このエントリーをはてなブックマークに追加 

キッズアミとフィットちゃんを徹底比較 | おすすめできる大容量と背負う機能

キッズアミとフィットちゃん徹底比較

結論

  • 軽くて背負う機能が充実した大容量を選ぶならキッズアミ
  • ほどほどの容量で良いから色やデザイン性で選ぶならフィットちゃん

 

キッズアミは大容量ランドセルを支える背負う機能を新開発しました。ウインディソフトという3点で重さを分散する背あてです。

 

フィットちゃんを選ぶポイントとしては、容量はほどほどでよいが、背負う機能とデザイン・カラーの種類が豊富なランドセルということ。

 

予想しているほど大容量のランドセルは必要ないかもしれません。大容量にこだわりがなければフィットちゃんの軽く背負う機能と豊富なカラー・デザインはやはり魅力的です。

 

キッズアミとフィットちゃん比較

 

キッズアミとフィットちゃん。キッズアミの何倍もフィットちゃんの方が知名度が高いです。あまり良く知られていない地味なランドセルメーカーという印象というのがなママたちの印象です。

 

キッズアミとフィットちゃんを比較してそれぞれが優れているポイントを紹介します。

 

何といっても背負いやすい、背負って軽い機能の比較が一番重要だと思いますので、その点を中心に比較します。

 

背負う機能はキッズアミとフィットちゃんのどちらが優れているか

ランドセルを背負う機能は、

  • 背カン
  • 肩ベルト
  • 背あて

 

この3点で決まるほど重要です。

 

肩ベルトは、立ち上がり肩ベルト(最初から弯曲がついている肩ベルト)はランドセルの後ろへのずれを防いでくれるので、選ぶなら立ち上がり肩ベルトを第一候補にしましょう。

 

立ち上がり肩ベルトがランドセルの後ろへのずれを防ぐ  立ち上がり肩ベルトでなければ背中との間に隙間ができやすい

 

フィットちゃんの背負う機能は「背負いやすい」と高く評価されています。

 

下の表から総合的に評価すると、キッズアミの背負う機能はフィットちゃんのワンランク上と言えます。

 

 

キッズアミ

フィットちゃん

背カンと肩ベルト

キッズアミの肩ベルトはとても背負って軽い機能が充実 キッズアミの立ち上がり肩ベルトとエコボーン

  • ウイング背カン(立ち上がり背カン
  • 立ち上がり肩ベルト
  • エコボーン(肩ベルトの中に肩の弯曲を記憶する樹脂が入っている)
  • 3D肩ベルト。NASA(米国航空宇宙局)に開発された新素材(衝撃吸収材)を肩ベルトのクッション

フィットちゃん立ち上がり肩ベルト 

  • 立ち上がり背カン(フィットちゃん背カン)
  • 立ち上がり肩ベルト:ベルト裏はクッション性が高い
背あて

キッズアミのウインディソフトは3点荷重分散で軽く背負える 

  • 3点で重さを支えるウインディソフト
  • クッション性高い
  • 通気性・透湿性高い

;

フィットちゃんの背あて 

  • 標準的
  • 通気性・透湿性高い

 

キッズアミとフィットちゃんの容量比較

結論:キッズアミの方が圧倒的に大容量。
メインポケットとサブポケットの容量が収納力です(前ポケットは主ではないので計算に入れません)。大マチと小マチの幅を合計して容量を比較しました。

 

マチ幅の合計が大きいほど容量が大きいということです。
容量は大マチ幅と小マチ幅の合計で決まる

 

大容量なのにフィットちゃんとほぼ同じ重量。キッズアミは大容量を選ばなければ、1,000gの軽くて丈夫なランドセルからあります。

 

大容量でも軽いランドセル、それに背負う機能も充実しています。大容量ランドセルが希望なら技術力のキッズアミを選択となるでしょう。

 

 

キッズアミ

フィットちゃん

 

容量(大マチと小マチ幅の合計)
 

大マチ幅+小マチ幅
ペリカンポッケ
200mm(120mm+80mm)
 

 

大マチ幅+小マチ幅
150mm(120mm+30mm)

 

大マチ幅+小マチ幅
 
165mm(135mm+30mm) 

  • エレファントキューブ
  • リボンガール
  • ブレイブボーイ

大マチ幅+小マチ幅
155mm(125mm+30mm)
ワンダーシャイニー

 

キッズアミの公式サイト

 

キッズアミとフィットちゃんのカラーやデザインそれにランドセルの種類を比較

明らかにフィットちゃんに軍配があがります。ただし、フィットちゃんは全てが学習院型であるのに比べ、技術力のあるキッズアミは全てのタイプのランドセルを製作しています。

 

大容量よりもカラーやデザインを第一に考えて、背負いやすいランドセルならフィットちゃんの選択でしょう。

 

  キッズアミ フィットちゃん
モデル数

15モデル 69種類
(ホームページと数字が違いますが、数え方をフィットちゃんに合わせるとこうなります。)

42モデル 150種類
女の子18モデル 両用4モデル
男の子20モデル
;

仕上げ 手縫い仕上げ ミシン縫い
  • 学習院型
  • キューブ型
  • 横型
  • 縦型
  • 半カブセ型
学習院型

 

キッズアミとフィットちゃんの丈夫さを比較

ランドセル全体の押しつぶしに強いのはフィットちゃんです。型崩れに対しては甲乙つけがたいところです。

 

  キッズアミ フィットちゃん

型崩れ
押しつぶし

 
パワフルガード:大マチ上部と正面上部に樹脂に凹凸加工された特殊プレートを内蔵。

 
トリプルガード(3方向)

 

 

参考記事) キッズアミランドセルの特徴と詳細 | 口コミ・評判

 

 

 

 

キッズアミとフィットちゃんを徹底比較 | おすすめできる大容量と背負う機能関連ページ

キッズアミの特徴と口コミ | 丈夫で大容量でしかも軽い
ナース鞄工が制作するキッズアミランドセルの特徴と口コミを紹介します。人工皮革クラリーノを中心に牛革やコードバン素材で製作したシンプルで高品質のランドセルの特徴です。
キッズアミ ペリカン ポッケは一番の大容量 | でも背負う機能が超絶優れてて軽い
キッズアミ ペリカン ポッケは2020年度の新学習指導要領改訂に向けて小マチ幅を8センチまで拡大できる大容量ランドセルです。ウインディソフトや肩ベルトで重くなったランドセルを軽く背負えます。
キッズアミ エレファント キューブは大容量 | リボンガール・ドリームキューブと比較
キッズアミ エレファントキューブは大マチ幅135mmの大容量です。キッズアミ リボンガール・ブレイブボーイも大マチ幅135mmですが、キッズアミ エレファントキューブはウインディソフトとウイング背カン、エコボーンで画期的に背負う機能が進化しています。
キッズアミ ドリームキューブは15cmの大マチの大容量なのに1,200gの軽さ
キッズアミ ドリームキューブは15cmの大マチの大容量なのに1,200gの軽さ。は大マチをファスナーで12cmから15cmまで拡大する大容量のキューブ型のランドセルです。重さは1,100gととても軽い。ウイング背カンにエコボーンと柔らかな背あてとで軽く背負えます。
キッズアミ リボンガール・ブレイブボーイは15cm大マチの大容量で1,100g
キッズアミ リボンガール・ブレイブボーイは丈夫な学習院型ランドセルで大マチ幅135mmの容量の大きなランドセル。新学習指導要領により荷物が増えることを考えると、軽くて大容量、しかも丈夫なキッズアミ リボンガール・ブレイブボーイが候補の一つとなります。
キッズアミのキューブ型ランドセル | 5種類の容量と重さをチェック
キッズアミのキューブ型ランドセルについてまとめました。キッズアミはナース鞄工が人工皮革クラリーノを中心に製作しているシンプルで高品質のランドセルです
キッズアミ人気ランドセル2018
キッズアミの人気のランドセルは新作が多いという特徴があります。新作は常にその年のトレンドを取りいれているというのがその理由になります。キッズアミはナース鞄工が人工皮革クラリーノを中心に製作しているシンプルで高品質のランドセルです。昭和23年からの高い技術力を持つ老舗ランドセルメーカーです。
ドッグデプトのランドセルを見てきました
ドッグデプトのクラリーノランドセルが可愛らしいですよ。ナース鞄工が人工皮革クラリーノを中心に製作している愛犬をコンセプトにしたユニークなランドセルです。犬好きな子にはおすすめします。