このエントリーをはてなブックマークに追加 

ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイントは荷重分散。ここ大事

軽いランドセルが一番大事というように、数年前までは「軽さ」を最重要視していましたが現在では極端な「軽さ重視」は少なくなりました。

 

しかし、そうはいっても、親の気持ちとして小さな我が子に重いランドセルを背負わせたくない気持ちは当然のことです。

 

重さに関してどう考えてランドセル選びに臨んだら良いのでしょうか。

 

この記事の要旨

 

軽すぎるランドセルが選ばれない5つの理由

 

  1. 軽すぎるランドセルは素材が薄くて壊れやすい
  2. 金属に見えるパーツがプラスティックだったりする
  3. 構造体の一部が省略されて壊れやすい
  4. 軽くなくても子供が好きなランドセルを重視するので「軽さ」は2の次
  5. ランドセルそのものは重くても背中にフィットするランドセルは背負うと重く感じない

 

天使のはねの検索機能

 

今では信じられませんが、以前は600g台の極端に軽いランドセルがありました。しかし徐々に売れなくなり現在の最軽量は、「ふわりぃ」の900g前後のランドセルです。

 

お母さんたちが600g台という軽いランドセルを購入した理由は、子供に少しでも負担をかけたくないという親心からですが、5つの問題が口コミで広がると、売れなくなりました。

 

 

1キログラム以下のランドセルもありますが、専門ショップでは1〜1.5キロのものをすすめてきます。余りに軽いと強度が弱いので、6年間という長期間の使用には耐えないということでした。

 

丈夫な素材は重いので「重い」ことはデメリットではない

 

丈夫な素材ほど重いです。クラリーノランドセルは1,100g〜1,200g前後が平均的な重さです。クラリーノ中でもタフロックは重く傷に強い丈夫なクラリーノです。

 

素材の種類だけでなく、素材の厚みも一定以上必要ですから、「牛革なのに軽いランドセル」は素材の厚みが薄いのかも知れないと考えるべきです。

 

丈夫なクラリーノタフロックなどは重くても「丈夫」ですし扱いやすいので、人工皮革のメリットは捨てがたいですよね。丈夫なランドセルは重いのですから、子供に負担をかけない機能があるのか無いのかを調べた方が良いです。

 

下の表で言えば、丈夫なクラリーノはタフロックやレミニカです。さきほども触れたように、タフロックは非常に丈夫で傷がつきにくい素材。タフロックを使ったプレミアムゴールドは重くなります。

 

重くなるとはいっても、1,270gと1,160gと110gの差は、スマホの重さ程もありません。教科書を入れて背負う時、スマホ1つの重さの違いが問題になるでしょうか。

 

人工皮革よりも牛革、コードバンの順に丈夫です。人工皮革<牛革<コードバン。牛革やコードバンを選ばなくても信頼できるメーカーの人工皮革であれば6年間は壊れず綺麗に使えます。

 

牛革やコードバンのランドセルは、丈夫さよりも「本革の味」で選ばれています。

 

 

耐久性・耐傷性

 

牛革ランドセル:自然皮革:ランドセル本体は多少重いが問題ではありません。

 

1,450g

 

フィットちゃんの牛革ランドセル

エアヌール(東レ):クラリーノよりもワンランク上の耐久性(勿論防水性は高い)に富んだ素材

 

 

ハネッセル1,350g

 

 

ハネッセル

 

クラリーノタフロック(クラレ):レミニカよりも更に表面強度が強い

 

プレミアムゴールド1,270g

 

プレミアムゴールド

 
クラリーノレミニカ:表面が傷に強いウレタン層。丈夫で耐久性がある。

 

ロイヤルローズパール1,220g

 

ロイヤルローズパールカラー

 


クラリーノエフ2:しなやかな革のような風合い。つや消し

 

フットボーイ1,160g

 

フットボーイ

 

昔の人工皮革は傷つきやすかったが今は丈夫

 

昔の軽いクラリーノは傷がつきやすく、6年間で外見的にはボロボロになっていました。それと比較して今のクラリーノのランドセルがボロボロにならないのは、昔のクラリーノとは違うからです。

 

ボロボロは美しくないし、お客さんが離れていきますから、各メーカーは傷に強い素材を開発してきました。クラリーノはクラレが開発した素材。ベルバイオはカネボウが開発した素材。エアヌールは東レグループです。

 

丈夫さなどに大きな違いはなく、開発したメーカーによって名前が違うと思って貰えば良いです。

 

重さを問題にするよりも荷重分散が重要

下はキッズアミの「ウインディソフト」という背あてです。3点でランドセルの荷重を分散する工夫がされているので、軽く背負うことができます。

 

このような機能を開発するのは専門系ランドセルメーカーです。工房系はその点が甘いので、革の味で選ぶのが工房系と心得ておきましょう。

 

キッズアミのウインディソフトは3点で荷重分散するので軽い

 

 

重さに関しては根拠のある考え方が大事です。数字の上では多少重いようでも、体にフィットしたランドセルは、体全体で荷重分散をするようにできているので軽く感じると。ランドセルは背負って軽い機能を追求し、ほぼ完成形になっているんです。

 

軽いリュックの方が負担が少ないというのは全くの間違い

 

ランドセル型のリュックは背負って軽い機能は無い 

 

荷物が増えてランドセルが重いといって「ランドセル型のリュック」を使うところもあります。確かに入れる荷物が軽いい場合は良いでしょう。

 

しかし荷物が増えて重い時、背負って軽く感じる機能が殆ど無い「リュック」では肩にずっしりと重さが垂れ下がります。リュックそのものが軽くても意味がありません。

 

リュックがランドセルよりも500g軽いとしても、数kgの荷物を入れた時どうなるか、おそらく肩ベルトが肩に食い込むように感じたり、後ろに引っ張られるようになります。

 

ハネッセルは重いようでも背負えば軽い登山リュックの技術

 

中でも、ハネッセルのランドセルは、登山用リュックが持つ荷重分散機能をランドセルに生かしているので、かなり軽く感じます。

 

他のランドセルと比較する背負った時のハネッセルランドセルの軽さは際立っています。素材は重くても背負った時に軽いということです。

 

 

素材は東レグループが開発した「エアヌール」。クラリーノよりもワンランク上の素材で、相当の耐傷性があります。

 

重さは1,350gとなっていますが、背負うとそのまま駆け出せるほど軽く感じます。長時間の通学時間の子供にはぴったりです。

 

多少重く感じても背あてやベルトの構造で負担が軽減されていて体にフィット重くは感じないものです。

 

今は体も小さくて、何とか守りたい気持ちになるものですが、通学するうちに成長し体力も鍛えられます。余程の事情があれば別ですが、子供の事を心配する余り軽さを追い求めるのだけは一度見直すのもありでしょうね。

 

子供の成長と基礎体力の低下

昔の子供は遊びの中で基礎体力を鍛えていた 

 

子供は成長していき、ランドセルが小さく見えるようになるのにそれほど時間はかかりません。

 

しかし、一方で子供たちの基礎体力の低下が指摘されています。昔はランドセルを使わずに肩掛けカバンが使われたりしていましたが、幼い子どもの脊柱の変形の危険性もあるものでした。

 

少数派だった昔のランドセルは1,700gもある牛革製でしたが、子供たちは6年間背負って通学しました。

 

現在の子供たちは昔の子供たちと比べて圧倒的に外で遊ぶことが少なく、体力も低下しています。特に体幹の力が弱いので、昔であれば平気で背負っていたランドセルが負担になっている面も見逃せません。

 

子供の時期の基礎体力は一生に影響するので、もっと幼い時期から基礎体力を養うような生活が必要といえます。

 

背負う機能の優れたランドセルは、多少重くても体幹の力を養ってくれるという面に着目したいものです。そういった意味でも体にフィットしたランドセルが必要なのであって、リュックではダメです。

 

まとめ

 

ランドセルそのものの重さを比べてもナンセンスということは言えます。ランドセルの重さは、教科書入れて背負ってみて感じるもの。

 

そのランドセルが背負いやすい工夫がしてあって、わが子にピッタリだったら「軽いランドセル」なんです。

 

ランドセルの軽さだけを追求する必要はなく、背負って軽い機能が充実している現在のランドセルなら、1200~1,400g程度のランドセルでも選んで問題はないでしょう。

 

参考記事)
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?を読んで参考にしてみて下さい。

 

ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイントは荷重分散。ここ大事関連ページ

ランドセルの丈夫さ,軽さ,容量の違いを徹底調査
ランドセルは機能やデザイン・カラーが素晴らしいものです。でも、使いやすい、背負いやすいランドセルはメーカーによって違います。背負いやすさを中心にランドセルの丈夫さ、軽さ、容量の違いを徹底的に調査したので紹介します。
子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる
子供の姿勢の悪さとランドセルとは関係があるかもしれません。ランドセルが体にぴったりしていないと、前かがみになりやすく猫背になるなどの問題がしょうじます。姿勢とランドセルとの関係について考えてみてください。
ランドセル修理の6年保証 | それぞれの会社の違いを徹底調査
ランドセル修理の6年保証の内容はランドセル会社それぞれで違いがあります。その違いを調査。どのようなランドセル修理が無料なのか、手続き流れはどう違うのか、代替ランドセルがあるのか様々な側面から徹底調査を紹介します。
ランドセルの肩ベルトの長さと痛み〜あとで後悔するかも知れない案外盲点な事〜
肩ベルトの長さが短くないでしょうか?痛みはないでしょうか?購入前に確認が必要です。各メーカーの人気ランドセルの肩ベルトの長さを比較してみました。肩ベルトの痛みは何が原因なのか、その対策はどうすれば良いのか。この記事をチェックして後悔しないランドセル選びをしましょう。
背カンの3つのタイプと背負う機能の違い | 固定型,左右連動型,非連動型の3タイプ
背カンの3つのタイプ固定型,左右連動型,非連動型は背負う機能に違いがあります。背カンの違いでランドセルを背負いやすくしたり、体感重量を軽くしたり、背負い心地ものにだけ左右する重要なものなので、ランドセルを選ぶときに役に立ててください。
背カン〜連動型と非連動型の動きの違いは動画なら良く理解できる
動画で連動型の背カンと非連動型の背かんの動きの違いを知り、どのような肩ベルトの動きの違いになっているのか、背負い安い背カンはどちらなのか紹介します。
背カンのランドセル別比較とアーム部分の破損
背カンのアームは折れる可能性のある部分です。。ランドセルそのものの破損の確率は小さいのですが、背カンの破損は多少あります。殆どのメーカーがプラスティックを採用している背カンのアーム部分を比較しました。
粗悪な背カンの持つ「壊れやすい」「髪を挟む」という2つの問題
ランドセルの背カンのタイプによってはは壊れやすい、髪を挟むという問題のあるものがあります。ランドセル選びに2つの問題天のある背カンを選ばないようにしましょう。
ランドセルの容量(収納力)ランキング
ランドセルの容量はメインやサブのポケットの横幅ではなくマチ幅が決定することを説明しています。それに基づいて人気ランドセルの容量比較ランキングを紹介。今後学習指導要領の改訂で更にランドセルの容量が必要になります。手提げ袋にたくさんの荷物を入れて辛い登校をしなくてすむには大容量のランドセルを上手に利用しましょう。
小さくても大容量なキューブ型ランドセル人気ランキング
キューブ型ランドセルの人気ランキングを紹介します。キューブ型は容量が大きいのに見た目は小柄という特徴があり、小さな子どもがあまりに大きく見えるランドセルではなく少しでも小さくて似合うランドセルを背負わせたい親の気持ちにかなったランドセルです。人気のあるキューブ型のランドセルをランキング形式で紹介します。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
ランドセルが型崩れしないかどうかチェックしてますか?
ランドセルが型崩れをしないかどうか簡単にチェックしておくことは案外されていないことです。あまり特に名前を知られていないようなランドセルを購入する場合のチェック方法です。
背負い安いランドセル | ランドセルの背負う機能の違いをチェックする
ランドセルの背負い安さを背カン、肩ベルト、背あてのバランスで比較しました。比較ポイントとして背負い安いランドセルかどうかはかなり大きいものです。。背負いやすくて、体感重量の軽いランドセル選びのヒントになるでしょう。
ランドセルの軽さランキング | 軽くて丈夫な2020年度モデル
ランドセルの軽さランキング2020年度を紹介します。軽くても6年間は十分に耐用性があり6年保証のある日本製のランドセル軽さランキングです。
ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方
ランドセルが軽く感じるような調整の仕方。買ったランドセルが何だか重く感じてもも、上手く調整すれば背負う心地ちが良くなる事があります。そういった情報をお伝えします。
高価で高品質なランドセルは重い
ランドセルの重さを比較するとき、単純に重さだけを比べれば良いのではありません。重さが背負い心地、体への負担に関係するので重要ですが、背負い安さを決めるのは重さだけではありません。
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
モミジヤ鞄材料のウイング背カン | 多くの有名ランドセルに使用
ランドセルの背カンのトップメーカーモミジヤ鞄材料は萬勇鞄やララちゃんランドセル等、多くのランドセルメーカーに信頼できるウイング背カンを提供しています。
人気のランドセルは通販購入と店舗購入とどちらが得なの
人気のランドセルは通販で購入するのと店舗で購入するのとではどちらが得なのか調査しました。それぞれメリットもデメリットもあるので底を把握してみましょうね。
ランドセルには3種類のA4サイズがあるので間違えないで!| A4サイズの違い
ランドセルには3種類のA4サイズがあります。違いを理解してないと合わないランドセルを選ぶ可能性があります。特に人気ランドセルの大マチの収納部の違いを知ることが重要です。
ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。