ランドセルが軽く感じるように調整する

ランドセルの重さは毎年大きな話題になり、ランドセルを選ぶお母さんの悩みのたねでもありますね。

 

2016年度にA4フラットファイルランドセルが急速に増えて以来増え続け、A4クリアファイルランドセルは減ったり廃止されています。

 

A4フラットファイルが入るランドセルは、容量が大きくなって入る荷物が増えたのは良いことですが、重いのでは?と気になりますね。

 

それでもA4フラットファイルが入らないと困るという理由で、A4フラットファイル対応ランドセルを購入せざるを得ません。

 

 

A4フラットファイル対応にする理由はファイルだけの理由ではありません

 

重さのデメリットはあるにしても、A4フラットファイル対応にすると、A4フラットファイルが入るよりももっと大きなメリットがあります。.

A4フラットファイル対応ランドセルに荷物を全て入れると、手には何も持たずに済むので登下校時の事故の予防になることです。

 

カバンのフジタは、子供たちが雪の中を登下校する時に事故に遭わないように考えて、A4フラット対応の容量の大きなキューブ型を製作しました。

 

今まで手に持ったりナスカンにぶら下げていた荷物を、小さく見えるランドセルの中に収納できるというのは大きなメリットですよね。

 

また、キッズアミは、どこのメーカーよりも大容量なのにどこよりも「軽い」という大きなメリットがあります。

 

 

ランドセルの重心は高いほうが軽く感じます

 

ランドセルの重心が高いほうが背負った時に軽く感じる

 

ランドセルの重さが同じであっても、背負った時のランドセルの重心の位置が高いほうが軽く感じるのです。

 

画像を見ると、男の子のランドセル本体が女の子のランドセルよりも高い位置にあるとわかりますね。

 

これは、あとで調整できることではなく、メーカーによって肩ベルトの取り付け位置が多少違っているということです。

 

ランドセルを選ぶ時に迷った時は、重心の高い方を選ぶと軽く感じますので参考にして下さい。

 

 

購入後に軽く感じる調整をする方法

 

購入する時に、「軽い、大きくない」を選ぶ基準にしたとしても、実際に満足がいくのかは、教科書を入れて登下校してみないとわかりませんね。

 

ここでは、実際にあるランドセルを背負う時に、できるだけ軽く感じる簡単な調整について紹介します。

 

A4フラットファイルのランドセルの重さ

 

クラリーノのような人工皮革で1,200g前後、牛革やコードバンのような自然皮革で1,350〜1,500g程。

 

1,500g程度だと、ランドセルを持って重いと感じても背負って重いというわけでもありません。

 

実際には教科書を入れて背負うことになるので、ランドセルだけの重さをあれこれ言ってみても実際的ではありません。今のランドセルは体にフィットするように工夫されています。

 

ですから、ランドセルそのものの重さだけで判断するのでなく、わが子が教科書を入れて背負った時に軽く感じることが大事です。

 

空のランドセルを手に持って重いと感じても、背負ってしまえば1,500gだって重くはありません。

 

体にフィットするための簡単な方法

 

ランドセルは購入したらそのまま使っても良いのですが、もし子供が重いと言ったり、少しでも軽く背負わせたいと考えたとき、次の事を参考にして下さい。

 

 

1.ランドセルと背中のすき間を無くす

 

とても簡単です。次の画像を見て下さい。

 

肩ベルトの長さを調整してランドセルと背中の間にすき間が無いように調整します。

 

ランドセルを背負う時にすき間がないように調整するだけで随分軽くなります。

 

このときに背カンが左右に広がらないタイプだと、非常に背負いにくくなります。

 

そのためにも背カンは左右に広がるものを選びましょう。

 

 

すき間があると斜め後ろに引っ張られ重く感じ、猫背になる

 

もし背中との間にすき間があると、ランドセルは腰に当たりますね。

 

すると当たっている腰を中心に斜め後ろにランドセルが回転する力が働きます。

 

そうなると、3kgのランドセルが回転する力は案外大きいのです。斜め後ろに後ろに上体が引っ張られるのでとても重く感じます。

 

その時力の無い子供は、前かがみになって後ろに引っ張る力に負けまいとします。

 

子供の悪い姿勢として問題となっている「前かがみ」「猫背」。

 

これはランドセルと背中の間にすき間があることが一つの原因かも知れません。

 

このすき間をなくすように調整しますが、窮屈すぎないようにしましょう。

 

背カンが左右に開くタイプだととても着脱が楽です。

 

参考)子供の姿勢の悪さとランドセル

 

すき間が無いとランドセルの重さは真下にかかるので軽い

 

ランドセルの調整

調整すると画像のように、ランドセルの重さは垂直に降ります。

 

子供は後ろに引っ張られないため、背筋をまっすぐにして良い姿勢でランドセルを背負えます。

 

当たり前のことと思わず、是非一度チェックしてみて下さい。

 

 

 

 

 

2.ランドセルの肩ベルトが細かな調整ができるかチェック

 

肩ベルトの長さの調節をしないと体にフィットしません。

 

そのためには肩ベルトが比較的細かく長さ調整できるようになっているかを確認してください。穴と穴の間が何センチ刻みになっているかということです。

 

この点優れているのは肩ベルトに穴をあけるのでなく、自由に調整が効くし、背負った後に調整ができるタイプだと大きなメリットと言えます。

 

しかし現在は殆ど売られていません。現実的には、肩ベルトの穴と穴の距離が問題になります。

 

調整する穴の数は7〜8コ。穴と穴の間隔はどちらも約3.4cm程度が標準です。これ以上狭いと耐久性の問題が起こり、広いとピッタリフィットしないかも知れません。注意してください。

 

 

3.重い荷物はなるべく背中に近くに入れる

 

重いものは背中近くに入れると軽く感じる

 

↑重いもの(例えば辞書など)をランドセルのメインポケットの中の背中に近い部分に入れると、背負って軽く感じるコツになります。

 

重いものは背中から離して入れると重く感じる

 

↑もし、背中から遠くに重い物をいれてしまうと、背中から離れた距離だけ下に回転する大きな力が働くので、とても重く感じてしまいます。

 

 

4.重いものはなるべくランドセルの上の方に置く

 

重いものはランドセルの上に置くと軽く感じる

 

↑重いもの背負う時には、なるべく重いものを上に置くほうが軽く感じます。

 

3.と併せて考えると、重いものは背中になるべく近く、そして上に置くということです。

 

重いものはランドセルの下に置くと重く感じる

 

もし重いものをランドセルの下、それも体から離してしまうと、肩から重い物の距離が体を後ろに引っ張ったり、重いものがランドセルの中で動いてしまうと、体をブラブラ揺らす力として働いてしまいます。

 

 

鞄工房山本

鞄工房山本では肩ベルトの取り付け位置が少し高めになっています。

 

これはランドセルの重心を上に置くことで、なるべく軽く感じる工夫です。

 

このことが比較的重い素材の自然皮革でも、軽く感じる工夫の一つです。

 

5.ランドセルの中で教科書などがずれないようにする

 

ランドセルの中に入れる教科書などが少ない時、隙間が空いていると教科書がずれて不安定になることがあります。

 

そういうとき、中にタオルを入れてずれない工夫をすると不安定さや重さは感じません。

 

キッズアミバッグ 

 

キッズアミでは、ランドセル内の整理と、教科書等がずれないための道具として、「キッズアミバッグ」を揃えています。

 

まとめ

 

購入したランドセルをそのまま使うのではなく、こういった工夫はどのランドセルにも共通して使える方法です。

 

買ったまま使うよりも、子供が背負いやすいように工夫する発想をしましょう。

 

 

ランドセルが軽く感じるように調整する関連ページ

ランドセル選びのポイント2018年度
ランドセルの選び方にはいくつかのポイントがあります。A4フィル対応をどうするか、重さ、素材、背負い安さなど色々なポイントについて解説しています。
ラン活2017年度を調査しました
ラン活2017年度とは2017年度(2016年)にランドセルを購入した活動のことです。2017年度に購入した時期の調査、ランドセル価格、ランドセル購入でお金を出した人、何処で購入したのかなどについての調査結果の情報です。
ランドセルの部分の名称と機能
ランドセルの部分の名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
ランドセルの平均購入価格が高くなっている理由
ランドセルの平均購入価格がここ数年高くなっていますが、その理由は色々ですが、それでも購入できるのは子供の数が少なくなっているので、一人の子に使える金額が増えていることと、ゆとりのある年金世代の祖父母の存在があります。
ランドセル詐欺サイトに注意2017年度
ランドセル選びで注意したいランドセル詐欺。インターネット上の詐欺サイトの見分け方、、引っかからないポイントについて紹介します。また粗悪なランドセルを送ってくるという詐欺すれすれのネット販売店もあるので注意しましょう。
格安ランドセルを購入した人の口コミ
格安ランドセルを購入した人の口コミを調べてみました。同じランドセルに対して満足している人がいるかと思うと、厳しい意見を述べてる人もいて様々です。ランドセル選びで格安のランドセルを候補に挙げた時に参考になるでしょう。
傷がつきにくいランドセルを選ぶメリット
傷のつきにくいランドセルを選ぶメリット。人工皮革であっても自然皮革でも6年間新品同様に使えれば理想です。ただ子供たちは遊ぶことで成長する時期でもあるので、下校途中で突然ランドセルを投げたり、上に座ったりといったことがあります。傷がついても自然の風合いになる牛革や人工皮革であっても傷がつきにくい素材を選ぶことで、綺麗に使えるランドセルを選びましょう。
母と子がランドセル選びで重視するポイント
母と子がランドセル選びで重視するポイントが違うことは良くある事です。そういう時どう考えたらよいのか一つの考え方を提示するので参考にしてください。
子供の姿勢の悪さとランドセル
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
ランドセル格安販売サイトの中に紛れてる怪しいサイト
ランドセル格安販売サイトの中には怪しいサイトもあります。ランドセルが格安でできるという触れ込みで誘導して、販売詐欺やクレジットカード番号を盗む目的の海外サイトの情報です。
ランドセルとバックパックは子供の姿勢への負担が違う
ランドセルとバックパックでは子供の姿勢に与える負担が違います。ランドセルはバックパックに比べ子供へ負担がないように作ってあります。最近バックパックが子供たちの姿勢や首などに与える負担が問題となっています。
2015年度のランドセル購入状況を参考にしたい
2015年度のランドセル購入状況はランドセル購入の参考になります。。選び方に迷っているお母さんは是非昨年の購入状況を参考にしてみて下さい。
人気のあるランドセルの色とデザインの選び方
ランドセル選びでは色とデザインが重要視されています。どんな色とデザインに人気が集まっているのかまとめたので参考にしてください。。
人気のランドセルのデザインは実に豊富です
人気ランドセルのデザインは実に豊富なのでランドセル選びの一つの参考になります。多くの人に支持されているということで選ぶときの基準と考えていいでしょう。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイント
ランドセルの重さについては誤解があるようです。一般に思われてるほど軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いのですから丈夫で軽いランドセルはなかなか無いと思ったほうが良いでしょう。
ランドセルは軽ければ良い?
ランドセルは軽いほど良いと考えてるとしたら思い込みです。理由の一つは軽いランドセルの中には耐久性が犠牲になっている物が多いという事実です。折角のランドセルが途中で壊れたのでは話になりません。
ランドセルの中に入れる教科書を含めた重さを考えてみた
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
ランドセルはA4クリアファイル対応を選べば十分ですか
ランドセルのA4クリアファイル対応について。2015年頃まではA4クリアファイル対応は大きすぎると言われてたのに今では当たり前。2016年度からはA4フラットファイル対応が増えてきてます。A4ファイル対応をどう考えたら良いのかをお伝えします。
スクエア型(キューブ型)は内容量が大きいのでおすすめ?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセルがあります
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
ロッカーにランドセルが入るのか具体的なチェック方法
ロッカーにランドセルが入るかどうかの具体的なチェック方法です。せっかく購入したランドセルがロッカーに入らなかったら最悪です。ロッカーに入るかどうかのチェック法を参考にしてください。
人気のランドセルが汚れや素材での失敗例
ランドセル選びで失敗だった点について色々なケースを調べてみました。ランドセル選びを成功させるための参考にしてくださいね。
ランドセルが破損したり修理ができない失敗例
ランドセルの破損の例や購入の失敗例を紹介しています。破損は多くはないのですが、高価なランドセルだからこそ失敗の無い購入を成功させるために役立てください。
ランドセルを購入後起こった思いがけないこと
ランドセル購入して思わぬ出来事があったケースについて。誰でもこんなことがあり得るので覚えておいた方が良いですよ。
ランドセルの1週間以内の返品・交換の具体例
ランドセルは購入してから1週間以内の返品・交換が原則です。具体例を参考にしてみて下さい。
コードバンのランドセルは傷つきやすいですか
コードバンは自然皮革の高価な素材です。コードバンのランドセルは傷つきやすいのか傷に強いのかについての情報です。
ランドセルを安く購入する
ランドセルを安く購入するためのヒントを紹介します。ランドセルメーカーによっては店舗とインターネットで価格が違います。アウトレット販売をもあるので、いかに安く買うか、安く買ったけれど失敗だった事もあります。
ランドセル選びと防犯について
ランドセルを選ぶ時に防犯を意識していますか。ランドセルにどれだけ防犯機能が盛り込まれているかはメーカーによってかなり違いがあります。安全な登下校が大事な事です。参考にしてください。
ランドセルのOEM
ランドセルのOEMを知っていますか。人気のあるランドセルメーカーはデパートなどの依頼で自社の工場で〇〇百貨店モデルを製作するランドセルの事です。意外と多いOEM生産について紹介します。
ランドセルは自動ロック機能は必要ですか?
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。
人気のあるランドセルの購入時期
ランドセルの購入時期をいつにしたら良いかと悩むお母さんは多いようです。何故なら欲しいランドセルが売り切れてしまうと困るからです。そのあたりの事情をまとめてみました。
ランドセル販売開始の状況2016~2017
2016年度のランドセルの販売開始の状況をお伝えします。ランドセル購入の時期の参考になるでしょう。
ランドセルカバーを着ける・着けない?その理由は何
ランドセルのカバーは必要でしょうか。1年生になると交通事故から子供を守るために1年間は黄色のカバーをかけます。雨やホコリからランドセルを保護する などの目的があります。
人気ランドセルの口コミと体験談
ランドセルの口コミには良いものと悪いものに幅があります。良いランドセルでも100%の人が高評価をするわけではありません。口コミが悪くても気にする必要がない場合も沢山あります。
2015年ランドセルのラインナップの概略
2015年ランドセルのラインナップの概略。2015年にはどんなランドセルがあるのかを伝えるので、ランドセル選びのの参考にしてください。