このエントリーをはてなブックマークに追加 

ランドセルが軽く感じるように調整する | 荷物の入れ方で軽さが実現

 

教科書を入れたランドセルが重いので手提げ袋に振り分けるということは良くあります。この考えは正しいようですが、重さを分散させただけで重量の合計は同じで軽くなってはいません。

 

それよりも荷物の数だけ重心が揺れて不安定ですし、両手が空いていないので転んだ時に危ないです。

 

それよりも、ランドセルに荷物をたくさん入れる。そして軽く感じるように調整する事の方が大事です。
軽く感じる対策の結論。

  1. ランドセルの背当てと背中の隙間をなくす(肩ベルトの長さ調整)
  2. 重い荷物はなるべく背中に近くに入れる。
  3. 重い荷物はランドセルの上に入れる。

 

購入する時に、「軽い、大きくない」を選ぶ基準にしたとしても、実際に満足がいくのかは、教科書を入れて登下校してみないとわかりません。

 

ここでは、実際にあるランドセルを背負う時に、できるだけ軽く感じる簡単な調整を中心に紹介します。

 

まずは、購入するときのポイントです。

 

背負って軽く感じるランドセルを購入するには「どこをチェック」する?

 

ランドセルの重心が肩のラインよりも低いと重く感じる

 

上の画像のランドセルの上部は、肩のラインよりも低い位置にあります。このようなランドセルは背負った時に重く感じます。ランドセルの重心が体の低い位置になるほど、下に引っ張る力が強くなるためです。
ランドセルの重さが同じであっても、背負った時のランドセルの重心の位置が近く高いほうが軽く感じます。

 

 

下の画像のランドセルは全て肩のラインよりもランドセルが上に出ています。これが背負って軽いランドセルを見分けるひとつの目安になります。他の目安もあるので別の機会に伝えます。

 

セイバンのランドセルは肩よりも高く重心が高いので軽く感じる

 

フィットちゃんのランドセルは肩のラインよりも高く重心が高い位置にあるので背負って軽く感じる 

 

このランドセルの重心の位置は、購入したあとに調整できることではなく、メーカーによって最初から肩ベルトの取り付け位置は多少違っています

 

ランドセルを選ぶ時に迷った時は、背負ってみてランドセルの上部と肩ベルトの位置を確認してみましょう。上部の位置が高い方を選ぶと軽く感じます。

 

鞄工房山本

 

鞄工房山本では肩ベルトの取り付け位置を少し高めにしてます。ランドセルの重心を上にして背負って軽く感じるようにしています。このようなランドセルを購入することで重い自然皮革でも、軽く感じます。

 

背負って軽く感じるランドセルはどんなランドセルか?について次の記事が読まれています。

 

参考) 背負い安いランドセル比較 | ランドセルの背負う機能のポイント

 

A4フラットファイル対応ランドセルの重さではなく背負ったときに軽く感じる事が重要だと知りましょう

 

クラリーノのような人工皮革で1,200g前後、牛革やコードバンのような自然皮革で1,350〜1,500g程。
1,500gの複数のランドセルがあったときに、どのランドセルも背負った時同じ重さに感じるわけではありません。

 

実際には教科書を入れて背負うことになるので、ランドセルだけの重さではなく背負って軽い機能がどれだけあるかでどれぐらい軽く感じるかが決まります。

 

ランドセルそのものの重さだけで判断するのでなく、わが子が教科書を入れて背負った時に軽く感じることが大事です。空のランドセルを手に持って重いと感じても、ランドセルによって背負った時に感じる重さに違いがあります。

 

背負って軽く感じるランドセルを購入する事が重要ですが、購入後は軽く感じる調整を知っておきましょう。

 

ランドセルを背負った時に軽く感じる調整をする

 

ランドセルは購入したらそのまま使っても良いのですが、もし子供が重いと言ったり、少しでも軽く背負わせたいと考えたとき、次の事を参考にして下さい。

 

 

1.ランドセルと背中のすき間を無くす

 

とても簡単な対策です。次の画像を見て下さい。

 


肩ベルトの長さを調整してランドセルと背中の間にすき間が無いように調整するだけで随分軽く感じます。

 

このときに背カンが左右に広がらないタイプだと、背負いにくいだけでなく重く感じるので、背カンは左右に広がるものを選びましょう。

 

 

ランドセルと背中の間にすき間があると、後ろに引っ張られ重く感じ猫背になる

ランドセルの背当てと背中の間に隙間があると腰を中心にランドセルが回転し後ろに引っ張られて重く感じる

 

もし背中との間にすき間があると、ランドセルは腰に当たり、腰を中心にランドセルが斜め後ろに回転する力が働きます。

 

そうなると、例えば教科書の入った3kgのランドセルが回転する力は大きく、斜め後ろに後ろに上体が引っ張られるのでとても重く感じます。

 

その時、力の無い子供は前かがみになって後ろに引っ張られないように頑張るので、子供の悪い姿勢として問題となっている「前かがみ」「猫背」は、ランドセルと背中の間にすき間があることが一つの原因と考えられます。

 

このすき間をなくすように肩ベルトの長さを調整しますが、きゅうくつ過ぎないようにしましょう。
背カンが左右に開くタイプだととても着脱が楽です。

 

参考)子供の姿勢の悪さとランドセル

 

すき間が無いとランドセルの重さが真下に降りるので軽く感じる

 

ランドセルの調整
隙間がないように調整すると、画像のように、ランドセルの重さは垂直に降ります。

 

子供の肩は後ろに引っ張られないので、背筋をまっすぐにして良い姿勢でランドセルを背負えて軽く感じます。当たり前のことですが、是非一度チェックしてみて下さい。

 

 

2.ランドセルの肩ベルトの長さの細かな調整ができるか

 


肩ベルトの長さは調節をしないと体にフィットしません。

 

そのため肩ベルトの長さが細かく調整できるかを確認しましょう。肩ベルトの穴と穴の間が何センチ刻みになっているかということです。調整する穴の数は7〜8コ。穴と穴の間隔はどちらも約3.4cm程度が標準です。

 

これ以上穴の間隔が狭いと耐久性の問題が起こり、広いとピッタリフィットしません。

 

この点で優れているのはハネッセルの肩ベルトです。肩ベルトに穴をあけずに自由に調整が効き、背負った後に調整ができるので便利で使いやすい肩ベルトです。

 

しかし殆どの肩ベルトは背負う前に穴で調整するので、肩ベルトの穴と穴の距離が問題になります。

 

3.重い荷物はなるべく背中に近くに入れる

重いものは背中近くに入れると軽く感じる

 

↑ 重いもの(例えば辞書など)をランドセルのメインポケットの中の背中に近い部分に入れると、背負って軽く感じるコツになります。奥行(マチ幅)があればあるほど、荷物の入れ方に配慮しないと、背負うと次の画像のように「テコの原理」で重く感じます。

 

ランドセルを背負って感じる重さはランドセルの奥行があるほど重く感じる

 

大容量のランドセルは奥行(マチ幅)があり荷物が沢山入るんですが、重い荷物を背中から遠くに入れるほど重く感じます。;

 

↑背中から遠くに重い物をいれてしまうと、背中から離れた距離だけ下に回転する大きな力が働くので、とても重く感じるのです。

 

いおんみらいポケットはサブポケットが大容量なので重いものを入れると重く感じる 

 

イオンのみらいポケットランドセルは、サブポケットのマチ幅が広いので、重い水筒など入れたりしがちですが、その分重く感じるので注意です。そうすると後ろに引っ張られる感じが強くなり、背負う機能に優れたランドセルでも背負い心地は悪くなってしまいます。
 

 

4.重いものはなるべくランドセルの上の方に置く

 

重いものはランドセルの上に置くと軽く感じる

 

↑ 重いもの背負う時には、なるべく重いものを上に置くほうが軽く感じます。3.と併せて考えると、重いものは背中になるべく近く、そして上に置くと良いです。

 

重いものはランドセルの下に置くと重く感じる

 

もし重いものをランドセルの下の背中から離れた位置に入れると、肩を後ろに引っ張り重く感じます。

 

5.ランドセルの中で教科書がずれると重く感じる

更に重いものがランドセルの中で動いてしまうと、体をブラブラ揺らす力として働いてしまいます。ランドセルの中に入れる教科書などが少ない時、隙間が空いていると教科書がずれて不安定になることがあります。

 

そういうとき、中の隙間にタオルを丸めて入れずれない工夫をすると、不安定さや重さは感じません。

 

キッズアミバッグ 

 

キッズアミでは、ランドセル内の整理と、教科書等がずれないための道具として、「キッズアミバッグ」を揃えていますが、たくさんの物が整理できるものでもありません。

 

まとめ

 

購入したランドセルをそのまま使うのではなく、こういった工夫はどのランドセルにも共通して使える方法です。買ったまま使うよりも、子供が背負いやすいように工夫する発想をしましょう。

 

ランドセルの重さは毎年大きな話題になり、ランドセルを選ぶお母さんの悩みのたねでもあります。

 

2016年度からA4フラットファイルランドセルが急速に増え、A4クリアファイルランドセルはわずかに残っている状態です。

 

A4フラットファイルが入るランドセル、いわゆるA4フラットファイル対応ランドセルは重いから子供が可哀想だと感じるお母さん方は多いと思います。容量が大きくて収納できる荷物が増えるのは良いことででも、さすがに重いのでは !? と選ぶ気にならない気持ちはよくわかります。

 

しかし現実は、そんな不安はありながらもA4フラットファイルが入らないと困るからA4フラットファイル対応ランドセルを購入しているということでしょう。でも、そのデメリットを超えるメリットがA4フラットファイル対応ランドセルにはあるんですが、背負った時に軽く感じる調整をしないと重く感じます。

 

文部省が各都道府県に「置き勉」を認めるように文書で通知しているので、教科書を学校に置いたまま軽いランドセルで登下校できるようになりかもしれません。決定は各都道府県の教育委員会がこれから行っていくので適当な時期に問い合わせましょう。(*既に置き勉を認めている学校もあります)

 

A4フラットファイル対応ランドセルを選ぶ理由はファイルの大きさだけではない

A4フラットファイル対応ランドセルの持つA4フラットファイルが入るよりもっと大きなメリットとは?

 

A4フラットファイル対応ランドセルに、その日持っていく荷物を全て入れることができると、手には何も持たずに済むので登下校時の事故の予防になることです。

 

ランドセルに入らない荷物は、手提げ袋に振り分けて持つという発想は正しいようですが、両手をふさいだ状態ではとっさのアクシデントに対応できません。
 
転んでも手さえ着けない子供は多いんです。手をふさいでいては危ないですよ。

 

 

ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方関連ページ

ランドセルの丈夫さ,軽さ,容量の違いを徹底調査
ランドセルは機能やデザイン・カラーが素晴らしいものです。でも、使いやすい、背負いやすいランドセルはメーカーによって違います。背負いやすさを中心にランドセルの丈夫さ、軽さ、容量の違いを徹底的に調査したので紹介します。
子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
ランドセル修理の6年保証 | それぞれの会社の違いを徹底調査
ランドセル修理の6年保証の内容はランドセル会社それぞれで違いがあります。その違いを調査。どのようなランドセル修理が無料なのか、手続き流れはどう違うのか、代替ランドセルがあるのか様々な側面から徹底調査を紹介します。
ランドセルの肩ベルトの長さと痛み〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルトの長さが短くないでしょうか?痛みはないでしょうか?購入前に確認が必要です。各メーカーの人気ランドセルの肩ベルトの長さを比較してみました。肩ベルトの痛みは何が原因なのか、その対策はどうすれば良いのか。この記事をチェックして後悔しないランドセル選びをしましょう。
背カンの3つのタイプと背負う機能の違い | 固定型,左右連動型,非連動型の3タイプ
背カンの3つのタイプ固定型,左右連動型,非連動型は背負う機能に違いがあります。背カンの違いでランドセルを背負いやすくしたり、体感重量を軽くしたり、背負い心地ものにだけ左右する重要なものなので、ランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いは動画なら良く理解できる
動画で連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを知り、どのような肩ベルトの動きの違いになっているのか、背負い安い背カンはどちらなのか紹介します。
背カンのランドセル別比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)ランキング
ランドセルの容量はメインやサブのポケットの横幅ではなくマチ幅が決定することを説明しています。それに基づいて人気ランドセルの容量比較ランキングを紹介。今後学習指導要領の改訂で更にランドセルの容量が必要になります。手提げ袋にたくさんの荷物を入れて辛い登校をしなくてすむには大容量のランドセルを上手に利用しましょう。
小さくても大容量なキューブ型ランドセル人気ランキング
キューブ型ランドセルの人気ランキングを紹介します。キューブ型は容量が大きいのに見た目は小柄という特徴があり、小さな子どもがあまりに大きく見えるランドセルではなく少しでも小さくて似合うランドセルを背負わせたい親の気持ちにかなったランドセルです。人気のあるキューブ型のランドセルをランキング形式で紹介します。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安いランドセル | ランドセルの背負う機能の違いをチェックする
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
ランドセルの軽さランキング | 軽くて丈夫な2020年度モデル
ランドセルの軽さランキング2020年度を紹介します。軽くても6年間は十分に耐用性があり6年保証のある日本製のランドセル軽さランキングです。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイントは荷重分散。ここ大事
ランドセルの重さについての誤解。軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いもの。重くても荷重分散できるランドセルが重要でリュックなどは論外です。体力の低下している今の子供たちの体に負担をかけ過ぎないためにも荷重分散できるランドセルを選びましょう。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズの違い
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の違いを知ることが重要です。
ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。