このエントリーをはてなブックマークに追加 

高価で高品質なランドセルほど重い傾向があります

ランドセルアドバイザーKUMIKO

 

 

 

ランドセルを選ぶときに重視する「一番のポイントはカラー」とする傾向が強くなっています。ただ、購入後の反省としては「丈夫さ」をもっと重視したかったという事もあるようです。

 

この記事では、ランドセル選びの重要ポイント、価格と重さとの関係をブランド間で比較しました。

 

 

結論から書くと、高価なランドセルは重い傾向があるという当たり前とも言える結果です。ブランド間でも違いがあるので、比較すればその違いが読み取れます。

 

高価なランドセルはなぜ重いか?

 

  • 信頼できるパーツは丈夫で重い傾向がある
  • 丈夫で傷のつきにくい素材は重くて品質が高い。
  • 天然皮革は高価で重い
  • 素材となる革が厚いので重い(丈夫)
  • 防水対策をすることで重くなる
  • しっかりした金属を使っている
  • 豪華な刺繍など入れると重くなる

 

 

牛革やコードバンだけでなく、クラリーノのような人工皮革も耐久性のあるものほど重くなります。

 

高級素材のランドセルは重くて価格も高いという結果になります。大まかな言い方ですが、右肩上がりの楕円になっているので、価格と重さは正の相関関係にあります。

 

参考記事)重さ別に見たランドセルの分類
個々のランドセルでは必ずしもそうなってないこともありますが、大まかにはどのブランドでもそうです。(鞄工房山本はまだ価格がわからないので外しています。)

 

 

価格と重さの関係を見てみましょう。

ランドセルの重さと価格の関係

 

青いマークが「フィットちゃん」赤いマークが「天使のはね」、黄色が「萬勇鞄」です。女の子のランドセルをグラフにしました。男の子の場合もほぼ同じになります。

 

それぞれのランドセルがおおよそどのあたりにあるのか、見づらいかも知れませんが大雑把にみて下さい。

 

素材別にみたランドセル価格の高い安い

人工皮革

人工皮革では、フィットちゃんのコストパフォーマンスが高いです。ララちゃんランドセルも、安価でカラーもデザインも可愛いランドセルです。

 

フィットちゃん(青いマーク)がグラフに点在する位置を見ると、「軽い」、「価格が幅広い」ことが読み取れます。(フィットちゃんのこの価格は一般の店頭のものです。)

 

牛革

牛革では、上にも書きましたが「モギカバン」が高品質なのに安いといえます。

 

フィットちゃんランドセルは、ショールームとネットでの購入に限って店頭価格よりも5,000円〜1万円ほど安くなります。するとフィットちゃんの青いマークは更に左に寄るので、ネット購入はかなり割安になります。セイバンの天使のはねも2019年度は11月5日までネット購入のみ10%オフで割安に入手できますよ。

 

 

非常にコストパフォーマンスが良いです。フィットちゃんが総合人気ランキング1位の一つの理由が理解できます。セイバンもそれに迫りそうです。フィットちゃんを価格で選ぶ

 

 

 

 

 

重さについてどう見るか?

 

萬勇鞄が比較的重いのは、素材が自然皮革が中心なので仕方ないところです。グラフ上では萬勇鞄の人工皮革もわずかに重い。

 

1,200gあるいは1,250gあります。これは萬勇鞄のランドセルの容量がかなり大きいことが重いことに関係しています。丈夫さの裏返しでもあります。

 

フィットちゃんにはA4フラットファイル対応の中にも1,040gという軽量から1,230gのものまで幅があります。

 

萬勇鞄は大容量なので多少重くても多くの荷物を収納でき、両手をフリーにしやすいので安全上も有利になります。2016年の時点では、私なら迷わず萬勇鞄を選びます。

 

天使のはねには牛革やコードバンのランドセルがあります。天使のはねの天然皮革の重さは萬勇鞄より若干軽いですが天使のはねの自然皮革(HOMARE)の価格は萬勇鞄と比較すれば高額です。

 

各メーカーのランドセルの価格を素材別に比較しました

 

まず、ランドセルメーカー別、素材別にランドセルの価格lを比較しやすいように、表を作ったので載せてみます。参考にしてください。

 

 

ランドセルの価格を比較する 

人工皮革フィットちゃんの価格幅が一番広いことがわかりますね。安いラドセルもありますが、高価なランドセルもあります。

 

ララちゃんランドセルは比較的安価だとわかります。

 

牛革のランドセルはモギカバンが割安であることがよく分かりますね。

 

モギカバンの牛革の品質は、スムースという高品質の牛革を使っていて色も深みがあるので、ほんとうの意味のお買い得でしょう。

 

価格を比較する時は、モギカバンのように、素材の品質かどうかを比べてください。そこまで比較しないと価格が高い低いは単純には比べられません。

 

品質が悪いのに高いものを選ばないようにしてください。

 

 

 

高価で高品質なランドセルほど重い傾向があります関連ページ

人気のランドセルを徹底比較2019
人気のあるランドセルから選ぼうと思っても、さて何が違うのか良くわからないものです。他のブランドとの比較のポイントが分からなければ比較しよいうがありませんね。そこについて分かりやすくまとめてあります。
肩ベルト比較〜案外後悔しがちな盲点ですよ
肩ベルト比較。肩ベルトには余り意識されない重要なポイントがあります。肩ベルトの比較からランドセル選びのヒントを得て下さい。
肩ベルトでチェックしたい忘れがちな事
ランドセルは肩ベルトも比較して選ぶ事が必要です。肩ベルトの何処をチェックしたら良いのか、案外忘れてしまう肩ベルトの長さについて説明しています。
背カンには3つのタイプがある
背カンの3つのタイプを説明しています。背カンはランドセルの背負い心地を左右するものです。理解してランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きを動画で比較
背カン~連動型と非連動型の動きを動画で比較しました。連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを理解し背カンのタイプと背負い安さを理解しましょう。
背カンのランドセルメーカー比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ壊れやすい、髪を挟むという2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。
ランドセルの容量を比較
人気ランドセルの容量を比較。ランドセルの容量次第では子供たちは手提げ袋を持つ必要がありません。安全な通学のためにも容量の大きなランドセルから選ぶ事をおすすめします。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安さを全体のバランスで比較する
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
フィットちゃんと天使のはねランドセル比較
フィットちゃんと天使のはねはライバルメーカーです。2つのランドセルの背負いやすさを比較。背負いやすいランドセルは軽く感る特徴があります。フィットちゃんと天使のはね、どちらに軍配が上がったでしょう。
カブセの鋲を比較
ランドセルのカブセの鋲の比較です。カブセの鋲はアクセントだけでなく、デザインとしても重要です。車のライトを反射する機能も持っており、色々と工夫された特長のある鋲を比較しています。
天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見
天然皮革とクラリーノに関するママ達の意見です。専門家の意見も貴重ですが、ランドセルを購入する側のママ達が天然皮革とクラリーノをどう評価しているのか気になりませんか。。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の比較が重要です。
ランドセルの選び方・ポイントのまとめと比較
ランドセルの選び方・ポイントをまとめて比較しました。ランドセルを選ぶ時の条件にはいくつかのポイントがあることをを理解してくださいね。
ランドセルの修理の6年保証を比較しました
ランドセル修理の6年保証の内容についてメーカーの違いと特徴を比較しています。万が一ランドセルが故障した時にどのような流れで修理依頼するのか、保証内容がメーカーによってどう違うのか知っておきましょう。
公式サイトのコンテンツを比較する
ランドセルメーカーの公式サイトのホームページを比較してどこが使いやすいかどうかを分析しました。訪問者が利用しやすいコンテンツになっているのかどうかはメーカーの姿勢を表していると考えています。