このエントリーをはてなブックマークに追加 

背カンのランドセル別比較とアーム部分の破損

背カンのアーム

背カンのアーム部分は殆どがプラスティックを使ってあり、時に破損することがあります。破損して初めて「プラスティックだったの!?」と驚くわけです。

 

背カンのアームがプラスティックの理由

 

でもこの部分はプラスティックの方が望ましいんですよ。この部分がプラスティックになっているには理由があります。ある程度可塑性(柔軟性)がないと背負い心地が悪いし、金属だと曲げ伸ばしによる金属疲労から破損の可能性があるからです。。
 
少し想像してみてください。背負ったり、走ったり、脱いだりする時に背カンのこの部分が柔軟でないと、ゴツゴツして背負えたものじゃありません。そういう理由でランドセルメーカーは背カンのアーム部分をプラスティックにしています。

 

エンジニアリングプラスティック

 

プラスティックとはいえ耐用試験を重ねてあるエンジニアリングプラスチックといって、金属以上に耐用性があるので問題は起こりません。

 

画像で説明すれば次のようになります。プラスティック部分は1流品はエンジニアリングプラスティックで強度があるのですが、2流品だと薄いただのプラスティックで破損しやすいです。

 

背カンのプラスティックが2流品だと折れやすい

 

そうはいってもエンジニアリングプラスチックでも壊れる確率は0ではありません。しかし、背カンのトップメーカーモミジヤの背カンにはまず問題は起こりません。

 

2流の背カンはプラスティックが粗悪

 

背カンを2流メーカーの物を使ったりすると簡単に壊れることがあります。が、フィットちゃん背カンは未だブラスティック部分が破損して修理をしたことは無いと言います。

 

ランドセルを購入する時に背カンのプラスティックの品質をチェックする人は殆どいないでしょう。人気ブランドのランドセルには問題の無い背カンを使っているので、人気のあるランドセルを購入した方が良いです。

 

背カンが破損すれば6年保証の対象ですから、しっかり使いましょう。修理期間の代替ランドセルが有料のランドセルは購入せず無料のランドセルを選びましょう。このサイトで取り上げてるランドセルはん無料です。
 
長年ランドセル修理をしている方からの情報ですが、ランドセルの立ち上がりのために、背カンの前方向の動きを制限するので、大きな力が制限方向に加わると破損につながります。

 

ブランドランドセルには屈伸テストを何度も繰り返した優れた背カンが使ってあるので、まず壊れることはないそうです。どういうことなのか、動画を見て貰えばわかります。

 

 

参考)ランドセルの肩ベルトが立ち上がっていると背カンが壊れやすいのでは?

背カンのアーム部分比較

 

フィットちゃん

背カン部分の10万回の屈曲試験を行って耐久性をチェック。

樹脂素材の柔軟性を高めて耐久性を向上させている。

 

 

萬勇鞄

 

 

 

背カンの内部素材は金属です。内部素材はメーカーで違ってきます。モミジヤという背カンメーカーは信頼度抜群。

背カンと本体は中空鋲(金属)でしっかりと留められ、背カンにはつなぎに三角カンが使われています。

背カンは左右別々に動くウイング背カン。ウイング背かんの内部素材は金属ですが、ウイング背カンに似た背カンでも内部が樹脂だったり、それぞれ違いがあります。

 

 

鞄工房山本

 

 

 

アーム部分はやはりプラスティックです。

直接鞄工房山本に問い合わせたところ、6年間破損などが出ないものを厳選しており、

通常使用で破損したランドセルはありませんとのことでした。

 

ララちゃん

 

 

 

ララちゃんランドセルの背カンのアーム部分は全てチタン仕様です。金属アレルギーの子にはぴったりかも知れません。

殆どのランドセルメーカーがエンジニアリングブラスティック

であるのに比べて、珍しいとも言えます。ララちゃんの肩ベルトは鞄工房山本と同じで立っていません。自然に肩ベルトが使う子供の肩の形状になるように配慮されています。

 

背カンのアーム部分とランドセルメーカー背カン比較のまとめ

背カンは、フィットちゃん背カンやモミジヤの背カンなど、背カンのトップメーカーのものが使ってあるランドセルにしましょう。

 

何故かというと、背カン部分がいい加減なものだと、大きな力が働き破損となってしまうことが少ないからです。

 

ランドセルの破損は背カンに多いという事実があるからです。軽めのランドセルはこの壊れやすい背カンという問題もあるので注意してください。このサイトで紹介しているランドセルは信頼できる背カンを使っています。

 

 

 

背カンのランドセル別比較とアーム部分の破損関連ページ

ブランドランドセルの丈夫さ,軽さ,容量の違いを徹底調査2020
ブランドランドセルは機能やデザイン・カラーが素晴らしいものです。でも、使いやすい、背負いやすいランドセルはメーカーによって違います。背負いやすさを中心にランドセルの丈夫さ、軽さ、容量の違いを徹底的に調査したので紹介します。
ランドセル修理の6年保証 | メーカーそれぞれの違いを徹底調査
ランドセル修理の6年保証の内容はランドセルメーカーそれぞれで違いがあります。その違いを調査。どのようなランドセル修理が無料なのか、手続き流れはどう違うのか、代替ランドセルがあるのか様々な側面から徹底調査を紹介します。
ランドセルの肩ベルトの長さと痛み〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルトの長さが短くないでしょうか?痛みはないでしょうか?購入前に確認が必要です。各メーカーの人気ランドセルの肩ベルトの長さを比較してみました。肩ベルトの痛みは何が原因なのか、その対策はどうすれば良いのか。この記事をチェックして後悔しないランドセル選びをしましょう。
背カンの3つのタイプと背負う機能の違い | 固定型,左右連動型,非連動型の3タイプ
背カンの3つのタイプ固定型,左右連動型,非連動型は背負う機能に違いがあります。背カンの違いでランドセルを背負いやすくしたり、体感重量を軽くしたり、背負い心地ものにだけ左右する重要なものなので、ランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いは動画なら良く理解できる
動画で連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを知り、どのような肩ベルトの動きの違いになっているのか、背負い安い背カンはどちらなのか紹介します。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)を比較ランキング
ランドセルの容量はメインやサブのポケットの横幅ではなくマチ幅が決定することを説明しています。それに基づいて人気ランドセルの容量比較ランキングを紹介。今後学習指導要領の改訂で更にランドセルの容量が必要になります。手提げ袋にたくさんの荷物を入れて辛い登校をしなくてすむには大容量のランドセルを上手に利用しましょう。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安いランドセル | ランドセルの背負う機能の違いをチェックする
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
フィットちゃんとセイバンのランドセルの違いを徹底調査
フィットちゃんとセイバンのランドセルはライバルメーカーです。2つのランドセルの背負いやすさを比較。背負いやすいランドセルは軽く感る特徴があります。フィットちゃんとセイバン、どちらに軍配が上がったでしょう。
カブセの鋲を比較 | ランドセルによる鋲のデザインの違いが面白い
ランドセルのカブセの鋲の比較です。カブセの鋲はアクセントだけでなく、デザインとしても重要です。車のライトを反射する機能も持っており、色々と工夫された特長のある鋲を比較しています。
天然皮革とクラリーノを巡るママ達の意見 | それぞれの賛成反対意見
天然皮革とクラリーノに関するママ達の意見です。専門家の意見も貴重ですが、ランドセルを購入する側のママ達が天然皮革とクラリーノをどう評価しているのか気になりませんか。。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズの違い
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の違いを知ることが重要です。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。