このエントリーをはてなブックマークに追加 

粗悪な背カンには「壊れやすい」「髪をはさむ」という2つの問題があります

ランドセルの背カンは肩ベルトと本体をつなぐもの

 

背カンはランドセルのパーツの中でも特に重要です。そのことを理解してもらうことがこの記事の目的です。

 

背カンは肩ベルトと本体を繋ぐものなので、当然背負いやすさに大きく影響します。

 

現在の背カンの主流はフィットちゃん背カンやウイング背カン、セイバンなどの、左右に開いてランドセルを背中にピッタリさせるものです。

 

そういった背カンが背負いやすくて、背負って軽いランドセルにとても重要な役割を果たします。

 

背カンで注意すべき2つの点

 

1.動く背カンにはプラスティック部分の壊れやすいものがある

 

背カンのプラスティック部分

 

御存知かもしれませんが、ランドセルで一番壊れやすいパーツの一つが、肩ベルトと本体とを繋ぐ「背カン」のプラスティック部分です

 

しかし、プラスティックでできている背カンが全て壊れやすいわけではありません。一流の背カンメーカーのプラスティックは金属以上の強度を持ったものが使われています。

 

例えばフィットちゃん背カンは曲げ伸ばし実験を10万回しても壊れない事を確認して使っています。

 

フィットちゃん背カンのプラスティックは通常の使い方でこれまで壊れたことは無いと、自信を持って答えました。

 

ただし、これは日本の信頼できる背カンメーカーの製品に限って言えることです。

 

 

形だけ似せて作った外国の背カンには、薄くて耐久性も無いプラスティックが使われていることが多く、折れる原因になります。

 

このサイトで有名なブランドランドセルをすすめてる理由は、こういったまがい物をパーツとして使っていないランドセルだからです。

 

壊れた背カンつなぎ

破損した背カンのプラスティック部分

 

壊れた背カンのつなぎ部分は殆どがプラスティックですが質が悪い。しかしプラスティックの質は千差万別であり、素人が見だけでは区別できません。

 

背カンのプラスティックの厚みが4MM以上あると強度がある

 

フィットちゃんのように、プラスティックの耐用検査の情報を載せているようなランドセルであれば、まず壊れる事はありません。

 

ブランドランドセルは、信頼のおけるパーツを使っているからこそ有名ブランドの地位を保てているのです。

 

右の画像はモギカバンのウイング背カンのプラスティック部分ですが、プラスティックの薄い部分でも4mmの厚みがあり丈夫です。

 

更にララちゃんランドセルのように金属(チタン)を使っている繋ぎになるとかなり耐用性は高いです。

 

エンジニアリングプラスチックには金属並みの強度があり、有名なランドセルメーカーで使っているので信頼のおけるランドセルメーカーを選ぶ事が大事です。

 

壊れる背カンのプラスティック部分の特徴

 

壊れるプラスティックと壊れないプラスティックとでは、プラスティックの素材が全く違います。

 

見ただけでは素人には見抜けません。そういった意味でも有名なブランドランドセルは品質には間違いがありません。

 

例えば海の向こうで作っているランドセルの背カンは、安物のただのプラスティックを使っている可能性が高いです。

 

そういった背カンのプラスティックは、厚みが無い、幅が狭いという特徴があり簡単に破損してしまいます。

 

背カンのプラスティックが狭くて薄いと壊れやすい 背カンのプラスティックが狭くて壊れやすい

 

三角カンが金属でなくプラスティックの粗悪品

 

 

背カンと肩ベルトをつなぐ部分は、殆どの場合3角形の金属を使っています。

 

この部分にはかなりの力がかかるので、常識的に考えて、真面目な普通のランドセルメーカーがただのプラスティックを使うことはありません。

 

しかし、粗悪なランドセルは粗悪なプラスティックを使っているものがあります。こんなものすぐ壊れます。軽くて安いランドセル、特に外国産には注意しましょう。

 

背カンを繋ぐ三角カン 背カンを繋ぐ三角カンがプラスティック

 

 

2.髪が挟まる

背カンが動くと髪が挟まることがあります。髪が長い女の子なら、なおさらです。
 
一旦挟まるとランドセルを降ろすこともできず、誰かに助けを求めるしかないですからね。そうなったら、子供は本当に困りますよね。

 

ランドセルを選ぶ時には背カンが動く方が背負いやすいんですが、背カンが動いても髪が挟まりにくい背カンを選ぶという視点を持って下さい。

 

参考)背カンのアーム部分を比較する

 

髪の毛を挟まない機能のある背カンのランドセル

ララちゃんランドセルは髪の毛が挟まれにくい新開発のセカンを使っています。
 
またチタン製なので強度も非常に強くなってます。チタンは金属アレルギーの子供の場合におすすめです。

 

フィットちゃんは背中とのすき間が無いので髪の毛を挟みにくい構造になっています。

 

鞄工房山本の背カンも、髪の毛を挟まないすき間の無い構造になっています。

 

セイバンの天使のはね、モギカバン、カバンのフジタなど背中にフィットするランドセルも、髪の毛をはさみにくい構造になっています。

 

背カンが髪の毛を挟まないための補助製品

更に、ランドセルの背カンに髪の毛が撒き込まれないグッズがあります。
 
”まもリボン”や”フリフリカバー”で検索すれば購入サイトが出てきます。
 
価格は1,850円と1,170円です。

 

 

 

 

 

 

;

粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題関連ページ

人気のランドセルを丈夫さ,軽さ,収納力で徹底比較2019
人気のあるランドセルから選ぼうと思っても、さて何が違うのか良くわからないものです。他のブランドとの比較のポイントが分からなければ比較しよいうがありませんね。そこについて分かりやすくまとめてあります。
ランドセルの肩ベルト比較〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルト比較。肩ベルトには余り意識されない重要なポイントがあります。肩ベルトの比較からランドセル選びのヒントを得て下さい。
背カンには3つのタイプがある | 固定型,左右連動型,非連動型の比較
背カンの3つのタイプを説明しています。背カンはランドセルの背負い心地を左右するものです。理解してランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いをを動画で比較しました
背カン~連動型と非連動型の動きを動画で比較しました。連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを理解し背カンのタイプと背負い安さを理解しましょう。
背カンのランドセルメーカー比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。
ランドセルの容量(収納力)を比較 | メイン・サブ・前段・ポケット
人気ランドセルの容量を比較。ランドセルの容量次第では子供たちは手提げ袋を持つ必要がありません。安全な通学のためにも容量の大きなランドセルから選ぶ事をおすすめします。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安さを比較 | ランドセルの重要なポイントを比較
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
フィットちゃんと天使のはねのランドセルを比較
フィットちゃんと天使のはねはライバルメーカーです。2つのランドセルの背負いやすさを比較。背負いやすいランドセルは軽く感る特徴があります。フィットちゃんと天使のはね、どちらに軍配が上がったでしょう。
カブセの鋲を比較 | ランドセルメーカーによる鋲の違いを比較
ランドセルのカブセの鋲の比較です。カブセの鋲はアクセントだけでなく、デザインとしても重要です。車のライトを反射する機能も持っており、色々と工夫された特長のある鋲を比較しています。
天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見 | それぞれの賛成反対意見
天然皮革とクラリーノに関するママ達の意見です。専門家の意見も貴重ですが、ランドセルを購入する側のママ達が天然皮革とクラリーノをどう評価しているのか気になりませんか。。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の比較が重要です。
ランドセルの選び方・ポイントのまとめと比較
ランドセルの選び方・ポイントをまとめて比較しました。ランドセルを選ぶ時の条件にはいくつかのポイントがあることをを理解してくださいね。
ランドセルの修理の6年保証を比較 | メーカーで違いがあるんです
ランドセル修理の6年保証の内容についてメーカーの違いと特徴を比較しています。万が一ランドセルが故障した時にどのような流れで修理依頼するのか、保証内容がメーカーによってどう違うのか知っておきましょう。
ランドセルメーカーの公式サイトのコンテンツを比較する
ランドセルメーカーの公式サイトのホームページを比較してどこが使いやすいかどうかを分析しました。訪問者が利用しやすいコンテンツになっているのかどうかはメーカーの姿勢を表していると考えています。
高品質なランドセルほど重くて高価 | 軽いiランドセルの品質はチェックする
ランドセルは他のランドセルと比較して選びます。色や重さなど色々な要素を比較します。価格と重さの関係をブランド間で比較してみました。それぞれのブランドの傾向もわかるります。