このエントリーをはてなブックマークに追加 

人気のランドセルのデザインとカラーは実に豊富 | 失敗しないために整理してみた

ランドセルの種類はとても多くてデザインも豊富です。最近は大人の間にまでランドセルが流行の兆しを見せてます。
 
画像のようあ個性的なデザインのランドセルもたくさんありますが、ランドセル選びしやすいようにランドセルのデザインを整理してみます。

 

ランドセルのデザインの分類

デザインは色々分類できます。
 

  1. 型で分類:学習院型、キューブ型、半かぶせ型、横型、縦型など
  2. 刺繍・形で分類:ハート、ティアラ、騎士、無刺繍
  3. 革のモチーフ:鞄工房山本は刺繍ではなく切り抜いた革のモチーフを縫い付けている。

 
またランドセルの形が全て同じメーカーと違う形のモデルを製作しているメーカーとがあります。

  1. 全てが同じ形:土屋鞄、中村鞄、カバンのフジタ、池田屋など工房系の大多数
  2. 違う形のランドセルを製造:キッズアミ、ララちゃん、セイバン、フィットちゃん、

 

型で分類

学習院型

学習院型ランドセル

 

90%のランドセルが学習院型です。大マチと背当てを縫い合わせているので、ヘリが少し出っ張ているので判断できます。
 
ヘリがあるため、強度が増し、ロッカーの出し入れで傷がつきにくいメリットがあります。
 
デメリット:キューブ型に比べて容量が少し少ないし、やや大きく見える。
 

ーブ型

キューブ型
写真はキューブ型。ヘリが無いので容量が大きくて外観は小さく見える。
 
カバンのフジタは全てキューブ型で型くずれしにくい対策がしてある。
 

半かぶせ

半かぶせ

 

カブセが7分程度の長さ。教科書が出し入れしやすいというメリットがある。
 
デメリット:カブセと本体の間に物がはさみにくい。(殆どがキューブ型です。)

 

 

横型

横型

 

横型ランドセルは珍しいですが、見た目ほど大きくなく可愛らしい。
 
キューブ型なので容量も大きい。画像はキッズ・アミのもので重さは1,000gととても軽い。
 

縦型

半かぶせ

 

横型に対して、半かぶせを縦型と呼ぶことがある。
 
学習院型も、普通のキューブ型も全てキューブ型。
 

 

刺繍や形

フィットちゃんのハート ハートの刺繍 
ハートの刺繍背当てのハートの刺繍

アラ

ティアラの刺繍ティアラの刺繍

バラ

バラの刺繍バラの刺繍 バラの刺繍

リボン

リボンの形

盾の刺繍

その他

花の刺繍雪の結晶の刺繍
  

 

次は子供用のユニークなデザインのランドセルです。

 

子供用ランドセル

土屋鞄の子供用のシンプルなランドセル 

 

あの土屋鞄のランドセル。凄くシンプルでお洒落。大人ならこのシンプルさの良さがわかるが、子供はどうだろう。
 
ヌメ革のランドセルなので雨に濡れたら手入れが必要なので親が大変そうだ。
 
大人になって使うこともできそうなデザインだ。
 
65,000円

LIRICOが作るどくろマークの小学生用ランドセル 

 

LIRICOが出しているランドセルだが、流石にここまでやるかという感じ。小学校1年生が背負うには余りに荷が重くないか?大人が背負った方が様になる。

 

メゾピアノの少し大人っぽい小学生用ランドセル 

 

メゾピアノの大人っぽい色とデザイン。派手な模様だけれど抑え目な色が全体を大人しくまとめている。思うに大人の女性が背負っても似合う。

 

カブセにリボンが着いたランドセル 

かぶせにリボンが着いてしまった。ここまでやる?可愛らしさを追究するあまり立体的なデザインを取り入れてきた。
かぶせが何かにあたってリボンを変形させないようにちゅいが必要。
 
高島屋オリジナルのランドセル。
 

不思議の国のアリスが刺繍してあるランドセル 

 

アリスランドセルのアリスが刺繍してある。
ティアラやハートに負けじとアリスを登場させた。可愛いけれど、5年生ぐらいになると恥ずかしくなるのではと心配。

カブセのギザギザはセンスが問われるランドセル 

 

カブセの周囲に出ているギザギザはリボンです。メゾピアノのヴェルニリボンランドセル。
 
おそらくリボンは濡れても大丈夫な素材からできているはず。
 
デザインも思いがけないものが沢山出てきて見るには楽しいです。

 

 

カブセの刺繍がとても賑やかなランドセル 

 

ランドセルの見た目はカブセで決まるので、デザインも様々。
 
シンプルな模様がいいか、このかぶせのように、沢山可愛らしい模様が入っている方が良いか、判断が分かれるところです。
 
因みに私はシンプルなデザインが好き。例えば鞄工房山本のコスモスのデザインは良くできている。

 

海外では日本のランドセルをお土産に買って帰るのが観光客の間で流行っています。主には台湾と中国の観光客が中心ですが、日本のランドセルは世界中に広まって行きそうな勢いがあります。

 

ここでは人気があるのはあるけれどランドセルのちょっと変わったデザインを紹介します。

 

大人が使うランドセル

大人用のランドセルタイプのバッグ 

 

 

大人も愛用するが、小学校1年生も使っています。なかなか渋くてカッコ良いので6年間だけでなくて、大人になっても使えるので、多少高くてもかなりお得ですよね。

 

 

イタリア製のランドセルは大人用 

 

 

イタリア製ランドセル。バンビーノバンビーノ
88,000円もしますが大人用ですね。

帆布で作った大人用ランドセル 

 

広島県尾道市の彩工房が作っている、帆布で作ったランドセル。これはお洒落です。子供の背負えるデザインですね。雨に濡らさないようにしないといけません。

 

 

 

小学生用ランドセルに少し手を加えると大人用に変わる 

 

悪戯堂の出した大人用ランドセル。構造を見ると小学生用のランドセルに少し手を加えただけに見える。
 
これなあら帆布のランドセルの方が個性的だ。
 

イタリア製のランドセルは高いけどかっこいい 

 

イタリア製のランドセル。シルバーとデザインがまっちしていてお洒落。88,000円するがこれなら惜しくないほどの恰好良さ。
 
牛革とビニールでできていて1.4sと軽い。

 

 

 

先輩ママ達はランドセルの色とデザインをどのように選んでいるか?

 

ランドセルを選ぶ時に色とデザインは重要な要素です。
 
実際に「ランドセルを選ぶ時に一番重視したのは

 

子供が

  • 「色70.8%」
  • 「デザイン23%」

 

であるのに対して、

 

親は

  • 「軽さ22.3%」
  • 「色15.7%」
  • 「収納・機能15.7%」

 

のように、親と子供の重要視したポイントを比較すると一致しません。

 

これが子供と親の意見がぶつかる要素でもあります。(*>これは2014年7月の記事ですからそれ以前に購入した人からの調査です。2017年度では親は子供の子のみを尊重する傾向が非常に強い結果が出ています。)

 

2019年度は、親がランドセルメーカーを決め、そのメーカーのブランドランドセルの中から子供の好きなデザインやカラーを選ばせることが多いです。

 

さらに最も重視するのは「丈夫さ」であり、ランドセルを使ってからは「色やデザイン」の比重は軽くなり丈夫さはもちろん、容量(収納力)背負って軽い機能をもっと重視すればよかったと後悔しているお母さんが多いようです。

 

子供と家族が衝突する要素

例えば次のように子と親を比較すると、好みが違います。親子で良く話し合って決定できれば良いのですが、なかなか一致はしないでしょう。

 

許せる範囲であれば、できるだけ子供の意見を尊重したいところです。2012年の調査では、色については60%以上が子供が選んでいるようです。

 

ただ余りに奇抜な色だったり、高学年になれば飽きる可能性が大きい色だと思えば、「親との折衷案で決める」「将来飽きても買い替えない」「6年間そのランドセルを使い続ける」ことを約束させたいですね。

 

約束を守らせることも大事な教育なのでは?と思います。買い替えないと約束して購入したランドセルであれば、思い切って購入しても良いと思います。

 

子供に人気のある色

  • 女の子:1位フェアリーピンク(薄めのピンク)や2位赤、3位水色。
  • 男の子:1位黒、2位紺、3位青、4位茶 5位緑 6位赤。

親が希望する色

  • 女の子:赤や濃いめのピンク(ビビッドピンク)
  • 男の子:黒

 

はぴはぴさんの調査から購入したランドセルの色がわかります

はぴはぴの調査をお借りして、実際にどんな色のランドセルを購入したか100人の結果を紹介します。(男の子55名、女の子45名)

 

女の子

 

女の子が選ぶランドセルのカラー
他の調査と同じように、女の子の一番人気はピンクです。次は赤、茶です。
黒色も2名いるのも印象的です。最近は女の子の間で黒が静かなブームだそうです。

 

男の子

 

男の子が選ぶランドセルのカラー
男の子は定番の黒と紺が圧倒的に多いです。緑も結構多いのには少し驚きです。シルバーが少数ながらも2名いるのも、印象的ですがあまり見かける事は無いように思います。

 

 

参考)「はぴはぴ」を参考にさせてもらいました。ありがとうございます。
こちらに詳細が載っていますよ。⇒ https://hapihapi.com/?p=421#prettyPhoto

 

 

デザイン性と問題

最近は昔のランドセルと比較すれば、サイドやカブセににハート、リボン、星、ボールなどあしらったものが沢山あります、この子供に好まれているキャラクター物を選ぶ事は良く話し合う事が大事です。

 

というのもキャラクターものは高学年になったときに飽きが来る可能性が高いからです。

 

購入時点では、幼稚園児の好き嫌いなので仕方がないとはいえ、キャラクターものだけは説得させてやめさせましょう。4年生ぐらいになって大人っぽくなってくれば、背負うのが恥ずかしくなり嫌がるか、買い替えて欲くなります。

 

可愛い刺繍の入ったランドセルが女の子に人気ですが、一方で汚れが目立ったりするかもしれないので良く調べましょう。

 

 

人気のランドセルのデザインとカラーは実に豊富 | 失敗しないために整理してみた関連ページ

ランドセル選びのポイント | 丈夫さ軽さ収納力の3つとは?
ランドセルの選び方にはいくつかのポイントがあります。A4フィル対応をどうするか、重さ、素材、背負い安さなど色々なポイントについて解説しています。
ラン活2017年度を調査 | 価格,色,重さ,素材,場所はどうだった?
ラン活2017年度とは2017年度(2016年)にランドセルを購入した活動のことです。2017年度に購入した時期の調査、ランドセル価格、ランドセル購入でお金を出した人、何処で購入したのかなどについての調査結果の情報です。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
ランドセルの平均購入価格が年々高くなっている理由とは?
ランドセルの平均購入価格がここ数年高くなっていますが、その理由は色々ですが、それでも購入できるのは子供の数が少なくなっているので、一人の子に使える金額が増えていることと、ゆとりのある年金世代の祖父母の存在があります。
ランドセル詐欺サイトに注意 | 詐欺を見分ける5つのポイント
ランドセル選びで注意したいランドセル詐欺。インターネット上の詐欺サイトの見分け方、、引っかからないポイントについて紹介します。また粗悪なランドセルを送ってくるという詐欺すれすれのネット販売店もあるので注意しましょう。
ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方
ランドセルが軽く感じるような調整の仕方。買ったランドセルが何だか重く感じてもも、上手く調整すれば背負う心地ちが良くなる事があります。そういった情報をお伝えします。
格安ランドセルを購入した人の口コミ | 短期間ではデメリットに気づかない
格安ランドセルを購入した人の口コミを調べてみました。同じランドセルに対して満足している人がいるかと思うと、厳しい意見を述べてる人もいて様々です。ランドセル選びで格安のランドセルを候補に挙げた時に参考になるでしょう。
傷がつきにくいランドセルを選ぶメリット | 6年間壊れず綺麗に使える
傷のつきにくいランドセルを選ぶメリット。人工皮革であっても自然皮革でも6年間新品同様に使えれば理想です。ただ子供たちは遊ぶことで成長する時期でもあるので、下校途中で突然ランドセルを投げたり、上に座ったりといったことがあります。傷がついても自然の風合いになる牛革や人工皮革であっても傷がつきにくい素材を選ぶことで、綺麗に使えるランドセルを選びましょう。
子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイント
ランドセルの重さについては誤解があるようです。一般に思われてるほど軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いのですから丈夫で軽いランドセルはなかなか無いと思ったほうが良いでしょう。
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
人気のランドセルが汚れや素材での失敗例
ランドセル選びで失敗だった点について色々なケースを調べてみました。ランドセル選びを成功させるための参考にしてくださいね。
ランドセルが破損したり修理ができない失敗例
ランドセルの破損の例や購入の失敗例を紹介しています。破損は多くはないのですが、高価なランドセルだからこそ失敗の無い購入を成功させるために役立てください。
ランドセルを購入後起こった思いがけないこと
ランドセル購入して思わぬ出来事があったケースについて。誰でもこんなことがあり得るので覚えておいた方が良いですよ。
ランドセルの1週間以内の返品・交換の具体例
ランドセルは購入してから1週間以内の返品・交換が原則です。具体例を参考にしてみて下さい。
ランドセルのOEMを知っておくとランドセル選びに迷わない
ランドセルのOEMを知っていますか。人気のあるランドセルメーカーはデパートなどの依頼で自社の工場で〇〇百貨店モデルを製作するランドセルの事です。意外と多いOEM生産について紹介します。
ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。
人気のあるランドセルの購入時期 | 売り切れない内に購入するには
ランドセルの購入時期をいつにしたら良いかと悩むお母さんは多いようです。何故なら欲しいランドセルが売り切れてしまうと困るからです。そのあたりの事情をまとめてみました。
ランドセルカバーを着ける・着けない?その理由は何
ランドセルのカバーは必要でしょうか。1年生になると交通事故から子供を守るために1年間は黄色のカバーをかけます。雨やホコリからランドセルを保護する などの目的があります。