このエントリーをはてなブックマークに追加 

ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット

ランドセルの自動ロック機能

ランドセルには自動ロック(施錠)が必要かという以前に自動ロックにしないと売れないので、殆どのランドセルメーカーは自動ロックを採用しています。

 

ここでは自動ロックに関するカン違いやメリット・デメリットを伝えます。

 

自動ロック機能は、カブセを閉めたときロックが自動的にかかって、蓋が開かないので便利というもので、人気のあるランドセルには当たり前のように装着しているのはいいんですが、絶対的なものでは無いということです。。

 

ランドセルの自動ロックについてカン違いがあるようです。自動ロックがあれば、カブセは必ず閉まるというものですが、自動ロックであっても鍵穴に凸部分を入れなくては閉まりません。その後を手動で閉めるか、クルリと自動的に回るかの違いだけです。

 

ランドセルの自動ロック機能はいつごろからどのように始まったの?

ランドセルの自動ロック化はいつごろから始まった? 
2010年前後からランドセルの自動ロック化が始まりました。そのきっかけはお母さん方がランドセルメーカーに、働きかけたというイキサツがあります。

 

オート(自動)ロック機構です。カブセを閉めて凸部を枠に差し込むと自動的に錠前がかかるのです。

 

中身がランドセルから飛び出す子供にありがちな失敗を予防するのが自動ロックの機能です。自動ロック機能をつけて欲しいというお母さん方の要望にランドセルメーカーが応えたんです。

 

手動ロックはカブセ(蓋)を手動で閉じるタイプなので子供が手でひねって閉める作業が必要です。この作業を忘れてしまってランドセルの中味をぶちまけてしまった経験は殆どの子供が経験してきました。

 

自動ロックのデメリット

 

しかし、手動ロックは自動ロックに比べ劣ってはいません。自動ロックの便利さは捨てがたいようでもデメリットもあります。

 

自動ロックでも穴に入れる作業は必要

 

自動ロックでも穴に凸部を差し込む作業は必要なのに、何もしなくても自動ロックできるというカン違いがあります。差し込んだ凸部が自動で回るか、手動で回すかの違いだけです。

 

  • 自動ロックといえどもロックが回るだけのことなので、写真のように凸部穴にはめなくては意味がないです。
  • 子供にカブセを閉める意識がなければ自動も手動も同じ
  • 注意深い子供はそもそも手動で十分
  • ドンと床に置くと自動ロックは壊れる確率が高い
  • 故障すると開かなくなり教科書が取り出せない
  • なんでも便利にするとその分子供の能力が発達しない

あえて手動ロックのランドセルを探す必要はありませんが、成長期の子供は「失敗から学んで発達する」ので、何もかも便利にする方向性は子供の発達を妨げるということは意識した方が良いです。

 

 

ランドセルの自動ロック 

  • 「ランドセル修理中に自動ロックを使って指をはさんで痛い思いをした子供が、ランドセルを閉めたかどうか自分で確認したほうが良いわ。そうでないと気をつけなくなっちゃうから」
  • 「がちゃがちゃしたいから、手動が良い」

という子供がいることも知っておきましょう。

 

オートロック機能の使い方

オートロックを掛ける順番

 

1,枠の中に凸部分を入れる

 

オートロックをかける

 

 

 

白い錠前凸部分を錠の枠にいれる。

 

自動ロックでも手動ロックでも凸部分を枠に入れるまでの作業は必要です。

 

このとき錠の凸部分は横に長い。

 

 

2.錠をかける

 

錠がかかるメカニズム

 

カチッというまで凸部分を手動で枠に入れて初めて自動的に錠が90度回転して錠がかかるという、シンプルな構造です。

 

動画で見るオートロック(片手でも操作可能なのかやってみました)

 

 

動画の中の2番めのピンクのランドセルを「キュービック型」と書いてますが、「キューブ型」の間違いなので、訂正します。子供が片手しか使えない体であれば自動ロックは役立つでしょうが、両手が使えるのなら問題にするほどではありません。

 

オートロック機構と手びねりの錠前の比較

 

自動ロック機能と手びねりの錠前を比較しましょう。現在の主なランドセルメーカーは殆どオートロック錠前を使っています。

 

ランドセルではオートロック錠前がが主流なのに比較して、鞄工房山本は数少ない手びねりでの錠前を採用しています

 

 

 

その理由は6年の間に故障してしまう可能性があり、一旦故障するといくら人気のある素晴らしいランドセルであっても、使えなくなってしまうためです。
こういった鞄工房山本の考え方は、色々と便利な機能を付けて子供の注意力や能力の成長を妨げてしまう事も予防してくれます。

 

鞄工房山本は耐久性に自信のあるオートロック錠前を開発したとして2016年度から採用しました

 

故障の主な原因は、教科書が入ったままの重いランドセルを、床にドンと勢いよくおろしてしまうことです。こういった事をしなければ、一流メーカーの自動施錠は壊れることはまず無いといえるでしょう。

 

そういう意味でオートロック錠前は便利だから使っても良いけれど、丁寧に扱わなければ故障することを覚悟しましょう。この場合6年保証が効くかどうかは購入前に確認しておくべきですね。

 

池田屋が手動ロックのままでいる理由とは

 

池田屋ランドセル

 

池田屋の手動ロックは3段階で使いやすい

 

池田屋ランドセルは手動ロックを採用。
自動ロックは耐久性に問題があると判断しています。
画像のように枠が大きいので鍵を入れやすく3段階調節で、カブセと本体の間に入らないものを挟んだり、荷物の量に応じて調節ができるものです。
 

 

各メーカーのオートロック錠前について

 

フィットちゃん

フィットちゃんのオートロック機構

 

フィットちゃんのオートロックの錠前はカブセを閉めると自動的にひねりがクルッと回って閉まります。

 

閉め忘れが無いので、ランドセルの中身を外に散乱させるということもなくなって助かります。

 

 

鞄工房山本

 

鞄工房山本のオートロック機構は2016年度にできた

 

鞄工房山本では2015年度までオートロック機構は採用していませんでした。しかし。。⇒2016年度オートロック機構を採用

 

長い間手動ロックを採用してきた理由は、故障の可能性があったからですそのため、昔からの手びねりのマグネット錠前が使われていました。

 

6年間の使用中に壊れる可能性があるオートロック錠前は使えないというのが鞄工房山本の考え方でしたが、2016年度に入り、ようやく故障しないオートロックの開発に成功したそうです。

 

 

 

ランドセルアドバイザーkumiko

 

ちょっとした衝撃でオートロック錠前が故障すると、手でひねって錠前を回すことができなくなるとご存知ですか?
ランドセルが閉じたままになったり、逆にカブセが開いたままになり、危険を伴う場面も考えられます。

 

しかし、オートロック錠前が故障する確率は高くないし、手びねりの錠前が壊れないという保証もありません。)

 

萬勇鞄

 

 

萬勇鞄のロック機構

 

萬勇鞄のランドセルはワンタッチ自動ロック錠がついています。

 

磁石で自動的に閉まるワンタッチの自動ロック錠です。他のメーカーと同様に閉め忘れで中身が出てしまう事を避けています。

 

 

 

ハネッセル

 

 

ハネッセルのロック機構

 

ワンタッチで自動で施錠できます。

 

 

 

 

ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット関連ページ

ランドセルの選び方 | 良いランドセルは丈夫・背負って軽い・容量の3点のチェックで選ぶ
ランドセルの選び方で重要なことは子供が背負いやすく体に負担が無いことが一番重要ですが、子供の好きな色やデザインを尊重してで6年間大事に使ってくれることも重要です。子供にとって良いランドセルの条件となる丈夫さ、容量、軽さ、背負って軽い機能を理解してもらうための記事です。
人気ランドセルの評判サイトの特徴と信頼性 | 上手な利用の仕方
ランドセルの選び方の一つとして評判がわかるサイトを利用することがあります。公式サイトの口コミや体験談、ヤフー知恵袋や発言小町のように質問とその回答という形の体験者の評判、またツイッターを中心としたSNSでの旬な口コミがあります。それらはあてにならない場合もあるし、役立つことも多いです。ランドセルの口コミの利用の仕方や信頼性の考え方について紹介します。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
格安・激安ランドセルの購入の経験 | 短期間ではデメリットに気づかない
格安・激安ランドセルを購入した人の評判を調べてみました。同じランドセルに対して満足している人がいるかと思うと、厳しい意見を述べてる人もいて様々です。ランドセル選びで格安のランドセルを候補に挙げた時に参考になるでしょう。
ランドセル偽サイト・詐欺サイトに注意 | 詐欺を見分ける5つのポイント
ランドセル選びで注意したいランドセル詐欺。インターネット上の詐欺サイトの見分け方、、引っかからないポイントについて紹介します。また粗悪なランドセルを送ってくるという詐欺すれすれのネット販売店もあるので注意しましょう。
ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方
ランドセルが軽く感じるような調整の仕方。買ったランドセルが何だか重く感じてもも、上手く調整すれば背負う心地ちが良くなる事があります。そういった情報をお伝えします。
傷がつきにくいランドセルを選ぶメリット | 6年間壊れず綺麗に使える
傷のつきにくいランドセルを選ぶメリット。人工皮革であっても自然皮革でも6年間新品同様に使えれば理想です。ただ子供たちは遊ぶことで成長する時期でもあるので、下校途中で突然ランドセルを投げたり、上に座ったりといったことがあります。傷がついても自然の風合いになる牛革や人工皮革であっても傷がつきにくい素材を選ぶことで、綺麗に使えるランドセルを選びましょう。
子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
人気のランドセルのデザインとカラーを整理してみると実に豊富だった
人気ランドセルのデザインとカラーは実に豊富なのでランドセル選びの一つの参考になります。多くの人に支持されているということで選ぶときの基準と考えていいでしょう。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイントは荷重分散。ここ大事
ランドセルの重さについての誤解。軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いもの。重くても荷重分散できるランドセルが重要でリュックなどは論外です。体力の低下している今の子供たちの体に負担をかけ過ぎないためにも荷重分散できるランドセルを選びましょう。
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
人気のランドセルが汚れや素材での失敗例
ランドセル選びで失敗だった点について色々なケースを調べてみました。ランドセル選びを成功させるための参考にしてくださいね。
ランドセルが破損したり修理ができない失敗例
ランドセルの破損の例や購入の失敗例を紹介しています。破損は多くはないのですが、高価なランドセルだからこそ失敗の無い購入を成功させるために役立てください。
ランドセルの持ち手で事故にあいそうになった | 購入後起こった思いがけないこと
ランドセルの持ち手で危険な目にあうなど、ランドセル購入した後で思わぬ出来事があったケースについて。誰でもこんなことがあり得るので覚えておいた方が良いですよ。
ランドセルの1週間以内の返品・交換の具体例
ランドセルは購入してから1週間以内の返品・交換が原則です。具体例を参考にしてみて下さい。
ランドセルのOEMを知っておくとランドセル選びに迷わない
ランドセルのOEMを知っていますか。人気のあるランドセルメーカーはデパートなどの依頼で自社の工場で〇〇百貨店モデルを製作するランドセルの事です。意外と多いOEM生産について紹介します。
ランドセルの購入時期【まとめ】 | 売り切れる・安い・受験などいつ買うのが良いのか
安い価格でランドセルの購入時期を決めるには欲しいランドセルが割引になる時期を調べます。遅いと売り切れてしまうのでネットの情報にはアンテナを張っておきましょう。また小学校を受験する子供たちはいつランドセルを購入する?ランドセルの購入の重要な事を説明しています。
ランドセルカバーを着ける・着けない?その理由は何
ランドセルのカバーは必要でしょうか。1年生になると交通事故から子供を守るために1年間は黄色のカバーをかけます。雨やホコリからランドセルを保護する などの目的があります。