このエントリーをはてなブックマークに追加 

ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?

教科書

 

ピアニカ

 

よく牛革やコードバンなどの自然皮革は重いので、わが子には背負わせたくないというお母さんがおられます。確かにそれはもっともなこと。

 

小さなわが子が重いランドセルを背負ってヨロヨロ歩く姿を想像しただけで胸が締め付けられるような気持ちになるはず。

 

ここでは、そういう気持ちは受け止めながらも、それを一歩進めて考えてみませんかという提案です。

 

ランドセルに入れる荷物

 

ランドセルは空で背負うものではなく色々な教材などを入れて運ぶ道具だからランドセルの重さだけを気にしても不十分じゃないですか?

 

教科書やノートや筆箱。下の表のように、副教材である、鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)や工作板、粘土、粘土ケース、体操着、給食用制服、習字セット、算数セット等々沢山あります。ランドセルに一度に全部入れるのではなくても、かなりの物を入れますね。

 

どれほどの物を入れるのか具体的に知れば、多少重くてもA4フラットファイル対応ランドセルを選んだほうが結局は楽に運べることがわかるでしょう。

 

ここまで書いてきたことは。A4クリアファイル対応にするかA4フラットファイル対応にするかお母さん方が悩んでいた2017年度までのことです。

 

なんだー今はA4フラットファイル対応だから問題ないよね。そう思ったお母さん方、A4フラットファイル対応ランドセルそのものも大型化してきています。

 

 

2019年度の現在では、A4フラットファイル対応の中でも容量の大きいランドセルを選択する事が多くなってます。。

 

2020年からは学習指導要領の改訂があるので、もっと荷物が多くなる可能性があるからです。一方で「置き勉」が全国的に拡がる可能性もあります。教科書の一部を学校において帰るのが普通になるかもしれない、というのが現状です。

 

取りあえずはどれ程の物を学校に運ぶのか大雑把に見ましょう。

 

 

通学時に持っていくもの

物品

画像

身に着けるもの

体操服、体操帽、上履き、体育館シューズ、シューズ

 

 

バッグ

  • レッスンバッグ(お道具箱を入れる)
  • 上履き袋
  • 体操服袋
 

学用品

  • 教科書
  • 副教材
  • 学習ノート
  • 連絡帳
  • ふでばこ
  • 鉛筆と赤鉛筆
  • お道具箱
  • 算数セット

 

 

 

算数セット

 

給食用品

  • 給食エプロン
  • 給食袋
  • ランチクロス
  • はし、箸入れ
  • マスク

 

 

特別行事

  • プール用品
  • 弁当箱

 

 

副教材

  • 絵の具セット
  • 鍵盤ハーモニカ

 
 

 

 

 

教科書の冊数と重さ

教科書は何冊使うの?

教科書全体の重さ

1年生

 

教科書

 

6冊、1,200g

5年生

 

2,200g

 

 

 

そうするとランドセルの重さはランドセル+教科書・ノートや副教材を合わせた重さになります。1年生の教科書は6冊あり、合計で1,200gです。小学1年生の授業は毎日5時限。

 

そのうち3~4科目の教科書を毎日使うことになるので、600gから800gの教科書をランドセルに入れます。

 

A4フラットファイル対応でもメーカーによって収納力は随分違う事を知らないと失敗します

 

A4フラットファイル対応だったら安心?どこのブランドでも同じ収納力だと思ってランドセルを選んだら、残念な結果になるかも。

 

ランドセルに収納するものは年々増えているんですから、手提げ袋などなるべく使わないほうが安全ですから、A4フラットファイル対応ランドセルの中でも収納力の大きな物を知っておいた方が良いんです。

 

詳細は次の記事を参考にしてください。

 

参考記事)ランドセルの収納力(容量)を比較する

 

ランドセルの素材の違いは大した違いではない?

 

ランドセルと合計で3~4kgの重さになるのですから、クラリーノやタフガードに比べて牛革やコードバンが200~300g重いというのは、それほど問題にはならないと思いませんか?もちろん200gでも軽いランドセルを選びたい考えが間違っているわけではありません。。
 
反論があるのは承知してますが、私は200〜300?の違いよりも背中や肩にピッタリする背負うと軽く感じる機能のあるランドセルを重視したい。この機能さえあれば気に入ったランドセルが若干重いから諦める必要は無いのではないでしょうか。

 

背負って軽く感じるランドセルはピタッと背中や肩にフィットしたランドセルの事です。立ち上がり肩ベルトが第一候補になります。荷重分散する背あてはキッズアミの「ウインディソフト」が優れています。
 
クラリーノでも自然皮革でもどちらの素材でも良い人はクラリーノを選び、重さが原因で自然皮革を諦めかけてる人は、その必要はないですよと伝えたいです。
 
牛革でもコードバンでも背中にフィットすれば軽く感じるし、クラリーノでもぴったりしなければ重いんです。それを知った上でコダワリが無いからクラリーノにする選択は当然ありだと思います。

 

ランドセル名

重さ

 
クローネティアラ(パール系タフガード)
 

クローネ ティアラパール系タフガード 
萬勇鞄
 

タフガード:1,200g

グッドボーイ
 
グッドボーイ 
フィットちゃん

 

クラリーノエフ2:1,140g

 

クローネティアラ(牛革)
クローネティアラ 牛革 
萬勇鞄
 

 

牛革:1,400g

 

コードバンランドセル(コードバン)
 
フィットちゃんコードバンランドセル 

フィットちゃん
 

 

コードバン:1,500g

 

 

参考)ランドセルの重さの選び方
   高品質なランドセルは重い
   人気のランドセルを丈夫さ,軽さ,収納力で徹底比較

 

ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?関連ページ

ランドセルの丈夫さ,軽さ,容量の違いを徹底調査
ランドセルは機能やデザイン・カラーが素晴らしいものです。でも、使いやすい、背負いやすいランドセルはメーカーによって違います。背負いやすさを中心にランドセルの丈夫さ、軽さ、容量の違いを徹底的に調査したので紹介します。
子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
ランドセル修理の6年保証 | それぞれの会社の違いを徹底調査
ランドセル修理の6年保証の内容はランドセル会社それぞれで違いがあります。その違いを調査。どのようなランドセル修理が無料なのか、手続き流れはどう違うのか、代替ランドセルがあるのか様々な側面から徹底調査を紹介します。
ランドセルの肩ベルトの長さと痛み〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルトの長さが短くないでしょうか?痛みはないでしょうか?購入前に確認が必要です。各メーカーの人気ランドセルの肩ベルトの長さを比較してみました。肩ベルトの痛みは何が原因なのか、その対策はどうすれば良いのか。この記事をチェックして後悔しないランドセル選びをしましょう。
背カンの3つのタイプと背負う機能の違い | 固定型,左右連動型,非連動型の3タイプ
背カンの3つのタイプ固定型,左右連動型,非連動型は背負う機能に違いがあります。背カンの違いでランドセルを背負いやすくしたり、体感重量を軽くしたり、背負い心地ものにだけ左右する重要なものなので、ランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いは動画なら良く理解できる
動画で連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを知り、どのような肩ベルトの動きの違いになっているのか、背負い安い背カンはどちらなのか紹介します。
背カンのランドセル別比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)ランキング
ランドセルの容量はメインやサブのポケットの横幅ではなくマチ幅が決定することを説明しています。それに基づいて人気ランドセルの容量比較ランキングを紹介。今後学習指導要領の改訂で更にランドセルの容量が必要になります。手提げ袋にたくさんの荷物を入れて辛い登校をしなくてすむには大容量のランドセルを上手に利用しましょう。
小さくても大容量なキューブ型ランドセル人気ランキング
キューブ型ランドセルの人気ランキングを紹介します。キューブ型は容量が大きいのに見た目は小柄という特徴があり、小さな子どもがあまりに大きく見えるランドセルではなく少しでも小さくて似合うランドセルを背負わせたい親の気持ちにかなったランドセルです。人気のあるキューブ型のランドセルをランキング形式で紹介します。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安いランドセル | ランドセルの背負う機能の違いをチェックする
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
ランドセルの軽さランキング | 軽くて丈夫な2020年度モデル
ランドセルの軽さランキング2020年度を紹介します。軽くても6年間は十分に耐用性があり6年保証のある日本製のランドセル軽さランキングです。
ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方
ランドセルが軽く感じるような調整の仕方。買ったランドセルが何だか重く感じてもも、上手く調整すれば背負う心地ちが良くなる事があります。そういった情報をお伝えします。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイントは荷重分散。ここ大事
ランドセルの重さについての誤解。軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いもの。重くても荷重分散できるランドセルが重要でリュックなどは論外です。体力の低下している今の子供たちの体に負担をかけ過ぎないためにも荷重分散できるランドセルを選びましょう。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズの違い
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の違いを知ることが重要です。
ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。