このエントリーをはてなブックマークに追加 

ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズ比較

メインポケットの横幅を比較する

ランドセルを選ぶときに、A4サイズの書類や本が入ることが必要条件です。メインポケット(教科書を入れる大きなポケット)の横幅で入る入らないが決まる。

 

このときA4サイズには3つのサイズがあるので、特に、アウトレット・型落ちランドセル購入で失敗しないように区別しましょう。区別できないと、「A4ファイル対応」をA4フラットファイル対応していると勘違いしたまま購入する失敗につながります。

 

アウトレットランドセルをチェックする

 

参考までに2019年度のフィットちゃんの公式サイトにあるアウトレットランドセルをチェックししてみます。

 

あい・愛ティアラ パールカラーA4クリアファイル収納サイズ(17年度モデル)
 

あい・愛ティアラ パールカラーA4クリアファイル収納サイズ(17年度モデル)

 

通常販売価格50,000円(税込)
WEB販売価格27,000円(税込)

 

 

ロイヤルローズ パールカラーA4クリアファイル収納サイズ(17年度モデル)

 

ロイヤルローズ パールカラーA4クリアファイル収納サイズ(17年度モデル)アウトレットランドセル

 

通常販売価格64,500円(税込)
WEB販売価格37,800円(税込)

 

両方のランドセルはかなり安いし、品質も申し分ないので(フィットちゃんだからです)、心動くことでしょう。

 

ほとんどの方はわかっていると思いますが、念のために次のポイントをあげておきます。

 

  • 17年度は2016年のランドセルということ
  • A4クリアファイル対応だから標準のA4フラットファイル(横幅230MM)を入れるとたわみます。

これらを承知の上で購入するのなら、それはそれで構わないと思います。ただし容量が小さい(大マチ幅110MM)ので、荷物は余り入らない事には目をつむることになります。

 

A4クリアファイル対応ランドセルの内寸

 

フィットちゃんアウトレットランドセル

 

3種類のA4サイズ

 

 

A4用紙サイズが入るランドセル

 

 

 

A4用紙のサイズ横幅210mm×縦297mm

 

このサイズのランドセルにA4クリアファイル(横幅220mm×縦310mm)を入れてしまっては、A4クリアファイルの縦が折れ曲がってしまいます。

 

型落ちランドセルを購入するとこのタイプが多いので要注意です。

 

A4クリアファイルが入るサイズのランドセル

 

 

A4クリアファイルのサイズ:横220mm×縦310mm

 

A4フラットファイルをA4クリアファイル対応ランドセル位入れてみるとたわむ

 

このランドセルはA4クリアファイル対応のサイズなので、A4フラットファイルはたわみます。A4フラットファイルはA4クリアファイルに比べて、幅が10o広いからです。

 

A4クリアファイル対応ランドセルにA4フラットファイルが入らないわけではありませんが、大マチの部分が外に膨れます。。(A4フラットファイルのSサイズなら「たわまずに」入ります。)

 

 

A4用紙とA4クリアファイルを重ねて幅と高さの違いをチェックしてみた

 

参考までにA4用紙のサイズは画像のようです。A4クリアファイルはA4用紙と比べて、縫い代(貼り合わせてある部分)の幅だけ寸法が大きくなるわけです。
 

 

A4フラットファイルが入るサイズのランドセル

 

 

A4フラットファイルのサイズ:横230mm×縦308mm

 

 

ランドセルの大マチのサイズは横幅230mm高さ307mm以上あるものがA4フラットファイル対応ランドセルになります。
 
A4クリアファイルに比べて、横幅で10o広く、高さで3o低いファイルとなります。10o程横幅が広いぐらいの違いしかありません。

 

まず入学する小学校に、A4フラットファイルの入るランドセルが必要かどうか問い合わせてみましょう。学校によって必要性や必要の度合いが違ってきます。

 

日本ランドセル協会はA4クリアファイル対応を標準と考えていましたが、現在は殆どがA4フラットファイル対応ランドセルが売れています。

 

A4用紙とA4クリアファイルとA4フラットファイルのサイズの違い

 

A4クリアファイルとA4フラットファイルのサイズの比較

 

見づらいですが、紫色のA4クリアファイルファイルと右端の下に見えるピンク色のA4フラットファイルを重ねて横幅を比較してます。

 

2つを比べるとA4クリアファイルの横幅は220mm、A4フラットファイルは230oと10mmの違いが具体的にわかります。

 

縦は同じ310oで違いはありません。

 

ランドセルのメインポケットの高さが310oなのは、このA4クリアファイル、A4フラットファイルの高さに合わせてあります。

 

以下は、2015年度の状況なので、2019年度現在では古い情報です。興味ある場合にチェクしてみて下さい。

 

ブランドランドセルの大マチ=メインポケットの奥行比較2014年

昔はB5版用紙が主流でしたから、ランドセルはもっと小型でした。今のA4クリアファイル対応のランドセルは、B5版の時とと比べても随分大型化しているわけですね。

 

因みにB5用紙のサイズは182×257oです。

 

それにゆとり教育と比べてA4版の教科書で1,000頁も増え、更に2020年の学習指導要領の改訂によって更に荷物が増える可能性があり、子供たちは大変です。

 

鞄工房山本のA4クリアファイル対応ランドセルの大マチの幅(奥行き)は115oです。他とは5oの違いですが、使ってみると数字以上に違うものです。

 

2015年度現在、ララちゃんやフィットちゃんにはA4フラットファイル対応ランドセルがあります。ハネッセルはA4フラットファイル対応で大マチ(奥行き)も120oの広さがあり収納力に富んでいます。

 

 

そこで、A4フラットファイル対応ランドセルの中(サブ)ポケット(小マチ)にA4フラットファイルが入るかどうか確認されています。

 

画像をてください。流石に無理して入れてますね。入らないことはないけど、キツキツです。やはりメインポケットに入れた方がいいですね。(日本一情熱のあるランドセル屋さんから写真をお借りしました)
 
ただメインポケット以外のポケットのサイズが、数値が明らかにされてないので、写真で見比べて比較することになります。

 

メインポケット部

フィットちゃん

 

 

 

A4クリアファイル対応

 

横幅223o×奥行き110o×高さ310o

鞄工房山本

 

 

 

A4フラットファイル対応

横幅233o×奥行き115o×高さ310o

本体:258o×奥行き200o×高さ330o

画像変更予定

 

 

 

 

 

萬勇鞄

 

 

 

A4フラットファイル対応

横幅235o×奥行き120o×高さ320o

 

 

 

 

ララちゃんランドセル

 

 

A4クリアファイル対応

横幅225×奥行き110o×高さ310o

 

 

ハネッセル

 

 

 

横幅232o×奥行き120mm×高さ310o

 

 

 

 

 

 

 

ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズ比較関連ページ

人気のランドセルを丈夫さ,軽さ,収納力で徹底比較2019
人気のあるランドセルから選ぼうと思っても、さて何が違うのか良くわからないものです。他のブランドとの比較のポイントが分からなければ比較しよいうがありませんね。そこについて分かりやすくまとめてあります。
ランドセルの肩ベルト比較〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルト比較。肩ベルトには余り意識されない重要なポイントがあります。肩ベルトの比較からランドセル選びのヒントを得て下さい。
背カンには3つのタイプがある | 固定型,左右連動型,非連動型の比較
背カンの3つのタイプを説明しています。背カンはランドセルの背負い心地を左右するものです。理解してランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いをを動画で比較しました
背カン~連動型と非連動型の動きを動画で比較しました。連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを理解し背カンのタイプと背負い安さを理解しましょう。
背カンのランドセルメーカー比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)を比較 | メイン・サブ・前段・ポケット
人気ランドセルの容量を比較。ランドセルの容量次第では子供たちは手提げ袋を持つ必要がありません。安全な通学のためにも容量の大きなランドセルから選ぶ事をおすすめします。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安いランドセル比較 | ランドセルの背負う機能のポイント
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
フィットちゃんと天使のはねのランドセルを比較
フィットちゃんと天使のはねはライバルメーカーです。2つのランドセルの背負いやすさを比較。背負いやすいランドセルは軽く感る特徴があります。フィットちゃんと天使のはね、どちらに軍配が上がったでしょう。
カブセの鋲を比較 | ランドセルメーカーによる鋲の違いを比較
ランドセルのカブセの鋲の比較です。カブセの鋲はアクセントだけでなく、デザインとしても重要です。車のライトを反射する機能も持っており、色々と工夫された特長のある鋲を比較しています。
天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見 | それぞれの賛成反対意見
天然皮革とクラリーノに関するママ達の意見です。専門家の意見も貴重ですが、ランドセルを購入する側のママ達が天然皮革とクラリーノをどう評価しているのか気になりませんか。。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルの選び方・ポイントのまとめと比較
ランドセルの選び方・ポイントをまとめて比較しました。ランドセルを選ぶ時の条件にはいくつかのポイントがあることをを理解してくださいね。
ランドセルの修理の6年保証を比較 | メーカーで違いがあるんです
ランドセル修理の6年保証の内容についてメーカーの違いと特徴を比較しています。万が一ランドセルが故障した時にどのような流れで修理依頼するのか、保証内容がメーカーによってどう違うのか知っておきましょう。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。