このエントリーをはてなブックマークに追加 

天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見 | それぞれの賛成反対意見

ランドセルアドバイザーkumico

 

ママ達からランドセルの素材についてお話を伺うと、色々な考え方があって正解は一つではないことを改めて納得しました。

 

ランドセルの素材には天然皮革を素材とした工房系ランドセルと、クラリーノなどの人工皮革を素材としたランドセルは、量産系のランドセルと呼ばれます。

 

ママ達の色々な話をまとめると、比較的早い時期にランドセルを購入しているママは、工房系の牛革やコードバンのランドセルを高く評価されているようです。

 

天然皮革のランドセルと人工皮革のランドセルを使った理由はそれぞれにそれなりの理由があります。

 

大事なのは、子供の体に合っているということです。子供の体に合っていれば背負えば軽く感じます。

 

人工皮革は牛革に限りなく近づけて作られていて、6年間は壊れることなく十分に使えます。

 

牛革に似ていてしかも軽くて丈夫な人工皮革のランドセル。それなのに敢えて天然皮革のランドセルを使うのはなぜか考えてみたいです。

 

天然皮革のランドセルを選んだ理由

 

体が小さい子に天然皮革のランドセルを選びました

天然皮革ランドセル

小柄で非力な娘さんに本革(天然皮革)のランドセルを購入したママ。

 

小柄なわが子には、合わないクラリーノよりも、体にピッタリする本革を選びました。そのために色々と背負ったみたわけです。

 

その中で背中にぴったりして軽かったのが本革だったので、それを選びました。

 

色も質感も本革が一番お気に入りだったので良かったです。

 

一つのコードバンランドセルを長女・次女で使えた

長女はコードバンの最高級ランドセルをいただき、次女まで引継ぎ合計で11年間コードバンランドセルを使いました。

 

流石に9年目で少しひび割れが入ったり、金具が壊れましたが、200円で修理してもらえました。

 

長男はクラリーノを乱暴に扱いましたが、これまたとても頑丈で壊れる事は無かったです。

 

今の本革は昔の本革よりもかなり良くなっている

娘が本革のランドセルを使っています。昔の本革のランドセルは、重い、濡れると割れるなど困った特徴があったのです。

 

しかし現在は軽く、丈夫で、傷がついたとしても浅くつくぐらいで、昔の本革ランドセルのような引っ掻いた傷や波打つ傷もできません。

 

それよりもコードバンらしい良い感じの色と柔らかさが次第に出てくるので、楽しみの方が大きいです。

 

天然皮革よりも人工皮革を選んだ理由

 

コードバンは傷もつかずに使えたが、重かった。だからクラリーノ素材にしたが、傷もつかずに6年間使えた

人工皮革のランドセル

祖父母にお願いして、軽くて丈夫なクラリーノのランドセルを購入してもらいました。今は5年生ですが、傷らしい傷はありません。

 

私は30年前にコードバンのランドセルを買ってもらいました。

 

その時代は牛革のランドセルは、6年経過するとボロボロになった(現在は新品同様で使える程改良されています。)ものです。

 

それに比べて、コードバンは当時でも6年使っても全く傷も入りませんでした。しかし、コードバンが重い事を考えてクラリーノを選んだんです。

 

本革が嫌でたまらなかったのでワザと潰した

妹がピカピカのクラリーノを買ってもらったのがとてもうらやましかったです。

 

私のは本革でしたが、革の渋さがとても嫌だったので小学3年生の時ワザと潰して、ランドセルを使わなくなりました。

 

天然皮革は殆どが親の好みなので、私としてはクラリーノが良いと思います。

 

 

見た目にこだわる女の子はクラリーノ

大人は牛革が高級で品質も良いというでしょうが、昔、子供心にはピカピカのクラリーノのランドセルが羨ましかった思い出があります。

 

そういう理由で娘にはクラリーノを選びました。今は昔のクラリーノよりもとても軽くなっているのにビックリです。

 

6年間全く手入れしてませんが、傷も無く、型崩れももちろん起こりません。

 

参考)クラリーノの種類とそれぞれの特徴
   牛革とクラリーノを比較して選ぶヒント

 

天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見 | それぞれの賛成反対意見関連ページ

人気のランドセルを丈夫さ,軽さ,容量で徹底比較2020
人気のあるランドセルから選ぼうと思っても、さて何が違うのか良くわからないものです。他のブランドとの比較のポイントが分からなければ比較しよいうがありませんね。そこについて分かりやすくまとめてあります。
ランドセルの修理の6年保証を比較 | メーカーで違いがあるんです
ランドセル修理の6年保証の内容についてメーカーの違いと特徴を比較しています。万が一ランドセルが故障した時にどのような流れで修理依頼するのか、保証内容がメーカーによってどう違うのか知っておきましょう。
ランドセルの肩ベルトの長さと痛み〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルトの長さが短くないでしょうか?痛みはないでしょうか?購入前に確認が必要です。各メーカーの人気ランドセルの肩ベルトの長さを比較してみました。肩ベルトの痛みは何が原因なのか、その対策はどうすれば良いのか。この記事をチェックして後悔しないランドセル選びをしましょう。
背カンの3つのタイプと背負う機能の違い | 固定型,左右連動型,非連動型の比較
背カンの3つのタイプ固定型,左右連動型,非連動型は背負う機能に違いがあります。背カンの違いでランドセルを背負いやすくしたり、体感重量を軽くしたり、背負い心地ものにだけ左右する重要なものなので、ランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いを動画で比較しました
背カン~連動型と非連動型の動きを動画で比較しました。連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを理解し背カンのタイプと背負い安さを理解しましょう。
背カンのランドセルメーカー比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)を比較ランキング
ランドセルの容量はメインやサブのポケットの横幅ではなくマチ幅が決定することを説明しています。それに基づいて人気ランドセルの容量比較ランキングを紹介。今後学習指導要領の改訂で更にランドセルの容量が必要になります。手提げ袋にたくさんの荷物を入れて辛い登校をしなくてすむには大容量のランドセルを上手に利用しましょう。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安いランドセル比較 | ランドセルの背負う機能のポイント
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
フィットちゃんと天使のはねのランドセルを比較
フィットちゃんと天使のはねはライバルメーカーです。2つのランドセルの背負いやすさを比較。背負いやすいランドセルは軽く感る特徴があります。フィットちゃんと天使のはね、どちらに軍配が上がったでしょう。
カブセの鋲を比較 | ランドセルメーカーによる鋲の違いを比較
ランドセルのカブセの鋲の比較です。カブセの鋲はアクセントだけでなく、デザインとしても重要です。車のライトを反射する機能も持っており、色々と工夫された特長のある鋲を比較しています。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズ比較
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の比較が重要です。
ランドセルの選び方・ポイントのまとめと比較
ランドセルの選び方・ポイントをまとめて比較しました。ランドセルを選ぶ時の条件にはいくつかのポイントがあることをを理解してくださいね。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。