このエントリーをはてなブックマークに追加 

ランドセル偽サイト・詐欺サイトに注意 | 詐欺を見分ける5つのポイント

ランドセル詐欺と考えられるサイト

 

*画像は実際のサイトにモザイクかけてます。とても怪しいく限りなく詐欺サイトとに近そうです。

 

 

ランドセル詐欺というものをご存知でしょうか。ネット上にショップを出して、非常に安価になランドセルを販売しているのが特徴の一つ。

 

一般的にランドセルの値引き率は悪いのが普通です。事情を知らずに安さに惹かれて怪しいランドセルの購入手続きをしてしまう人があとを絶ちません。

 

ネット上には詐欺サイトが紛れこんでいますから注意してください。

 

ランドセル詐欺を働くネット上の店の見分けかた

2019年度現在、詐欺サイトは殆ど見られなくなっていますが、巧妙に「フィットちゃん」「天使のはね」などを装っていることがある少数例があります。大抵は安さに騙されます

 

これまで他の記事で書いたことをおさらいすると、次のような事がありました。

 

  1. 極端に割引率が高い
  2. 日本語に不自然なところがある。
  3. サイトの質が低い。画像が人物が日本人では無い
  4. サイトを見慣れた人だったら怪しいと一目でわかるレベル。
  5. 良い口コミばかりの外国製ランドセル
  6. ランドセル名を似せている。フィットちゃんに似せてフィット〇んという名前を付けていました。
  7. 色々なメーカーのランドセルが揃っているという不自然さがある。
  8. 支払いが銀行の振込のみでクレジットが利用できない。
  9.  

     

  10. 支払口座名義が「外人(特に中国人が多いです)」なら詐欺の確率が高い。

 

上記に加えて、更に次のことを確認してください。

 

1.ランドセル販売サイトには「特定商取引に基づく表示」が義務付けられています。よって「会社概要」に「事業者名、電話番号、責任者、所在地」が記載されていないのは違法サイトです。

 

違法サイトを運営する理由は詐欺以外には見当たらないですよね。

 

2.住所が仮に記載されていたら、googleマップで検索してみましょう。

 

その住所に会社のようなものがあるかどうかほぼわかるので、ストリートビューで確認してみて下さい。

 

消費者生活センターに外国の詐欺を解決する力があるかと言えば難しいでしょし、一度払ったお金がもどることは無いケースが多いです。

 

そうはいっても、戻る可能性が0ではないので、警察に被害届を出しつつ、消費者生活センターにも相談をした方が良いです。

 

2017年春にもネット上の怪しい店をみつけましたので、注意喚起の意味で書いています。

 

 

詐欺で無くても安い=悪いが予想できるランドセル

 

ネットをよく使っている人なら怪しげな雰囲気のサイトはすぐ感じ取れるでしょう。

 

しかし、ランドセルを探すために慣れないネットを利用している場合は、気付かないかもしれません。

 

 

詐欺じゃないのか?と後でその店に訴えたとしても、法的には問題がないというのが最近の傾向と気づきました。

 

購入した時点で責任は購入者側にある例が増えています。あとで後悔しても取りかえしのつかない間違いを犯さないためにも、ランドセル選びの知識を身につけましょう。

 

次のランドセルのおかしさが分からなければ要注意

 

例えば、今朝次のような広告を見ました。

 

これを読んでおかしいと気づかない方は要注意です。安さにひかれて粗悪品を購入する事の無いようにしてください。。

 

  • 素材:コードバンは希少価値の高い革製品)
  • 重さ:約980g
  • 外寸:約横24cm×縦31cm×幅15cm (金具部分含む)
  • 内寸:約横22cm×縦27.5cm

 

おかしい点についてまとめました

 

1.コードバンの重さが980gなんてありえません。

 

この点は流石に気づいたでしょうか。この重さだったら、革がよほどペラペラで薄いか、極くほんの一部分だけにコードバンを使っているだけでしょう。カブセや本体がコードバンとは書いていないことに注意。

 

フィットちゃんのクラリーノランドセルでも1100g程度はありますから。天然皮革で一番重いコードバンが980gなんておかしい。少しランドセルについて知識があればすぐにわかることです。。

 

2.日本語の表現がおかしい。

 

外寸:横24cm×縦31cm×幅15cm。という文字が横の前にありますね。こんな「約」の使い方は日本人ならしません。
このランドセルは海の向こうで作られているものと判断できます。

 

少しでもランドセルの知識があれば見抜けます。日本語の使い方もおかしい点があります。ですから、ランドセルはよく知られた信頼性のある有名なメーカーなら間違いがありません。

 

安さの裏側に何が潜んでいるのか、想像力を働かせましょう。高額のランドセルが並ぶ中、割安ならともかく、安さを売り物にするランドセルには注意してくださいね。

 

ランドセル詐欺の手口

 

そのインターネット上のランドセル店舗がもし詐欺行為を働いているのだとしたら、注文後には次の実例のような事になります。

 

1.安かろう、悪かろうという最低最悪のランドセル。一目で日本製でないとわかる。そういったランドセルが壊れそうな段ボールに入って送ってくる。おまけに高い送料を負担させられる。

 

これは実際の体験者の言葉に近い表現です。○○という日本一大きなネット上のショッピングモールに店を出していた販売店です。
2.カード番号など入力させて、そのカードを詐欺集団が使ったり、多額のお金を引き落とす

 

ショップのサイトを見ても何だか不自然。上の画像を見た時に、左側のメニューにフィットちゃんとウイング背カンなどと分類の違うものが並んでいるのも不自然すぎます。

 

ランドセルを背負った子供達も不自然。撮影現場は日本ではなく、あちらの方の子供たちを使っていることが簡単に予測できる。

 

連絡先のメールアドレスがヤフーメールは最も不自然なことです。
詐欺を働くときに良く使われるのがフリーメール。ヤフーメールはフリーメールだからいつでも捨てられます。

 

ただ、手口は段々と手が込んできます。フリーメールが怪しまれると分かった業者は次の手口に変更します。

 

たとえば、お問い合わせのテンプレートを使ってメルアドがわからないようにするというケースもありました。だんだんと手の込んだ手口になっていくと心得ていてください。

 

 

フィットちゃんの偽サイト・詐欺サイトに注意しましょう

フィットちゃんの商品をコピーした偽サイト

 

フィットちゃんのランドセルを販売している通販サイトの中で、トップページをコピーしたり、商品写真を無断コピーしている「偽サイト」があり騙される人が出ているようです。

 

こういう偽サイトで注文をしても商品は届かないか別商品が届くと思われるので、決して注文をしないように注意しましょう。ただここで、勘違いしておられる方がいるということです。

 

フィットちゃんは「フィットちゃん背カン」を使っていれば別メーカーであっても「フィットちゃん」という名前を使えるます。

 

だから背カンだけフィットちゃんで後は別物というランドセルが正規に売られていることです。

 

これらのランドセルも手続きを踏んでフィットちゃんの名前を使っています。だけど、別メーカーのフィットちゃんも存在しており、これは偽物でも詐欺でもありません。

 

別メーカーだからハシモト製造ののフィットちゃんではありません。フィットちゃんランドセルと呼べるランドセルメーカーは幾つも有るのです。

 

フィットちゃんならどこのメーカーでも良いという方以外は理解しておきましょうね。

 

 

しかし、本家本元のフィットちゃんは「ハシモト=laponte」のフィットちゃんなのでそこは間違えないでください。
 
本家「フィットちゃん」はホームページアドレスが(h)ttp://www.laponte.co.jp になっているのでこのサイトを選べば間違いありません。

 

 

偽サイトの特長

 

  • 販売商品の価格が極端に安い
  • 支払いが銀行振り込みのみになっている
  • 振込先の銀行口座が会社名でなく「個人名」になっている。
  • 連絡先が記載されていなかったり、あっても「090」や「080」で始まる携帯電話番号が使われている。
  • メールアドレスがヤフーメールなどのフリーメールだったりする。
  • 何故か各店のオリジナルランドセルを色々と取り扱っている。
  • 配送方法が何故か国際便である。
  • 他店では売り切れでも何故か販売している。
  • ホームページの日本語が不自然(=日本のサイトではない可能性が高いです)

 

ランドセル詐欺に騙されないためにチェックすべきこと

 

その販売サイトの企業情報を確認する。
公式オンラインショップであることを確認
 
*サイトURLを確認する事
 
⇒公的オンラインショップのアドレスは (h)ttp://www.laponte.co.jp
⇒「laponte.co.jp」を必ず確認してください。

 

詐欺サイトのURL一覧

 

 

詐欺サイト・偽サイトの画像例

 

店舗のメールにヤフーメールを使っているのですが、あり得ないことです。         ↓
 

 

 

 

店舗名が「ブランド通販授権」というのは不自然すぎます。どこの国のサイトか想像がつきますね。
 
それに価格を割り引き過ぎというのもまともな店ならあり得ないことです。

 

セイバンの偽サイト詐欺サイトに注意 | セイバンに問い合わせた結果を紹介

人気のあるブランドランドセルメーカーにはかなり多くの偽サイトが作られ、騙される人がでています。男の子や女の子に限らず、フィットちゃんや天使のはねなど大量のランドセルを扱うメーカーに多い傾向があるようです。豊富なデザインやカラーで種類が多かったり、子供やお母さんに人気のあるランドセルメーカーが狙われているようです。「天使のはね」や「セイバン」の名前や商品の写真、ランドセルの名前を勝手に使っているので騙す意図があるのでしょう。
偽サイトの名前(一部)が掲載してあったので掲載しておきます。

 

偽サイト(不法サイト)の例

次の語句を検索してみてください。偽サイトはセイバンの天使のはねの販売元としてサイトを作っています。紹介ではなく、あくまでも「販売店」としてランドセルの代金を詐欺するか、カード情報を盗むのが目的です。
詐欺にかからないためにURLを確認しましょう
正式なセイバンの天使のはね⇒ https://www.seiban.co.jp/ 
urlはseiban.co.jpとなっています。

 

偽サイトの1例

  • セイバン販売店
  • セイバン通販店
  • 激安人気ランドセルセイバンモデルロイヤル公式店舗
  • 激安人気セイバン cm 子役通販で 最低価格!
  • 【品質至上】セイバンモデルロイヤル2014販売中!
  • 【品質至上】セイバン モデルロイヤル送料無料&高速配送!
  • 【電撃SALE】セイバン ランドセル 女の子最安値通販!
  • 【数量限定 超特価!!】セイバン 天使のはね カタログアウトレット 通販新作登場
  • 品質を保証セイバン ランドセル カタログアウトレット 激安通販

検索してみました

「セイバン販売店」で検索して10位までをチェックしました。
画像のように正式販売サイトが上位1,2位に来ています。そして天使のはねの「紹介サイト」がありますが、これは販売しているのでなく紹介しているだけなので代金のやり取りは無く安心してよいサイトです。不法サイトと書いたサイトが不法・偽サイトです。偽サイトはありえないような50%割引のようなセールをしている事が多いのも特徴です。この時期に30%〜50%の割引はありえないことです。

 

すでに警視庁によりアクセスできないようになっていますが、その他確認中のサイトがあるのでわかり次第情報を掲載します。

 

 

天使のはねからの回答

「セイバン販売店」で検索をかけて1ページ目で目をつけたサイトについて「天使のはね」に問い合わせていました。回答が来たので概要を紹介します。

 

セイバン Customer Center
18:48 (51 分前)

 

○○ ○○子様

 

お問い合わせありがとうございます。

 

ご相談いただいております通販サイトについてですが、申し訳ございませんが
メールに添付いただいておりますURLアドレスについては、弊社の
セキュリティ管理上、アクセスさせていただいておりません。

 

お問い合わせいただいております内容からいたしますと、価格もかなり値引きが
されているとの事でございますが弊社の運営する公式オンラインショップは
弊社ホームページにございます
「天使のはねストア」のみとなります。

 

★公式オンラインストア「天使のはねストア」
https://store.seiban.co.jp/

 

商標についてですが、「天使のはね」機能が搭載されたランドセルは
すべて弊社が製造した商品となりますが、不法サイトの場合
無断で登録商標をコピー使用しており、お振込み後に商品が届かない
というような被害報告もございます。

 

何卒ご注意くださいますよう、お願い申し上げます。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
  株式会社セイバン
   カスタマーセンター ○○

その他のランドセル偽サイト・詐欺サイトの情報

 

ブランドランドセルを装った偽のサイトがあると聞きます。>ランドセルの偽サイトについて詳しく教えて下さい。


 

フィットちゃんの偽サイトについては詳細に書きました。⇒ フィットちゃんの偽サイトに注意
また ランドセルの格安サイトに要注意 も参考にしてください。
それ以外の偽サイトについてまとめます。

 

詐欺サイト

 

ランドセルは人気のあるメーカーの偽物や偽サイトがあり、最近増えています。おそらく日本の国ではなく、偽物作りを何とも思わない国の粗悪なランドセルだと思われるので注意しましょう。

 

フィットちゃんについては別に書いたので、それ以外のランドセルについて情報を載せます。

 

池田屋ランドセル

池田屋と言えばピカちゃんランドセル。池田屋の運営サイト以外にはランドセルを供給していないのに、通販サイトのなかには明らかに池田屋の運営とは違うランドセルがあるようです。

 

手作りランドセルの生田

生田ランドセル

生田ランドセルのロゴマークを無断で使用しているカバンサイトがあるようです。勿論生田ランドセルとは関係がありません。お金を振り込んでも商品が届かない詐欺サイトです。注意しましょう。

 

株式会社 生田が運営しているオンラインショップは以下の3店です。これ以外のアドレスは詐欺サイトです。
・手作り本革ランドセル h)ttp://www.randsel.jp/
・ランドセルセレクトショップ(楽天店) h)ttp://www.rakuten.ne.jp/gold/randsel-ikuta/
・ランドセルセレクトショップ h)ttp://www.rarachan.com/

 

 

LIRICO

LIRICOは可愛いイメージで人気のあるランドセルですが、やはり偽サイトがあるようです。本物とそっくりの偽サイトを作って、偽ランドセルを送ったり、代金を詐取するなどが多発しているようです。

 

ここでも公式価格より安く売られている。人気のある商品が何故か多数残っていたり、運営会社の所在地や連絡先の記載もありません。

 

あってもフリーメールアドレスが記載してあるだけなど少し気を付ければ気づきそうなことも、ネットに慣れていない方では騙されるかも知れません。

 

挙句の果てに国際スピード便(EMS)で届けられ、高額の配送料を取られる。振込先銀行名が外人の名前だったり、個人名だったりします。

 

第一サイト内の日本語がおかしいので気づくはずですが騙される人が後を絶たないようです。

 

対策

大阪府警察では「偽サイト!見た目がホンマに似せサイト!」と本物そっくりのサイトを作っていると注意を喚起しています。一番有効なのは、ランドセルノメーカー名で検索して、URLが幾つかあればどれかが怪しいということです。本物のサイトと思しき所に問い合わせてみて確認することです。

 

キャサリンコテージ

キャサリンコテージ’(ヤフーショッピングに本物のサイトがあります)をそのままコピーした偽サイトにオリジナルランドセルのコピー画像が貼り付けられ無断掲載されています。

 

その詐欺サイトで購入しても商品が届かなかったという報告が寄せられています。千葉県のサイバー犯罪課に通報はしてあるとのこと。

 

ネットに慣れている人なら騙されることは無いと思いますが、ネットの知識がそれほどない方はとにかくホームページのアドレスを確認してください。

↓これが本物の販売サイトです。

(h)ttp://www.rakuten.ne.jp/catherine/

 

キャサリンコテージ以外でアリスランドセル、イングリッシュネイビーランドセル、リトルシンデレラランドセルは販売していないとのこと。

 

.rakuten.ne.jp/gold/catherine
という正式販売店のURLを確認することが重要です。


 

 

ランドセル詐欺に会った時の相談・通報先

弁護士に依頼しても、費用対効果が悪すぎるので諦めることになり、お金は帰ってこないでしょう。代金回収してあげますという業者がいるので騙されないでください。

 

⇒ 消費生活センター
⇒ 裁判外紛争解決手続(ADR)について

 

ランドセル詐欺サイトまとめ

 

  • フリーメールを連絡メールにすることは通常の店ではあり得ません。もの凄い割引率もあり得ません。注意しましょう。
  • 詐欺ではなく粗悪なランドセルを自己責任で購入したとなれば後の祭りです。

 

詐欺は最悪ですが、色々なデータから見抜けなかった自分の責任にされる事もあります。本当に悪質です。

 

ランドセル偽サイト・詐欺サイトに注意 | 詐欺を見分ける5つのポイント関連ページ

ランドセルの選び方 | 良いランドセルは丈夫・背負って軽い・容量の3点のチェックで選ぶ
ランドセルの選び方で重要なことは子供が背負いやすく体に負担が無いことが一番重要ですが、子供の好きな色やデザインを尊重してで6年間大事に使ってくれることも重要です。子供にとって良いランドセルの条件となる丈夫さ、容量、軽さ、背負って軽い機能を理解してもらうための記事です。
人気ランドセルの評判サイトの特徴と信頼性 | 上手な利用の仕方
ランドセルの選び方の一つとして評判がわかるサイトを利用することがあります。公式サイトの口コミや体験談、ヤフー知恵袋や発言小町のように質問とその回答という形の体験者の評判、またツイッターを中心としたSNSでの旬な口コミがあります。それらはあてにならない場合もあるし、役立つことも多いです。ランドセルの口コミの利用の仕方や信頼性の考え方について紹介します。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
格安・激安ランドセルの購入の経験 | 短期間ではデメリットに気づかない
格安・激安ランドセルを購入した人の評判を調べてみました。同じランドセルに対して満足している人がいるかと思うと、厳しい意見を述べてる人もいて様々です。ランドセル選びで格安のランドセルを候補に挙げた時に参考になるでしょう。
ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方
ランドセルが軽く感じるような調整の仕方。買ったランドセルが何だか重く感じてもも、上手く調整すれば背負う心地ちが良くなる事があります。そういった情報をお伝えします。
傷がつきにくいランドセルを選ぶメリット | 6年間壊れず綺麗に使える
傷のつきにくいランドセルを選ぶメリット。人工皮革であっても自然皮革でも6年間新品同様に使えれば理想です。ただ子供たちは遊ぶことで成長する時期でもあるので、下校途中で突然ランドセルを投げたり、上に座ったりといったことがあります。傷がついても自然の風合いになる牛革や人工皮革であっても傷がつきにくい素材を選ぶことで、綺麗に使えるランドセルを選びましょう。
子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
人気のランドセルのデザインとカラーを整理してみると実に豊富だった
人気ランドセルのデザインとカラーは実に豊富なのでランドセル選びの一つの参考になります。多くの人に支持されているということで選ぶときの基準と考えていいでしょう。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイントは荷重分散。ここ大事
ランドセルの重さについての誤解。軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いもの。重くても荷重分散できるランドセルが重要でリュックなどは論外です。体力の低下している今の子供たちの体に負担をかけ過ぎないためにも荷重分散できるランドセルを選びましょう。
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
人気のランドセルが汚れや素材での失敗例
ランドセル選びで失敗だった点について色々なケースを調べてみました。ランドセル選びを成功させるための参考にしてくださいね。
ランドセルが破損したり修理ができない失敗例
ランドセルの破損の例や購入の失敗例を紹介しています。破損は多くはないのですが、高価なランドセルだからこそ失敗の無い購入を成功させるために役立てください。
ランドセルの持ち手で事故にあいそうになった | 購入後起こった思いがけないこと
ランドセルの持ち手で危険な目にあうなど、ランドセル購入した後で思わぬ出来事があったケースについて。誰でもこんなことがあり得るので覚えておいた方が良いですよ。
ランドセルの1週間以内の返品・交換の具体例
ランドセルは購入してから1週間以内の返品・交換が原則です。具体例を参考にしてみて下さい。
ランドセルのOEMを知っておくとランドセル選びに迷わない
ランドセルのOEMを知っていますか。人気のあるランドセルメーカーはデパートなどの依頼で自社の工場で〇〇百貨店モデルを製作するランドセルの事です。意外と多いOEM生産について紹介します。
ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。
ランドセルの購入時期【まとめ】 | 売り切れる・安い・受験などいつ買うのが良いのか
安い価格でランドセルの購入時期を決めるには欲しいランドセルが割引になる時期を調べます。遅いと売り切れてしまうのでネットの情報にはアンテナを張っておきましょう。また小学校を受験する子供たちはいつランドセルを購入する?ランドセルの購入の重要な事を説明しています。
ランドセルカバーを着ける・着けない?その理由は何
ランドセルのカバーは必要でしょうか。1年生になると交通事故から子供を守るために1年間は黄色のカバーをかけます。雨やホコリからランドセルを保護する などの目的があります。