このエントリーをはてなブックマークに追加 

子供の姿勢の悪さとランドセル

 

小学生になると毎日背負って学校に行くランドセル。このランドセルと子供たちの姿勢の悪さには関係はないのでしょうか。

 

成長期に毎日背負って歩くランドセルと姿勢を関係付けて考える保護者は少ないようです。

 

母親は体の負担を減らす機能のあるランドセルを購入しようと考えている?

 

ランドセルを購入するポイントは体の負担を軽減の割合が少ない

 

グラフを見るとランドセルを購入するときに、「体の負担を軽減する機能」を重視して選んでいるお母さん方は、全体の9.2%と低いです。(赤枠)*2015年度4月の資料

 

子供たちの姿勢の評価

 

ランドセルと姿勢の関係

 

わが子の姿勢の悪さを評価してもらうと、45.2%が「姿勢が悪い」と答えています。姿勢が良いと答えたのは、7.6%にすぎません。

 

姿勢の悪い部位

 

 

ランドセルと猫背との関係 
姿勢の悪さの内容では、猫背が70%と非常に多いのが特徴です。また左右に傾くという姿勢の悪さも見られます。ただ、これらの姿勢の悪さとランドセルがどう関係しているのかは不明です。

 

しかし、毎日背負って通学するものですから、関係ないとは言い切れません。姿勢が崩れにくいランドセルは、背負い安い背負って軽く感じるランドセルです。

 

色やデザインも重要ですが、姿勢を悪くするようなランドセルを選ばないことを頭において選んで見てくださいね。

 

ランドセルと前かがみ(猫背)姿勢

 

 

ランドセルと前かがみ姿勢

 

フィットしないランドセルが姿勢の悪さに関係するという意識の無いお母さん方が殆どです。

 

 

 

ランドセルと姿勢はどのように関係しているか 

 

前かがみ姿勢は色々な原因、あるいはそれらの原因が重なり合って起こってくるものです。

 

ランドセルに関して言えば、背中にぴったりしていないランドセルを背負っていると、後ろに引っ張る力が働きます。この力に対抗して前傾姿勢になっている内に、ネコ背になってしまうのでは?

 

もちろん日常の椅子に座っている姿勢なども影響をしています。

 

左右に傾くというのは、どちらかの手で荷物を持ったりすると、姿勢が反対に傾きます。

 

脚を組む事でも同様ですから、まだ体が成長していない子供は左右に偏らない荷物の持ち方が重要なんですね。

 

猫背だけでなく、成長期の子供に多い側弯症を予防するためにも、あらゆる場面で正しい姿勢を教える、指導する事が重要です。

 

 

ランドセルとバックパックは子供の姿勢への負担が違う | バックパックがダメな理由

バックパックは一見背負い安そうです

 

バックパックやナップザックを背負う子供たちを良く見かけます。一つの流行なのでしょうが、中に物を詰め込みすぎてパンパンに膨れたバックパックを背負っていると、問題が起きてくることを親は知って欲しいと思います。

 

昨夕、テレビでスペインのテニスコーチが子供たちに1週間でテニスを教えるという番組をやっていたので、興味深く見ていました。

 

さすがのコーチングだったので感心した内容だったのですが、一つ気になったのが12歳くらいの女の子がテニス道具が入ってパンパンに膨れたバックパックを前かがみで背負って歩いていたことでした。

 

バックパック(ナップザック)は肩に負担がかかり後ろに引かれやすい

 

猫背の姿勢でバックパックを背負って歩いているわけです。これは姿勢が悪くなると心配になりました。

 

もちろん長時間背負っているわけではないのでしょうし、筋肉もテニスをする中で鍛えられていくので、この女の子がこんなことで姿勢が悪くなるとは思いません。

 

しかし、運動も何も特にしない子供たちが、ランドセルの代わりに荷物をパンパンに入れたバックパックを背負って通学したら怖いなと感じました。

 

ランドセルとバックパックはどこが違うか

ランドセル

 

ランドセルは重心がまっすぐ下に降りるていると背負い安い

 

  • 収納部の奥行きは12センチ程度なので重心がそれほど後ろに行かないため、後ろに引っ張られない
  • 肩ベルトが背カンによって開いて調節され、ランドセルが背中に密着しやすい。
  • 肩ベルトが幅広くて、肩に負担をかけないようにかっちりしているので、体にフィットする。
  • 当てが腰や背中に優しくフィットするので、体の全体に重さを分散して背負うので、違和感がない。
  • 重心が下に落ちるので後ろに引っ張られない。

 

バックパック

 

バックパックは肩に食い込みやすく重心が背中から離れる

 

  • 肩ベルトが肩に食い込みやすく、ランドセルに比べれば機能が低い
  • 荷物で膨らみやすく奥行きが厚くなると重心が後ろに偏ってくる、その結果斜め後ろに引っ張られるので猫背になる。
  • 左右の肩ベルトに偏って荷重がかかっても調整する機構がない。
  • 背当てが体にフィットしない。

 

ランドセルには姿勢を悪くしない工夫が沢山ある

その点ランドセルは良くできています。子供たちが良い姿勢で背負いやすい工夫が随所になされていて感心するくらいです。

 

海外でランドセルが人気があるのは物凄く機能的だからなんです。

 

ただ可愛いだけのランドセルだったら、合理的な欧米人が高額で購入したりはしないでしょう。

 

日本の優れた技術はランドセル一つとっても生かされているから流行っていると見た方が実情に合っているでしょう。

 

荷物を背負って運ぶ機能だけでなく、お洒落なデザインが沢山あるので、通学やレジャー、タウンユースでもバックパックを使う子供が増えています。

 

子供だけでなく大人もノートパソコンを入れて運んだりしている。しかし、子供の場合には適正な重さ以上を背負っていることがわかりました。

 

子供のうちからバックパックを使用していると重大な怪我や体のダメージを負う可能性があるという報告がアメリカの消費者製品安全委員会から出されました。

 

アメリカからの問題提起

2013年に全米の救急科で治療を受けたバックパック関連の損傷は5400件以上にものぼっています。

 

米国カイロプラクティック協会労働衛生評議会(ACACOH)のScott Bautch氏は、「診療で、背中や首、肩の痛みを訴える低年齢児の数が急激に増えている。

 

こうした患者にまず尋ねるのは『バックパックで通学しているか?』で、たいていは『そうだ』と答える」と話す。アメリカの子どもの半数以上は、推奨値以上の重さのバックパックを背負っているという。

 


バックパックの重さが子どもの体重の5〜10%を超えないようにし、幅または高さが子どもの胴体より小さいものを使うよう勧めている。ショルダーストラップは幅広でパッド付きの調整できるものとし、子どもが持つ場合は常に、両方のストラップを使うべき。Bautch氏

 

子供が重いバックパックを背負う問題

背中やお腹の筋肉を中心に体に負担がかかり、腰痛などのケガを引き起こす可能性が高い。また、ベルトが両肩の後ろに引っ張られることで、血管や神経の通り道を圧迫する。

 

長時間背負っていると、しびれたり麻痺するなどの症状が現れてくる(同じようなメカニズムで起こるのが胸郭出口症候群)。

 

加えて、バックパックの両方のベルトに不均等な重さがかかると、左右不均等に筋肉が発達したり、後ろに引っ張られないように前にかがむと猫背になる。

 

また、片足だけに余分な負荷がかかると、側弯症などにつながる可能性がある。

 

 

 

 

子供の姿勢の悪さとランドセル | 背中にフィットしないと前屈みになる関連ページ

ランドセル選びのポイント | 丈夫さ軽さ収納力の3つとは?
ランドセルの選び方にはいくつかのポイントがあります。A4フィル対応をどうするか、重さ、素材、背負い安さなど色々なポイントについて解説しています。
ラン活2017年度を調査 | 価格,色,重さ,素材,場所はどうだった?
ラン活2017年度とは2017年度(2016年)にランドセルを購入した活動のことです。2017年度に購入した時期の調査、ランドセル価格、ランドセル購入でお金を出した人、何処で購入したのかなどについての調査結果の情報です。
ランドセルのパーツの名称と機能 | 各部分のもつ重要な役割を知ろう
ランドセルのパーツの名前と機能はある程度知っておかないと実際にお店に行って選ぶときに困ることがあります。知っておくべきランドセルの名称を意識することで、ランドセルにとって重要な機能も理解できます。
ランドセルの平均購入価格が年々高くなっている理由とは?
ランドセルの平均購入価格がここ数年高くなっていますが、その理由は色々ですが、それでも購入できるのは子供の数が少なくなっているので、一人の子に使える金額が増えていることと、ゆとりのある年金世代の祖父母の存在があります。
ランドセル詐欺サイトに注意 | 詐欺を見分ける5つのポイント
ランドセル選びで注意したいランドセル詐欺。インターネット上の詐欺サイトの見分け方、、引っかからないポイントについて紹介します。また粗悪なランドセルを送ってくるという詐欺すれすれのネット販売店もあるので注意しましょう。
ランドセルが軽く感じるように調整する | 軽く感じる荷物の入れ方
ランドセルが軽く感じるような調整の仕方。買ったランドセルが何だか重く感じてもも、上手く調整すれば背負う心地ちが良くなる事があります。そういった情報をお伝えします。
格安ランドセルを購入した人の口コミ | 短期間ではデメリットに気づかない
格安ランドセルを購入した人の口コミを調べてみました。同じランドセルに対して満足している人がいるかと思うと、厳しい意見を述べてる人もいて様々です。ランドセル選びで格安のランドセルを候補に挙げた時に参考になるでしょう。
傷がつきにくいランドセルを選ぶメリット | 6年間壊れず綺麗に使える
傷のつきにくいランドセルを選ぶメリット。人工皮革であっても自然皮革でも6年間新品同様に使えれば理想です。ただ子供たちは遊ぶことで成長する時期でもあるので、下校途中で突然ランドセルを投げたり、上に座ったりといったことがあります。傷がついても自然の風合いになる牛革や人工皮革であっても傷がつきにくい素材を選ぶことで、綺麗に使えるランドセルを選びましょう。
人気のランドセルのデザインとカラーは実に豊富 | 失敗しないために整理してみた
人気ランドセルのデザインとカラーは実に豊富なのでランドセル選びの一つの参考になります。多くの人に支持されているということで選ぶときの基準と考えていいでしょう。
ランドセルの重さと素材を選ぶ時のポイント
ランドセルの重さについては誤解があるようです。一般に思われてるほど軽ければ良いものではありません。丈夫な素材は重いのですから丈夫で軽いランドセルはなかなか無いと思ったほうが良いでしょう。
ランドセルだけでなく教科書の重さも合わせて考えた | 軽さよりも大事なこととは?
ランドセルの重さに拘る人がおおいのですが、ランドセルの中に入れる教科書を含めて重さを考えましょう。通学はランドセルに教科書を入れて背負いますね。この事を忘れてランドセルだけの重さで選ばないようにしましょう。
キューブ型(スクエア型)は内容量が大きいのでおすすめですか?
ランドセル選びのポイントとしてキューブ型を選ぶかどうかがあります。その構造から容量は学習院型よりも大きいのです。キューブ型は無条件に良いのかどうかについて考えてみました。
学校のロッカーに入らないランドセル | 失敗しないための知識
ランドセルを選ぶ時に盲点なのは学校で使うロッカーに入るかどうかをチェックする人が少ないということです。せっかく購入したのにロッカーに入らなければ困ることは目に見えますよね。是非一度確認しておきましょう。
人気のランドセルが汚れや素材での失敗例
ランドセル選びで失敗だった点について色々なケースを調べてみました。ランドセル選びを成功させるための参考にしてくださいね。
ランドセルが破損したり修理ができない失敗例
ランドセルの破損の例や購入の失敗例を紹介しています。破損は多くはないのですが、高価なランドセルだからこそ失敗の無い購入を成功させるために役立てください。
ランドセルを購入後起こった思いがけないこと
ランドセル購入して思わぬ出来事があったケースについて。誰でもこんなことがあり得るので覚えておいた方が良いですよ。
ランドセルの1週間以内の返品・交換の具体例
ランドセルは購入してから1週間以内の返品・交換が原則です。具体例を参考にしてみて下さい。
ランドセルのOEMを知っておくとランドセル選びに迷わない
ランドセルのOEMを知っていますか。人気のあるランドセルメーカーはデパートなどの依頼で自社の工場で〇〇百貨店モデルを製作するランドセルの事です。意外と多いOEM生産について紹介します。
ランドセルに自動ロック機能は必要ですか? | カン違いとデメリット
ランドセルの自動ロック機能は必要なのかどうか迷うところです。自動ロック機能は便利そうですが欠点もあります。そのあたりの情報をまとめてみました。
人気のあるランドセルの購入時期 | 売り切れない内に購入するには
ランドセルの購入時期をいつにしたら良いかと悩むお母さんは多いようです。何故なら欲しいランドセルが売り切れてしまうと困るからです。そのあたりの事情をまとめてみました。
ランドセルカバーを着ける・着けない?その理由は何
ランドセルのカバーは必要でしょうか。1年生になると交通事故から子供を守るために1年間は黄色のカバーをかけます。雨やホコリからランドセルを保護する などの目的があります。