のはねもフィットちゃんという名前も商標登録されていますから、セイバンやハシモトに無断で製造メーカーが勝手には使えません。

 

「フィットちゃん」という名前とロゴはフィットちゃん背カンを採用しているランドセルに限って使えます。

 

「天使のはね」という名前とロゴは天使のはねという肩ベルト立ち上がり用の樹脂製の「天使のはね」を使っているランドセルに使えます。 

 

あい・愛ティアラ以外はoenランドセル

 

今回のフィットちゃんは「あい・愛ティアラ」以外はOEMランドセルでした。

 

百貨店オリジナルのフィットちゃんランドセルはOEM製造になります。

 

「あい・愛ティアラ」という名前はハシモトが作ったフィットちゃんだけに使える商標ですので、他のフィットちゃんとの区別ができます。

 

「フィットちゃん」の付いたランドセルには3種類あると考えてください

 

  1. ハシモトの作った「あい・愛ティアラ」のようなランドセル。
  2. ハシモトがOEM製品として百貨店などに向けて製造した「○○百貨店オリジナルフィットちゃん」
  3. フィットちゃん背カンを使って他社メーカーが作ったフィットちゃん。

 

わかり辛く少し複雑なのですが、特に他社メーカーの作ったフィットちゃんは「フィットちゃん背カン」を使っている以外は、ハシモトの技術も材料も全く関係のないフィットちゃんだということです。

 

OEMの場合は、フィットちゃんブランドのハシモトが作ったランドセルです。

 

このようなOEMのフィットちゃんランドセルが 22種類もありました。

 

いずれもハシモトのフィットちゃんに似たデザインですが、OEMですからオリジナルブランドとは違うランドセルです。

 

ハシモトのフィットちゃんではありません 

ハシモトのフィットちゃんではなく他のメーカーの作ったフィットちゃん 

他メーカの作ったフィットちゃんはハートマークなど明らかにデザインが違う 

谷花音ちゃんとは違うフィットちゃん 

 

天使のはねは全てセイバンの天使のはねのモデルロイヤルだったり天使のはねを使っている有名なpumaだったりしました。

 

天使のはねには〇〇オリジナルと書いてあるものはなく、ブランドオリジナルのセイバンの天使のはねでした。

ランドセルのOEMを知っておくとランドセル選びに迷わない

ランドセルメーカーは自社ブランドだけでなく、流通大手や子供のブランド、百貨店のオリジナルとして、ランドセルを製作供給しています。それをOEMといいます。フィットちゃんに限らず普通に行われている事です。

 

一方他のランドセルメーカーに「フィットちゃん背カン」を販売し、その背カンを使って製作したランドセルは、製造元がハシモトでなくても、「フィットちゃん」という名前になります。

 

ロゴと名前が使えるのですから、うっかりすると間違えますが「ランドセル名」は真似できないのでしっかり覚えておきましょう

 

参考記事)全く同じ仕様の3つのランドセルがあり困惑

 

 

ランドセルのOEMを知っておくとランドセル選びに迷わない関連ページ

ランドセル選びのポイント | 丈夫さ軽さ収納力の3つとは?
ランドセルの選び方にはいくつかのポイントがあります。A4フィル対応をどうするか、重さ、素材、背負い安さなど色々なポイントについて解説しています。
ラン活2017年度を調査 | 価格,色,重さ,素材,場所はどうだった?
ラン活2017年度とは2017年度(2016年)にランドセルを購入した活動のことです。2017年度に購入した時期の調査、ランドセル価格、ランドセル購入でお金を出した人、何処で購入したのかなどについての調査結果の情報です。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
ランドセルの平均購入価格が年々高くなっている理由とは?
ランドセルの平均購入価格がここ数年高くなっていますが、その理由は色々ですが、それでも購入できるのは子供の数が少なくなっているので、一人の子に使える金額が増えていることと、ゆとりのある年金世代の祖父母の存在があります。
ランドセル詐欺サイトに注意 | 詐欺を見分ける5つのポイント
ランドセル選びで注意したいランドセル詐欺。インターネット上の詐欺サイトの見分け方、、引っかからないポイントについて紹介します。また粗悪なランドセルを送ってくるという詐欺すれすれのネット販売店もあるので注意しましょう。
ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方
ランドセルが軽く感じるような調整の仕方。買ったランドセルが何だか重く感じてもも、上手く調整すれば背負う心地ちが良くなる事があります。そういった情報をお伝えします。
格安ランドセルを購入した人の口コミ | 短期間ではデメリットに気づかない
格安ランドセルを購入した人の口コミを調べてみました。同じランドセルに対して満足している人がいるかと思うと、厳しい意見を述べてる人もいて様々です。ランドセル選びで格安のランドセルを候補に挙げた時に参考になるでしょう。
傷がつきにくいランドセルを選ぶメリット | 6年間壊れず綺麗に使える
傷のつきにくいランドセルを選ぶメリット。人工皮革であっても自然皮革でも6年間新品同様に使えれば理想です。ただ子供たちは遊ぶことで成長する時期でもあるので、下校途中で突然ランドセルを投げたり、上に座ったりといったことがあります。傷がついても自然の風合いになる牛革や人工皮革であっても傷がつきにくい素材を選ぶことで、綺麗に使えるランドセルを選びましょう。
子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
人気のランドセルのデザインとカラーは実に豊富 | 失敗しないために整理してみた
人気ランドセルのデザインとカラーは実に豊富なのでランドセル選びの一つの参考になります。多くの人に支持されているということで選ぶときの基準と考えていいでしょう。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイント
ランドセルの重さについては誤解があるようです。一般に思われてるほど軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いのですから丈夫で軽いランドセルはなかなか無いと思ったほうが良いでしょう。
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
人気のランドセルが汚れや素材での失敗例
ランドセル選びで失敗だった点について色々なケースを調べてみました。ランドセル選びを成功させるための参考にしてくださいね。
ランドセルが破損したり修理ができない失敗例
ランドセルの破損の例や購入の失敗例を紹介しています。破損は多くはないのですが、高価なランドセルだからこそ失敗の無い購入を成功させるために役立てください。
ランドセルを購入後起こった思いがけないこと
ランドセル購入して思わぬ出来事があったケースについて。誰でもこんなことがあり得るので覚えておいた方が良いですよ。
ランドセルの1週間以内の返品・交換の具体例
ランドセルは購入してから1週間以内の返品・交換が原則です。具体例を参考にしてみて下さい。
ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。
人気のあるランドセルの購入時期 | 売り切れない内に購入するには
ランドセルの購入時期をいつにしたら良いかと悩むお母さんは多いようです。何故なら欲しいランドセルが売り切れてしまうと困るからです。そのあたりの事情をまとめてみました。
ランドセルカバーを着ける・着けない?その理由は何
ランドセルのカバーは必要でしょうか。1年生になると交通事故から子供を守るために1年間は黄色のカバーをかけます。雨やホコリからランドセルを保護する などの目的があります。