このエントリーをはてなブックマークに追加 

【東京】黒川鞄は厳選した素材で徹底した手作り人気のランドセルを製造

東京銀座 黒革鞄

 

>>黒川鞄工房の詳細を確認する

 

 

2019年4月5日。東京銀座紙パルプ会館11F(最上階)の黒川鞄のショールームに伺いました。

 

慣れない東京、それも銀座のビルにあるということで、近くをしばらくの間探し回ってやっと探し当てたんです。

 

大きなビルの最上階のショールームは豪華で静かで、まるで別世界の雰囲気に入ってよいのか少しためらいました(笑)。

 

黒川鞄は富山県と東京銀座の2箇所だけにショールームがあります。

 

 

紙パルプ会館11Fの東京銀座 黒革鞄
東京銀座 黒川鞄
東京都中央区銀座3-9-11紙パルプ会館11F(最上階)

 

しかしホームページには「東京銀座 黒川鞄では、全ランドセル展示中。ご予約不要、入場無料です。」とあったので安心して扉を開けることができました。

 

スタッフは女性一人。子どもを2人連れた女性客が子どもにランドセルを背負わせていました。色々話しを伺いました。

 

 

今日は黒川鞄のランドセルについて色々伺います。よろしくおねがいします。沢山のランドセルメーカーがある中で黒川鞄の最大の特徴はなんですか?


 

まず天然素材を厳選して使っているところですね。140もの工程で「手縫い」「手作り」を駆使しています。仕上げだけ手縫いの工房とは違って、殆どを手作りで製作しています。

 

そのため年間1万本も製作するような量産系工房とは違って本格的な手作り工房なんです。


挿入

 

黒川鞄の主素材に人工皮革を使ってないんですね。どういった種類のランドセルがあるのか紹介してください。


 

簡単に分類すると次のようになってます。

  • スムース牛革’(A4フラットファイル対応)
  • シボ牛革(A4クリアファイル対応)
  • 匠・日本(主素材コードバン/ブライドルレザー・A4クリアファイル対応)
  • コードバン(A4フラットファイル対応A4クリアファイル対応の両方)
  • その他(机・椅子)

 

A4クリアファイル対応ランドセルが案外多いのも特徴の一つになります。

 


 

工房系のランドセルは重いという定評がありますが、黒川鞄はどうですか?


 

総コードバン

 

総コードバンは1,580g、シボ牛革ベーシックは1,380gといった重さです。重いと良く言われるんですが、昔の牛革ランドセルは1,700gもあったんです。

 

背負う機能が発達しているので、黒川鞄は背負うと軽く感じるランドセルと言えます。

 

黒川鞄はシンプルなデザイン 

 

また、デザインは刺繍のないシンプルなものにしています。


 

このシボ感たっぷりのカブセは他では見たことがありませんね。

 

シボ感が強い牛革ランドセル 


 

牛革はスムースとシボの両方を使っています。このランドセルはシボ感をかなり出していて人気があります。技術的に難しいコードバンの艶あり加工も、黒川鞄の技術の高さを示すものです。

 

コードバンも技術的に難しい艶あり加工ができるのも黒川鞄の良いところだと思います。

 

コードバンプレミアム 


 

そういった技術的なレベルの高さは、一般の顧客にはわかりませんが、天然素材のランドセルを購入する以上は知っておいた方がいいですね。

 

ところで背カンは金属ですね。
金属背カン 


 

背カンにプラスティックを使っているメーカーが多いんですが、耐久性を考えて金属の背カンを採用していて、この背カンの左右に開く機能がランドセルを軽く感じる秘密です。


 

ところでA4サイズはクリアファイル対応ですか?フラットファイル対応ですか?


 

黒川鞄には両方を用意しています。A4クリアファイル対応の方が多いのは、A4フラットファイルを使うことは多くないからです。

 

実際にはA4フラットファイルを使うとしても、始業式や修了式の時だけだったりする事の方が多いんですよ。


 

良くわかりました。A4サイズについては色々な考え方があるので結論は出ないものなんですね。本日はありがとうござました。


 

こちらこそありがとうござました。


まとめ

  • 黒川鞄工房はほんとうの意味での少ない本数を手作りするランドセル工房。
  • 工房系に多いやっとA4クリアファイル対応のみからA4フラットファイル対応も製造。

 

【東京】黒川鞄は厳選した素材で徹底した手作り人気のランドセルを製造関連ページ

東京都内にある人気ランドセルの店舗 | 実際にチェックしてランドセルを選ぶ
ランドセルを東京都内で探す時に、どこにどんなランドセルのショールームや販売店舗があるのかについての情報がまとまっていないので困ります。 そこで専門系、工房系、百貨店、総合スーパーなどのランドセル店舗についてまとめてみました。
【東京】村瀬鞄行渋谷店で徹底した仕事ぶりについて伺いました
村瀬鞄行は名古屋に本店のある工房です。東京渋谷にあるショールームで村瀬鞄行の製作のポリシーを聞き、実際にランドセルを見て触ってきました。正直いって村瀬鞄行のランドセルはデザイン的にお洒落でも天然皮革は重いです。それは丈夫で高度な防水機能や背負いやすランドセルを追求した結果です。もちろん軽いモデルもあるなど幅広いモデルを揃えています。実際にお聞きした話を紹介します。
【東京】中村鞄は今大人気のランドセルメーカー。ショールームを訪問してきました。
中村鞄は一番背負いやすいランドセルと自負している工房系のランドセルメーカーです。お店は工房とショールームを兼ねていて東京の足立区一箇所しかありません。今回はショールームに伺って中村鞄製作所の取り組みについて聞いてきたので紹介します
【広島】土屋鞄は工芸的作品を製作 | 広島・童具店実際に調査しました
土屋鞄は工房系ランドセルのシェアの8割を占める大手です。これまでA4クリアファイル対応のランドセルのみの製造でしたが、2018年度に販売不振に陥り2019年度に急遽A4フラットファイル対応に変更しました。とても性能の良いランドセルなのでこれからの売れ行きが期待できます。
【東京】池田屋ランドセルは子ども思いを徹底?実際に確かめました。
池田屋ランドセルの方針は「子ども思い」。背負う子供の立場からランドセル作りをしています。手荒に使われることを大前提に壊れない、痛くない、体にフィットするランドセル。もし子供がわざと壊したとしても、6年の間無料修理が受けられるので安心して購入出来ます。
【東京】フィットちゃん八重洲ショールームで全てのランドセルを調査してきた
フィットちゃん八重洲ショールームを訪問して、パステルガール、べっぴんさん、ハンサムボーイDXや牛革やコードバンなどの新作ランドセルの紹介をしてもらいました。
【名古屋】セイバン栄店の2019年度に売れたランドセル状況 | 名古屋の興味深い特殊事情
セイバン栄店で店長様とセイバンの広報の方に2019年度の販売状況をお聞きしました。名古屋では5月の連休が販売のピークという点が他の地域とは違いました。また誰がランドセルを決めるのかについても大阪と東京との間くらいの決め方というのが興味深かったですね。