このエントリーをはてなブックマークに追加 

ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?

ランドセル

ランドセル選びにはなるべく丈夫なものをと誰もが思っています。しかし、パッと見ただけでは判断がつかないパーツもあるのでご紹介しましょう。

 

丈夫さで重要なのは次です。その中で型くずれに大きく関係するのが1.大マチに型くずれ対策がしてあるかどうかになります。

 

  1. 大マチに型くずれ対策がしてある
  2. 素材や、素材の厚みが十分
  3. 金属部分であるはずのパーツがプラスティックになっていない
  4. 背カンのプラスティックが4mm以上ある
  5. 細い金属を使っていない

 

あるランドセルは1年も使っていないのに型崩れするに、別のランドセルは、6年間手荒く使っても全く型崩れしなかったりします。

 

その違いを見分けるにはどこを見たらいいか説明していきます。各ブランドランドセルが行っている型崩れ対策も紹介します。

 

型崩れしないかどうかは大マチでわかる

 

ランドセルの本体の横には大マチといわれるパーツがあります。大マチの上部には型崩れを防ぐ固いプラスティックのパーツが入っているのが普通です。

 

画像は鞄工房山本ですが、丈夫な芯材が入っているのがわかります。この芯材が入っているかどうかをチェックします。中国製のランドセルには、ボール紙を使っている場合もあるので、いくら安価でも購入はおすすめしません。

 

鞄工房山本の大マチ上部の芯材  

 

鞄工房山本の大マチには試行錯誤しながら最近上のような強度のある樹脂製の芯材が入っています。

 

品質が良い日本製のランドセルは、見えない部分にも手抜きをしていません。

 

こういうパーツこそが、ランドセルの型崩れをしないためには大事です。職人的なこだわりから高価な材料をつかっています。

 

大マチ上部に芯材が入っていないランドセルは型崩れはもちろん雨にも弱い

 

ところが安物のランドセルには、先ほどの大マチ上部の固い板が入っていないランドセルがあります。もしかしたら高額のランドセルの場合もあります。

 

ところで少なくともこのサイトで扱っているランドセルには、芯材が入っているので安心してください。

 

大マチ上部の芯材が段ボールです

 

画像の黒いランドセルだけでなくて赤いランドセルも、この固い芯材が入っていません。

 

しかし外から見ただけでは、入っていない事はわからないので、注意してください。

 

それでも何とか見抜く方法を教えます。画像のように指ではさんで見てください。ダンボールなら簡単に潰れます。中身が段ボールなんて信じられませんよね。

 

気づかないところを、信じられないような手抜きをしているランドセルがあって、それを購入している人がいるということです。

 

こんなランドセルを購入したら最悪ですよ。大マチの上部に、山本と同じ次のような固いプラスティック板が入ってないと、ランドセルは簡単に型崩れするということです。

 

大マチ上部の芯材にはこのような固いプラスティックっが入っているんです。

 

このプラスティック板が入っていれば、次の画像のように両側から挟んでも型崩れしません。

 

大マチ上部の芯材にはこのような固いプラスティックっが入っているんです。 大マチ上部の芯材にはこのような固いプラスティックっが入っていると潰れません。

 

ランドセルメーカーは型崩れ防止のためにどんな工夫をしているでしょう

 

天使のはねのセイバン

 

天使のはねの大マチ上部には芯材は2重に補強されています

 

 

天使のはねは痛みやすい取り出し口(最上部)には変形防止樹脂とワイヤーが入って変形を防止します。

 

セイバンのランドセルは106kgの外部加圧に耐える強度があるんです。強い力が加わっても元通りの形に戻ります。

 

 

セイバンのランドセルには106kgの外部加圧に耐える強度があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

フィットちゃん
フィットちゃんは大マチ上部というよりも側方と底板の3方が全て固い板で覆われています。

 

 

フィットちゃんはトリプルガードという3方から大きな力が加わっても変形しない大マチと底板をずっと巡る板が入っています。

 

この工夫で非常に大きな力が加わっても型崩れはしないし、中の物を守る事ができます。
フィットちゃんはトリプルガードだから型崩れに強い

池田屋ランドセル

 

池田屋ランドセルはメインポケットの大マチと前側に型崩れ防止の樹脂フレームが入っている。

 

池田屋ランドセルはメインポケットの大マチと前側に型崩れ防止の樹脂フレームで一体構造で型崩れを防止しています。。

 

型崩れを防ぐ変形防止板

 

型崩れを防ぐ変形防止板

 

萬勇鞄
萬勇鞄は大マチ上部に固いプラスティック板が入っています
 
大マチ丈夫に定番の頑丈なプラスティック板が入って型崩れを防いでいる。まあこの程度で大丈夫です。

 

鞄工房山本
 
他には無い天然素材を使っていて非常に堅牢です。

 

鞄工房山本は大マチ上部に固い天然の樹脂の板が入っています

土屋鞄

 

土屋鞄は大マチ上部に固いプラスティック板が入っています
 
定番のプラスティックの板が入っています。

 

フィットちゃんの型崩れ対策を動画でチェック

フィットちゃんの型崩れ対策を動画でチェックします。トリプルガード(独自の3方一体型強化プレート)、ダブル補強(取り出し口、ベルトの通し穴、底面角部)について分かりやすく説明。

 

 

まとめ

型崩れ対策は工房系は大マチ上部に硬い固定板を入れてるものが殆どです。(池田屋ランドセルは例外です)が、セイバンやフィットちゃんなどの専門系(量産)メーカーの型崩れ対策は徹底しています。

 

大マチや前面や底など3方向を一体構造プレートで強固な対策してるので、丈夫なランドセルの最有力候補です。

ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?関連ページ

ランドセルの丈夫さ,軽さ,容量の違いを徹底調査
ランドセルは機能やデザイン・カラーが素晴らしいものです。でも、使いやすい、背負いやすいランドセルはメーカーによって違います。背負いやすさを中心にランドセルの丈夫さ、軽さ、容量の違いを徹底的に調査したので紹介します。
子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
ランドセル修理の6年保証 | それぞれの会社の違いを徹底調査
ランドセル修理の6年保証の内容はランドセル会社それぞれで違いがあります。その違いを調査。どのようなランドセル修理が無料なのか、手続き流れはどう違うのか、代替ランドセルがあるのか様々な側面から徹底調査を紹介します。
ランドセルの肩ベルトの長さと痛み〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルトの長さが短くないでしょうか?痛みはないでしょうか?購入前に確認が必要です。各メーカーの人気ランドセルの肩ベルトの長さを比較してみました。肩ベルトの痛みは何が原因なのか、その対策はどうすれば良いのか。この記事をチェックして後悔しないランドセル選びをしましょう。
背カンの3つのタイプと背負う機能の違い | 固定型,左右連動型,非連動型の3タイプ
背カンの3つのタイプ固定型,左右連動型,非連動型は背負う機能に違いがあります。背カンの違いでランドセルを背負いやすくしたり、体感重量を軽くしたり、背負い心地ものにだけ左右する重要なものなので、ランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いは動画なら良く理解できる
動画で連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを知り、どのような肩ベルトの動きの違いになっているのか、背負い安い背カンはどちらなのか紹介します。
背カンのランドセル別比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)ランキング
ランドセルの容量はメインやサブのポケットの横幅ではなくマチ幅が決定することを説明しています。それに基づいて人気ランドセルの容量比較ランキングを紹介。今後学習指導要領の改訂で更にランドセルの容量が必要になります。手提げ袋にたくさんの荷物を入れて辛い登校をしなくてすむには大容量のランドセルを上手に利用しましょう。
小さくても大容量なキューブ型ランドセル人気ランキング
キューブ型ランドセルの人気ランキングを紹介します。キューブ型は容量が大きいのに見た目は小柄という特徴があり、小さな子どもがあまりに大きく見えるランドセルではなく少しでも小さくて似合うランドセルを背負わせたい親の気持ちにかなったランドセルです。人気のあるキューブ型のランドセルをランキング形式で紹介します。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
背負い安いランドセル | ランドセルの背負う機能の違いをチェックする
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
ランドセルの軽さランキング | 軽くて丈夫な2020年度モデル
ランドセルの軽さランキング2020年度を紹介します。軽くても6年間は十分に耐用性があり6年保証のある日本製のランドセル軽さランキングです。
ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方
ランドセルが軽く感じるような調整の仕方。買ったランドセルが何だか重く感じてもも、上手く調整すれば背負う心地ちが良くなる事があります。そういった情報をお伝えします。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイントは荷重分散。ここ大事
ランドセルの重さについての誤解。軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いもの。重くても荷重分散できるランドセルが重要でリュックなどは論外です。体力の低下している今の子供たちの体に負担をかけ過ぎないためにも荷重分散できるランドセルを選びましょう。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズの違い
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の違いを知ることが重要です。
ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。