このエントリーをはてなブックマークに追加 

羽倉の手づくりランドセルの特徴と詳細 | 口コミ・評判をチェック

 

羽倉耐性牛革スタンダード2020年度 

 

2020年度の羽倉ランドセルは大きく変わりました。

  • 大マチ幅が11センチ→ 12センチで容量アップ

  • 耐性牛革の軽量化(1,420g⇒1,270g)

  • 人工皮革の軽量モデル(はねかる)が新発売

  • キャメルとレッドが追加

 

3月15日ホームページで情報公開ずみ。

羽倉ランドセルは、全国の鞄の7割以上を生産する鞄の街(兵庫県豊岡市)の工房「羽倉」の手作りランドセル。

 

長年培われてきた鞄の生産地の職人の技術を継承しながら、天然皮革ならではの味わい深いランドセル製造を得意としています。

 

羽倉ランドセル

 

写真ではわかりにくいのですが、実際にランドセルを見ると色合いの美しさに惹かれます。2020年度の公式サイトが更新された結果、発色の良さがよくわかるようになりました。

 

羽倉の手作りランドセル公式サイト

 

 

 

羽倉ランドセルの特徴と口コミ・評判

羽倉ランドセルのモデルとデザイン

モデル

羽倉の2種類のランドセル

  1. エイジング(自然の風合いの変化)を楽しむエイジングランドセル
  2. 樹脂(フィルム)で色止めしてより一層丈夫で扱いやすい耐性ランドセル

  1. エイジング総牛革ランドセル(1,420g)
  2. エイジングコードバンランドセル(1,490g)
  3. 耐性牛革スタンダードランドセル(1,270g)
  4. 耐性牛革ウイングチップランドセル(1,295g)
  5. 耐性牛革コンビネーションランドセル(1,280g)
デザイン

羽倉ランドセル

 

写真ではわかりにくいのですが、実際にランドセルを見ると色合いが美しいのがはっきりします。


ネームプレート刻印(オプション3,240円(税込))
 
書体は6種類から選べます。
羽倉ランドセルにはネームプレート刻印のオプションがある


ステッチアート(オプション3,240円(税込))

 

カブセの下部にステッチアートを入れる事が出来ます。
 
羽倉ランドセルのステッチアートのオプション

 


【天然皮革】

 

耐性牛革スタンダードランドセル

 

新しい定番モデルが誕生。15色もの多彩で美しいカラーと抜群の耐久性。この美しさを見てください。樹脂による色止め加工で美しい発色が実現しています。

 

耐性牛革スタンダードランドセル 

 


 

エイジング総牛革ランドセル

 

カラーとステッチを選べます。5色の牛革ランドセルが揃っています。

総牛革エイジングランドセルレッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エイジングコードバンランドセル

 

革のダイヤモンドと云われるきめ細かな美しい艶のあるコードバンを使った超高品質ランドセル。
コードバンエイジングランドセルネイビー


耐性牛革ウイングチップランドセル

 

樹脂で色止めしているので扱いやすいランドセルです。質感もカラーリングも素晴らしい。

 

ウイングチップのランドセルでは牛革を2層に分割して床革の表面に色止め加工をしています。
耐性牛革ウイングチップランドセルキャメル×チョコ

 


耐性牛革コンビネーションランドセル

 

牛革を2分して得られる床革の表面に樹脂による色止め加工をしています。
耐性牛革コンビネーションランドセルホワイト×ブラック


【人工皮革】

 

帝人の人工皮革コードレを使った軽い「はねかる」ランドセルが誕生。体の小さな子供でも背負いやすい1,230g。

 

 

羽倉はねかるランドセル 羽倉はねかるランドセル2

 

カラー

37カラー(37種類のランドセル)

  1. 耐性牛革スタンダードランドセル全15色
  2. エイジング総牛革ランドセル 全5色
  3. エイジングコードバンランドセル 全3色
  4. 耐性牛革ウイングチップランドセル 全6色
  5. 耐性牛革コンビネーションランドセル 全4色
  6. はねかる全3色
  7. とよおか全1色

 

羽倉ランドセルの素材と重さ・耐傷性と防水性

羽倉ランドセルは素材の特徴を生かして、各部位にいろいろな素材を組み合わせます。

 

例えば、主素材が牛革、背あてや肩ベルト裏に通気性の良い人工皮革、肩ベルトには強度のある牛革の組み合わせです。

 

素材

 

羽倉ランドセルは「コバ磨き」で革の端を処理

 

 羽倉ランドセルのコバ磨き

そして天然皮革の切断面の処理も、相当の手間をかけて行っています。

あの鞄工房山本が「コバ塗り」と「コバ磨き」を繰り返しているのと同様に、天然皮革の切断面は手間のかかる「コバ磨き」仕上げです。

 

相当の手間をかけてコバ磨きをする理由は、染料をしっかりと革に浸透させた上で磨いて艶を出すと、使っている内にひび割れたり、剥がれを防ぐことにあります。

 

剥がれの心配をせずに、エイジングで艶も風合いの変化も楽しめるのが羽倉の手作りランドセルなのです。

それではもっと詳しく羽倉ランドセルについて説明します。
 
2020年度から主素材に人工皮革が追加となりました。

  • 人工皮革(コードレ)
  • 牛革
  • コードバン

 

主素材は人工皮革(コードレ)と牛革、コードバン

 

カブセ(フラップ)には鋲を使って固定せずに、技術を駆使してあえて鋲を使わないカブセにしています。

 

また、自然皮革の角の処理はキザミという処理を綺麗に行っていて、ここに職人の技術レベルが現れます。

 

総牛革エイジングランドセルレッド鋲なしフラップ     牛革のキザミ(菊寄せ)

 

耐性ランドセルは樹脂(フィルム)で色止めして丈夫で扱いやすい革に仕上げています。耐性加工になっているので、非常に傷に強いランドセルになっています。

 

エイジングランドセルは自然の風合いを楽しめる素材

重さ

人工皮革 (1,230g)
牛革 (1,280~1,420g)
コードバン (1,490g)

耐傷性 傷にはかなり強い。
防水性 撥水性が高い
丈夫さ

大マチが頑丈な構造なので、型くずれしにくい学習院型

総牛革エイジングランドセルレッドオートロック

安全性

 

 

 

安全ナスカン

安全ナスカン。車や自転車、エレベーターに巻き込まれたときに外れる仕組みになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

羽倉の反射材

 

 

羽倉ランドセルのA4フラットファイル対応と容量アップ

容量とA4フラットファイル対応

2020年度容量がアップしました。奥行(大マチ幅)が11センチ→12センチ
 
羽倉ランドセルの外寸と内寸

 

内寸:横幅232×奥行(大マチ幅)120×高さ310mm
 
 

 

羽倉手作りランドセルはA4フラットファイル対応

ご覧のように、A4フラットファイルが楽々はいります。この事自体は現在のランドセルでは普通のことですが、何しろ大マチの幅が広いので大容量です。

 

 

小柄なお子さんだけでなく、誰にでもスマートに使いこなせるランドセルです。

 

 

 A4フラットファイル対応、5種類のランドセル(それぞれに色々なカラーがあります)

 

羽倉ランドセル

 

前段ポケットの口は大きく開き使いやすいです。

 

羽倉ランドセルの背負いやすさ

背負いやすさ

S字状肩ベルトが体にフィットする 

 

 

肩ベルトがピッタリ肩に沿い、体を包み込むS状で、ウイング背カンは左右が別々に開くので背中がランドセルにピッタリフィットします。

 

ランドセルの重心が垂直に降りるので背負うのが楽です。走ってもずれません

 

大マチの上部の固定板と縦型にも丈夫なプラ板が入っているので頑丈な作りになっています。 

 

 

全てのランドセルの大マチにある型崩れ防止の固定板が四角ではなく、T字型なのでとても頑丈。

背カン

ウイング背カン

 

ウイング背カン.とS字肩ベルト
 
背カンは左右別々に開くウイング背カンなので、背中とランドセルの背当てがフィットしやすい仕組みになっています。

肩ベルト 強度のある牛革を使用。人工皮革の肩ベルトより何倍もの強度があります。
背あて

羽倉ランドセルの背あてはクッション性に富んでいて背中に優しくフィットします。また通気性の良い通気性抜群の「エアリー」で汗によるムレを防ぎます。
羽倉ランドセルの背あてはクッション性と通気性に富んでいる 

 

 

羽倉ランドセルの価格と送料

価格帯  
送料 無料

 

 

羽倉ランドセルの6年保証と返品・交換

6年保証

普通に使っていて修理が必要な状態になった場合は6年間無料修理保証。
代替ランドセルもあります。
何かあったらまずはフリーダイヤルで問い合わせましょう。
フリーダイヤル 0120-38-7706

返品・交換

返品交換できない場合

  • ランドセルを背負って肩ベルトに背負った感じがある場合
  • 購入者側で傷や損傷が生じた場合

1.受注生産のため、原則、注文後のキャンセルはできないが、購入者都合の返品の場合、送料は購入者負担。
2.ただしもともと不良品だった場合には連絡後、早めに返品すれば無償で返品ができます。
3.不良品であった場合の送料は羽倉ランドセルの負担。宅配業者に着払いで返送依頼。

 

 

羽倉ランドセルの口コミ

 

 

はじめて羽倉ランドセルを見たのは展示会。とても斬新なランドセルだと感じました。

 

見方によってはダサく見えましたが、見てるうちに何だかオシャレな印象が強くなってきました。

 

ピンクの発色もほかのランドセルとは違って、おいしそうな桃のような色で個性がありました。
フタの表面がフィルム加工してあるので傷にも強くて発色が綺麗と説明を受けました。

 

でも問題は重さ。牛革で1,400g超えるのはどうなのか疑問でした。実際に背負ってみるととても軽いと娘も気に入りました。肩のベルトも柔らかいし背中もふっくらして具合がいいらしいです。

 

本当に小学校に通うようになってどうなのか若干不安が残ってますが、何とかなるかなと思ってます。


 

羽倉のランドセルを豊岡まで見に行きました。あまり聞いたことが無かったランドセルですが、最近できたばかりのメーカーのようでした。

 

鞄の製造には相当長い歴史があるとかで、その技術と新しいデザインとを組み合わせたランドセルと説明がありました。

 

 

確かに斬新です。不思議な魅力があります。カブセに鋲がないランドセルは初めて見ました。

 

ランドセルの側面の素材は人工のもので蓋は牛革。肩ベルトは強さのある牛革と組み合わせて使ってあるのが、池田屋ランドセルみたいでした。

 

いわゆる立ち上がりベルトが良いと聞いていたいので、息子が背負うと程よくピッタリ。痛いところもない。

 

ホワイトのランドセルを気に入った息子に、「大丈夫?」と聞くのも無駄な程の気に入りよう。不思議な魅力があります。

 

白だから汚れはどうなんですか?と尋ねると「表面が汚れにくくなっているので大丈夫」とお聞きしました。時々空ぶきする程度でよいそうです。

 

購入した後で奥行が110mmで狭かったかなと残念な気持ちでしたが、2020年度からは120mmになるそうですね。ますます残念ですが、気に入ってくれているのでまあいいかなという気持ちです。


 

羽倉の手作りランドセル公式サイト

 

羽倉の手作りランドセルのメリット(優れた点)

独自の色選び

とてもユニークで個性的なランドセルの色選びをしています。特に耐性牛革コンビネーションランドセルの色の組み合わせはユニークで惹かれます。

 

革の魅力を出すために鋲止めを無くす工夫

ランドセルのカブセの鋲は一つのデザインとして捉えられていますが、羽倉の手作りランドセルは自然皮革の魅力を引き出すために「鋲止め」を取りやめました。

 

コバ磨き

断面処理には技術レベルが高い職人しかできない、「コバ磨き」を取り入れています。(鞄工房山本と同様です)

 

革の風合いを楽しめる

使い込む内に革の風合いの変化を楽しめる「エイジング」を追求しています。

 

総牛革ランドセルでも割安

総牛革ランドセルで\59,400という価格は割安です。

 

羽倉の手作りランドセルのデメリット(少し惜しい点)

販売店が限られるので実物を見にくい

兵庫県を中心にした販売店に限られるので、実物を見る機会が限られる。

 

色の組み合わせの好き嫌いがハッキリ分かれる

個人的には、羽倉のランドセルの色の使い方は好きですが、子供が使うことを考えると好き嫌いがはっきりと分かれそう。

 

羽倉ランドセルの店舗情報

 

羽倉ランドセルの運営会社・ショールーム

【総代理店】 株式会社 アーツ

〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-7-18
無料通話0120-38-77060120-38-7706
電話受付:平日 10:00〜17:00
※祝日除く

兵庫・豊岡ショールーム(工房)

〒668-0021 兵庫県豊岡市泉町15-11
TEL 0796-23-2536
定 休 日:水曜・日曜・第2.4土曜
営業時間:9:30 ? 16:30
最寄り駅:JR山陰本線「豊岡」駅より徒歩約10分
駐 車 場:3台あり

大阪・江坂ショールーム

〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-7-18 1F
TEL 0120-18-7706
定 休 日:水曜日(祝日除く)
営業時間:10:00〜18:00
最寄り駅:Osaka Metro御堂筋線「江坂」駅
阪急電鉄千里線「豊津」駅より
徒歩10分

駐 車 場:5台あり
近くに有料パーキングもあり

大阪・泉佐野ショールーム

〒598-0055 大阪府泉佐野市若宮町7-13
TEL 072-463-4200
定 休 日:火・金曜日
営業時間:10:00〜17:00
最寄り駅:南海電鉄「泉佐野」駅より徒歩約5分
駐 車 場:1台あり。近くに有料パーキングもあり

 

羽倉ランドセルは兵庫県豊岡市に根差したランドセル

 

兵庫県の豊岡市は山陰の城崎温泉のある街です。100年以上前から鞄の町として日本一の生産量を誇ってきました。

 

地域ブランドとして認められた「豊岡鞄」は厳しい審査で高い品質基準を満たして認定された認定商品です。羽倉の手作りランドセルは、その豊岡鞄のブランド認定品です。

 

豊岡鞄に認定された羽倉ランドセルには、認定製品番号と製造企業名入りの保証書が付き、万一の際には6年保証で最善の対応を行ってくれます。

 

羽倉の手づくりランドセルの特徴と詳細 | 口コミ・評判をチェック関連ページ

羽倉ランドセル人気ランキング | 美しさと個性に満ちたランドセル
羽倉の手づくりランドセルの人気ランキングを紹介します。羽倉ランドセルは重いという口コミがありますが、耐性牛革はかなり軽量化されました。ところで重いのは手抜きをせず高品質の素材を使っている証拠でもあります。背負う機能が優れていれば軽く感じるランドセルでもあります。
耐性牛革スタンダードランドセルと口コミ・評判 | 美しく1,270gと軽い
耐性牛革ランドセルは色止め加工で美しい色が長くキープでき、耐久性も抜群です。15色の美しいカラーが揃っていて丈夫な牛革ランドセルが1,270gとは驚きです。しかも6万円未満は安い。おすすめできる牛革ランドセルです。
耐性牛革コンビネーションランドセル | 色違いのカブセと大マチがオシャレ
羽倉ランドセルの耐性牛革コンビネーションは耐性牛革をカブセに使い、大マチやフチはコードレ(人工皮革)を使って牛革でありながら1,280gの軽量化に成功しています。 丈夫さを犠牲にせず割安な羽倉ランドセルの耐性牛革コンビネーションを紹介します。
耐性牛革ウイングチップランドセル | 羽倉の新鮮な英国風W字デザイン
耐性牛革ウイングチップランドセルは羽倉ランドセルが英国の靴のW字のデザインを取り入れたランドセルです。他には見当たらないデザインですね。英国のおちついたクラシカルな雰囲気が落ち着きを感じさせます。ダークなカラーと明るいカラーとのコントラストが特長です。
【本物志向】エイジング総牛革ランドセルは牛革の風合いの経年変化を楽しめる
オール牛革。つまりカブセも本体もすべて牛革で作られ経年変化を楽しめるランドセルです。(ただし背あて、肩ベルトの裏は通気性の良いエアリーソフトを使用) でも、6年間の牛革の風合いの変化を楽しめるランドセルは多くない事実を知ってますか?多くは牛革の銀面に樹脂フィルムを貼ったランドセルが多いのです。
羽倉のエイジングコードバンランドセル | 革のダイヤモンドの風合いを楽しむ
羽倉の手作りランドセルの中でもエイジングコードバンは、馬一頭から2枚のカブセしかとれない最高級のランドセルです。羽倉はつや消しの染料で染め上げ重厚感を醸し出しています。他メーカーとの比較で割安な価格で購入できる点も見逃せません。
はねかるの背あてに隠された秘密 | はねが生えたように軽いランドセル
はねかるはコードレ(人工皮革)で作られています。「はねが生えたように軽い」理由は素材の軽さだけでなく、立ち上がり肩ベルトのフィット感、それに背あての下部の膨らみが腰のくぼみにフィットして背中全体にピッタリ沿うからです。